教育社会学とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 教育社会学の意味・解説 

教育社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/19 06:48 UTC 版)

教育社会学(きょういくしゃかいがく、英語: sociology of education)は、教育学および社会学の一分野であり、教育事象を社会学の手法を用いて明らかにする教育学と社会学の中間に位置する学問分野であり、社会制度や個人の経験が教育制度やその成果に与える影響を研究する。




  1. ^ 吉田文「教育の社会理論の可能性──特集の趣旨と教育研究の課題──」教育学研究94、2014年
  2. ^ Glass, D. V. (1954) Social Mobility in Britain, London: Routledge and Kegan Paul
  3. ^ M. F. D. Young (ed) Knowledge and Control: New Directions for the Sociology of Education, London: Macmillan
  4. ^ Bessant, J. and Watts, R. (2002) Sociology Australia (2nd ed), Allen & Unwin, Sydney


「教育社会学」の続きの解説一覧





教育社会学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「教育社会学」の関連用語

教育社会学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



教育社会学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教育社会学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS