学歴コンプレックスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 学歴コンプレックスの意味・解説 

学歴コンプレックス


学歴

(学歴コンプレックス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/05 05:37 UTC 版)

学歴(がくれき、:Educational background)は、個人の学業上の経歴を表す用語[1]


注釈

  1. ^ 例えば、安宅産業は、年少者に卒業後の就職を前提にした給費生制度を実施していた
  2. ^ ただし、高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者であること、または高等学校卒業程度認定試験などによって「高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有する者」と認められること。

出典

  1. ^ 広辞苑 第五版【学歴】
  2. ^ International Standard Classification of Education”. Education Policy and Data Center. 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 平凡社『世界大百科事典』第五巻 p.189【学歴社会】
  4. ^ The Human Use of Human Beings (1950, 『人間機械論』 みすず書房)、P50
  5. ^ マリー・ドュリュ=ベラ 『フランスの学歴インフレと格差社会: 能力主義という幻想』2007
  6. ^ https://www.oecd-ilibrary.org/sites/0c0b63ae-en/index.html?itemId=/content/component/0c0b63ae-en#:~:text=Educational%20attainment%20and%20employment%20rates,OECD%2C%202021%5B3%5D).
  7. ^ 学歴別にみた初任給”. 厚生労働省. 2017年10月7日閲覧。
  8. ^ 「放送大がなかったら心が折れていた」難関大中退の女子大生が抱く夢〈AERA〉(AERA dot.)”. Yahoo!ニュース. 2019年6月20日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 筑波大学の図書館情報メディア研究科で社会情報学やコミュニケーション思想史を教えている[1] 後藤嘉宏による評価・分析。[2]http://www.slis.tsukuba.ac.jp/~ygoto/jouhoutoshokugyou20070302-1.pdf
  10. ^ 太田肇(2022)『日本人の承認欲求:テレワークがさらした深層』新潮社。
  11. ^ a b 天野郁夫『学歴の社会史…教育と日本の近代』(初版)平凡社平凡社ライブラリー〉(原著2005年1月6日)、pp. 63-76,80-81,84-88,145-174,186-190,343-357頁。ISBN 4-582-76526-2 
  12. ^ 最終学歴とは? 中退や在学中の場合はどうなる? 履歴書の書き方を解説 マイナビエージェント、2022年12月19日
  13. ^ a b 九鬼太郎『“超”格差社会・韓国』扶桑社、2012年。 


「学歴」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学歴コンプレックス」の関連用語

学歴コンプレックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学歴コンプレックスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学歴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS