学習塾とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 施設 > 学習塾の意味・解説 

がくしゅう‐じゅく〔ガクシフ‐〕【学習塾】

読み方:がくしゅうじゅく

学校外教科補習進学準備学習指導を行う、私設教育施設。塾。

「学習塾」に似た言葉

学習塾

分類日本標準産業分類(平成19年[2007年]11月改定) > 教育,学習支援業 > その他の教育,学習支援業 > 学習塾 > 学習塾
説明小学生中学生高校生などを対象として学校教育補習教育又は学習指導を行う事業所をいう。
事例学習塾(各種学校でないもの);進学塾各種学校でないもの);予備校各種学校でないもの)

学習塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/02 16:02 UTC 版)

学習塾(がくしゅうじゅく)とは、私的に子供を集めて、学校教育の補足や進学準備教育を行う施設()。


  1. ^ a b c 学習基本調査・国際6都市調査・速報版 7/16 ベネッセ教育総合研究所、2021年1月3日閲覧。
  2. ^ a b 子どもの学校外での学習活動に関する実態調査報告(平成20年8月) (PDF) 文部科学省、2021年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c d 『週刊東洋経済』「激戦!塾ビジネス」2007年6月30日号
  4. ^ 『朝日新聞』2006年3月1日付
  5. ^ 苅谷剛彦・清水睦美・志水宏吉・諸田裕子『「学力低下」の実態』2002年、ISBN 978-4000092784
  6. ^ 産経iza「私立人気の影で(2)塾頼みの学力格差是正」2008年平成20年)1月17日
  7. ^ 『児童生徒の学習塾通いの問題』1992年、教育白書(文部省(現: 文部科学省))
  8. ^ 塾教材で教科書無断使用 「著作権違反、認識なし」 産経新聞、2012年4月3日
  9. ^ 進学塾「浜学園」、無許可で教科書コピー・使用 読売新聞、2012年4月7日
  10. ^ a b 「完全学校週5日制の下での地域の教育力の充実に向けた実態・意識調査」文部科学省、2003年平成15年)4月
  11. ^ 「平成18年度 子どもの学習費調査」文部科学省
  12. ^ 経済サンセス-基礎調査 2014
  13. ^ a b c d 学習基本調査・国際6都市調査・速報版 6/16 ベネッセ教育総合研究所、2021年1月3日閲覧。
  14. ^ a b 中国学習塾、非営利団体に転換 政府が教育費抑制へ規制”. 日本経済新聞 (2021年7月25日). 2021年7月25日閲覧。
  15. ^ Staff, Reuters「中国、営利目的の個別学習指導禁止 関連企業の株価急落」『Reuters』、2021年7月23日。2021年7月25日閲覧。
  16. ^ a b c d 学習基本調査・国際6都市調査・速報版 8/16 ベネッセ教育総合研究所、2021年1月3日閲覧。
  17. ^ Uncommon Sense Teaching: Part 2, Building Community and Habits of Learning”. Coursera. 2022年11月10日閲覧。


「学習塾」の続きの解説一覧

学習塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 16:27 UTC 版)

帰国子女」の記事における「学習塾」の解説

日本人が特に多い大都市には、現地経営母体を置く日本人向けの学習塾や、駿台東進などの予備校公文式などがあり、帰国後の教育対策受験対策行なっている。

※この「学習塾」の解説は、「帰国子女」の解説の一部です。
「学習塾」を含む「帰国子女」の記事については、「帰国子女」の概要を参照ください。


学習塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 08:48 UTC 版)

ベルシティ」の記事における「学習塾」の解説

三木進学教室 地元の学習塾。付近に三木町立平井小学校三木町立三木中学校および香川県立三木高等学校があるため、これら学校児童・生徒によって利用される

※この「学習塾」の解説は、「ベルシティ」の解説の一部です。
「学習塾」を含む「ベルシティ」の記事については、「ベルシティ」の概要を参照ください。


学習塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 14:23 UTC 版)

香椎」の記事における「学習塾」の解説

セピア通り入り口付近国道3号沿いに、英進館全教研日能研明光義塾個別指導塾など多数の塾が密集している。英進館全教研などは館が複数開設されている。

※この「学習塾」の解説は、「香椎」の解説の一部です。
「学習塾」を含む「香椎」の記事については、「香椎」の概要を参照ください。


学習塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 05:02 UTC 版)

A.school」の記事における「学習塾」の解説

ゼロからイチ生み出す創造的な人材育てたい」というコンセプトで、小中高生向けの学習塾を運営している。塾生自分たちで考案したカードゲーム製品化するためにクラウドファンディングに挑戦する等、問題解決学習取り入れた授業中心

※この「学習塾」の解説は、「A.school」の解説の一部です。
「学習塾」を含む「A.school」の記事については、「A.school」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学習塾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学習塾」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学習塾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学習塾」の関連用語

学習塾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学習塾のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(c)2024 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学習塾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの帰国子女 (改訂履歴)、ベルシティ (改訂履歴)、香椎 (改訂履歴)、A.school (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS