孤児院とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 施設 > 孤児院の意味・解説 

孤児院

読み方:こじいん

「孤児院」とは、保護者のいないこどもが生活する養護施設のことを意味する表現

「孤児院」の基本的な意味

「孤児院」とは、保護者世話をしてくれる親族などがいないこどもを引き取り養護するための施設である。ただし、「孤児院」と呼ばれる施設は、1947年に孤児院から養護施設に、1997年児童養護施設へと改称したため存在しないこどもたち施設への入所理由は、死別の他、親の虐待養育放棄、親に養育能力がない判断されるケースなど様々で中には身元不明の状態で預けられることもある。このような場合、こどもの名前や戸籍不明のため、法的な手続きに基づいて市町村長によって命名される苗字などについては、発見された場所の地名発見した人の名前などに基づいて名付けられる傾向がある

日本における孤児院の歴史は、奈良時代さかのぼとされる京都悲田院などを筆頭に寺社において身寄りのないこどもが引き取られていたと考えられる宗教施設福祉事業を行うことは世界的にみられ、キリスト教圏では教会が孤児院を運営していたケースが多い。「孤児院」という名前がつけられ施設としては、1887年慈善事業家・石井十次創設した岡山孤児院」などが該当する

児童養護施設には、0歳から18歳までの児童日々の生活を守るだけでなく、健康的に成長し自立できるように支援するという役割がある。施設では衣食住安定させたり学習指導が行われるが、より一般的な家庭に近い環境整えるため、「里親制度法的な親子関係結ばず一時的にこどもを我が子として家庭で預かり養育する)」や「養子縁組法的な親子関係を結び、こどもを家庭引き取る)」などがある。また、ボランティア家庭教師など)や寄付という形で支援受け入れている。

「孤児院」の語源・由来

「孤児院」の由来は、「親がいないこども」を意味するみなしご」という言葉にあるとされる。「みなしご」は「身寄りがいないこども」から「身なし子」となり、「孤児」という漢字当てはめられた言葉である。孤児暮ら大きな施設ということで、「院(高い垣根に囲まれ大きな建物)」という漢字用いられ、「孤児院」という名前が一般的になったと考えられる

「孤児院」と「児童養護施設」の違い

「孤児院」と「児童養護施設」は、どちらも同じく保護者のいないこども養育する施設」である。近代以前戦争直後は、親や親族死別してしまった身寄りのないこども(孤児)が大勢いたことからそういったこどもを養育する施設として各地に「孤児院」が存在していた。しかし、戦後施設入所するこどもたち孤児であるとは限らなくなったため、児童福祉法改正によって1947年以降は児童養護施設」と呼ばれるようになった

「孤児院」を含む様々な用語の解説

孤児院テイマー(漫画)とは


「孤児院テイマー漫画)」とは、同名原作小説コミカライズした作品である。漫画倉崎もろこ、原作安藤正樹手がけた101歳という高齢大往生した主人公シュウが、赤ちゃんとして異世界転生し、孤児院に拾われる成長したシュウ「神」から授かった特別な能力発揮しつつ、仲間たちのんびりと冒険の旅に出る、というストーリーである。

異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件(小説)とは


異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件小説)」とは、日本のライトノベルである。作者初枝れんげ。略称は「異世界孤児院」。2016年小説投稿サイト小説家になろう」にて連載を開始話題となり、2018年に「TOブックスから内容を大幅にリテイクしたもの書籍化された。前者WEB版後者書籍版呼ばれて区別されている。その他、コミカライズ、ボイスドラマ化、舞台化行われている。

ジャンル異世界ファンタジーハーレムもの主人公直見真嗣(なおみ まさつぐ)は異世界召喚されたものの、戦い役立たない判断されたため、孤児院の経営押し付けられてしまう。孤児院に集まった個性的な少女たちを守るため、秘められた異能駆使しつつ、孤児院院長としてトラブル立ち向かうストーリー

こじ‐いん〔‐ヰン〕【孤児院】


孤児院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 03:53 UTC 版)

孤児院(こじいん、英:orphanageまたはchildren's house[1])は、親や世話してくれる近親者のない子供孤児を収容し、養護するための施設である。


  1. ^ 児童館の訳に充てられる場合もあるため、文脈により注意が必要。
  2. ^ 大高善兵衛『読史随筆』赤堀又次郎 著 (中西書房, 1928)
  3. ^ 大分の歴史事典 - 日田養育館
  4. ^ 『養育院六十年史』 東京市養育院、1933
  5. ^ [1] - 2007年6月10日時点のアーカイブ


「孤児院」の続きの解説一覧

孤児院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 07:02 UTC 版)

ラクーンシティ」の記事における「孤児院」の解説

RE:2』に登場ダウンタウン北西セントラル通り北角にある孤児院。警察署長アイアンズが、理事長兼任している。アンブレラ莫大な寄付により、孤児たち学校に通わないものの他の養護施設比較してかなり優遇され環境過ごしている。一方ドクターの数や毎日注射多さ不審に思う孤児もいるほか、院外養子出された者からの連絡がまったく入らないため、「本当は養子貰われるのではなくブギーマンの餌にされている」という噂も立っている。現在は孤児院の老朽化に伴う工事のため、全員他の孤児院へ一時的に退避中であった。

※この「孤児院」の解説は、「ラクーンシティ」の解説の一部です。
「孤児院」を含む「ラクーンシティ」の記事については、「ラクーンシティ」の概要を参照ください。


孤児院(Raccoon City Orphanage)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 01:56 UTC 版)

バイオハザード RE:2」の記事における「孤児院(Raccoon City Orphanage)」の解説

警察署の裏通り先にある、孤児養育施設アンブレラ社をはじめとする企業地元市民寄付運営されており、警察署長アイアンズがこの施設院長兼任している。ステンドグラスシンボルで、国外からも見学者が来るほど有名である

※この「孤児院(Raccoon City Orphanage)」の解説は、「バイオハザード RE:2」の解説の一部です。
「孤児院(Raccoon City Orphanage)」を含む「バイオハザード RE:2」の記事については、「バイオハザード RE:2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「孤児院」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

孤児院

出典:『Wiktionary』 (2021/09/23 12:22 UTC 版)

発音

名詞

孤児 こじいん

  1. 孤児収容して養育する施設

翻訳


「孤児院」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



孤児院と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孤児院」の関連用語

孤児院のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



孤児院のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孤児院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラクーンシティ (改訂履歴)、バイオハザード RE:2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの孤児院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS