学歴コンプレックスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 学歴コンプレックスの意味・解説 

学歴コンプレックス

読み方:がくれきコンプレックス

自身学歴対す劣等感を意味して用いられている語。自身よりも高学歴の人に対す嫉妬や、他人学歴必要以上に気にする行動などとして表面化することが多いとされる

学歴

(学歴コンプレックス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/05 06:53 UTC 版)

学歴(がくれき)は、個人の学業上の経歴[1]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 例えば、安宅産業は、年少者に卒業後の就職を前提にした給費生制度を実施していた
  2. ^ 厳密には「短期大学」も大学の一種であり(学校教育法第108条)、また大学(短期大学を除く)の中に「学部」と「大学院」が置かれるものであることから(同法第85条、第97条。第103条の「大学院大学」を含む)、この意味では短大卒、学部卒、大学院卒のいずれにおいても「大学卒」であるため「大卒」ということになるが、最終学歴は最も高い教育の経歴を明示する役割があるため、教育の段階ごとに名称が異なっており、最も高い教育の経歴が短期大学の場合は短大卒、大学の学部の場合は大卒、大学の大学院の場合は院卒となる。医学部薬学部など6年制の学部卒については、社会的には修士学位取得者、すなわち院卒・院了と同等に扱われるが、実際に修了したのは学士課程であるため最終学歴は大卒・学卒である。
  3. ^ ただし、高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者であること、または高等学校卒業程度認定試験などによって「高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有する者」と認められること。

出典

  1. ^ 広辞苑 第五版【学歴】
  2. ^ 学歴別にみた初任給”. 厚生労働省. 2016年11月20日閲覧。
  3. ^ International Standard Classification of Education”. Education Policy and Data Center. 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 平凡社『世界大百科事典』第五巻 p.189【学歴社会】
  5. ^ The Human Use of Human Beings (1950, 『人間機械論』 みすず書房)、P50
  6. ^ a b 天野郁夫 『学歴の社会史…教育と日本の近代』 平凡社平凡社ライブラリー〉(原著2005年1月6日)、初版、pp. 63-76,80-81,84-88,145-174,186-190,343-357。ISBN 4-582-76526-22009年1月22日閲覧。
  7. ^ マリー・ドュリュ=ベラ 『フランスの学歴インフレと格差社会: 能力主義という幻想』2007
  8. ^ 実用日本語表現辞典 「最終学歴」
  9. ^ a b c d e f 筑波大学の図書館情報メディア研究科で社会情報学やコミュニケーション思想史を教えている[1] 後藤嘉宏による評価・分析。[2]http://www.slis.tsukuba.ac.jp/~ygoto/jouhoutoshokugyou20070302-1.pdf


「学歴」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「学歴コンプレックス」の関連用語

学歴コンプレックスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

テイオウヒラタ

紙袋の口止め

白浜海水浴場

楠井の泉

座金

日野セレガ

87式偵察警戒車

仙腸関節





学歴コンプレックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学歴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS