劣等感とは?

れっとう‐かん【劣等感】


れっとう‐かん【劣等感】

〔名〕 自分他人より劣っているという感情、または感情的反応不安な感じ失敗への恐怖無力感自信欠如感、嫉妬羨望などを含む感情

新し立身道(1937)〈大槻憲二第十二講「誰しもナルチスムスと劣等感とはあるのですから」


劣等感

原題:Mindrak
製作国:チェコスロバキア
製作年:1981
配給:アットアームズ
スタッフ
監督:H・マツォワレ 

H・ドラブラヴァ 
美術:Adolf Born 
キャスト(役名
解説
50年代から80年代にかけて国営アニメスタジオ(現クラートキー・フィルム・プラハ)で制作されたチェコ・アニメーション32本を4プログラム分け、「ファンタスティック! チェコアニメ映画祭」と銘打って2007年11月公開されたうちの1本。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
奥様チェスたしなむ賢いがいた。「あなたも見習ったら」といやみを言われたご主人は、飼い犬暗殺企てる。賢すぎるを飼ってしまった主人悲劇とは?

劣等感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 15:56 UTC 版)

劣等感(れっとうかん、: Inferiority complex)は、自分が他人に劣っていると感じること。劣後感(れつごかん)ともいう。強烈な不平等感を持つ人々を記述するために使用される心理学用語であり、それによって多くの場合、極端な内気、自己隔離、社会的従順などが発生する。劣等感はしばしば、ある人がすべての他人よりも何らかの形で不足している、または劣っているという信念から生じる[1]




「劣等感」の続きの解説一覧



劣等感と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「劣等感」の関連用語

劣等感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



劣等感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの劣等感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS