グリーンランド語とは? わかりやすく解説

グリーンランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 16:54 UTC 版)

グリーンランド語(グリーンランドご、Greenlandic, Greenlandic Inuktitut)はエスキモー・アレウト語族言語のひとつ。デンマークグリーンランドカラーリット(グリーンランド・イヌイット)によって話されておりカナダイヌクティトゥット語などと同族である。


注釈

  1. ^ Namminersornerullutik Oqartussat / Grønlands Hjemmestyres(グリーンランド自治政府)によると、「言語。公用語はグリーンランド語およびデンマーク語……。グリーンランド語は学校で用いられ、大部分の町や居住地で支配的な言語である」(« Language. The official languages are Greenlandic and Danish... Greenlandic is the language [that is] used in schools and [that] dominates in most towns and settlements ») という。[1](2016年11月5日現在はリンク切れ)
  2. ^ 口蓋垂鼻音 [ɴ] はすべての方言では見られず、音素としてのその地位には方言的差異がある (Rischel 1974:176–181)。
  3. ^ ff は無声化した重子音 /vv/ の書きかたであり、それ以外では f は借用語にのみ現れる。
  4. ^ /ʃ/ は若干の方言でのみ見られ、標準語にはない。

出典

  1. ^ a b Law of Greenlandic Selfrule (see chapter 7)[2] (デンマーク語)
  2. ^ a b c Rischel, Jørgen. Grønlandsk sprog.[3] Den Store Danske Encyklopædi Vol. 8, Gyldendal
  3. ^ a b Goldbach & Winther-Jensen (1988)
  4. ^ Iutzi-Mitchell & Graburn (1993)
  5. ^ Michael Jones, Kenneth Olwig. 2008. Nordic Landscapes: Region and Belonging on the Northern Edge of Europe. U of Minnesota Press, 2008, p. 133
  6. ^ Louis-Jacques Dorais. 2010. The Language of the Inuit: Syntax, Semantics, and Society in the Arctic. McGill-Queen's Press – MQUP, p. 208-9
  7. ^ UNESCO Interactive Atlas of the World’s Languages in Danger
  8. ^ Greenland”. CIA World Factbook (2008年6月19日). 2008年7月11日閲覧。
  9. ^ Sermersooq will secure Eastern Greenlandic” (Danish). Kalaallit Nunaata Radioa (2010年1月6日). 2010年5月19日閲覧。
  10. ^ Fortescue (1991) passim
  11. ^ a b Mennecier (1995) p. 102
  12. ^ a b Mahieu & Tersis (2009) p. 53
  13. ^ Fortescue, Michael (1990), “Basic Structures and Processes in West Greenlandic”, in Collins, Dirmid R. F., Arctic Languages: An Awakening, Paris: UNESCO, p. 317, ISBN 92-3-102661-5, http://unesdoc.unesco.org/images/0008/000861/086162e.pdf 
  14. ^ Rischel (1974) pp. 79 – 80
  15. ^ a b Jacobsen (2000)
  16. ^ Bjørnum (2003) p. 16
  17. ^ a b c Hagerup, Asger (2011). A Phonological Analysis of Vowel Allophony in West Greenlandic. NTNU 
  18. ^ Rischel (1974) pp.173–177
  19. ^ Fortescue(1984) p. 338
  20. ^ Sadock (2003) pp. 20–21
  21. ^ a b Bjørnum (2003) pp. 23–26
  22. ^ Sadock (2003) p. 2
  23. ^ Fortescue (1984) p. 5
  24. ^ Bjørnum,(2003) p. 27
  25. ^ Rischel (1985) pp. 553
  26. ^ Underhill (1976)
  27. ^ Grønlands sprognævn (1992)
  28. ^ Petersen (1990)
  29. ^ http://www.evertype.com/alphabets/greenlandic.pdf
  30. ^ Greenlandic morphological analyser and orthographic converter


「グリーンランド語」の続きの解説一覧

グリーンランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/21 23:24 UTC 版)

コンマアバブ」の記事における「グリーンランド語」の解説

旧正書法で、ĸ (kra) の大文字として Κʻ のように180度回転したコンマ(U+02BB)を書いていた。現在の正書法では Q と書くが、旧正書法カナダヌナツィアブト今も使われている。

※この「グリーンランド語」の解説は、「コンマアバブ」の解説の一部です。
「グリーンランド語」を含む「コンマアバブ」の記事については、「コンマアバブ」の概要を参照ください。


グリーンランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 03:17 UTC 版)

デンマークの言語」の記事における「グリーンランド語」の解説

グリーンランド語はカラーリット主要な言語で、デンマーク本土では約7,000人に話されている。グリーンランド語はイヌクティトゥト語に似ており、また、それらの属すエスキモー・アレウト語族言語北アメリカ大陸北部東部シベリアでも話されている。

※この「グリーンランド語」の解説は、「デンマークの言語」の解説の一部です。
「グリーンランド語」を含む「デンマークの言語」の記事については、「デンマークの言語」の概要を参照ください。


グリーンランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:44 UTC 版)

アキュート・アクセント」の記事における「グリーンランド語」の解説

1973年以前旧正書法では á í ú があり、後続する子音長子音であることを表していた。現在は子音字重ねて記す。

※この「グリーンランド語」の解説は、「アキュート・アクセント」の解説の一部です。
「グリーンランド語」を含む「アキュート・アクセント」の記事については、「アキュート・アクセント」の概要を参照ください。


グリーンランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 04:51 UTC 版)

サーカムフレックス」の記事における「グリーンランド語」の解説

1973年以前旧正書法では â, î, û があり、長母音表していた。現在は母音字重ねて aa, ii, uu のように記す。

※この「グリーンランド語」の解説は、「サーカムフレックス」の解説の一部です。
「グリーンランド語」を含む「サーカムフレックス」の記事については、「サーカムフレックス」の概要を参照ください。


グリーンランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:00 UTC 版)

チルダ」の記事における「グリーンランド語」の解説

1973年以前旧正書法には ã, ĩ, ũ があり、母音長く、かつ後続する子音長子音であることを示していた。現在は母音字後続する子音字重ねることで表す。

※この「グリーンランド語」の解説は、「チルダ」の解説の一部です。
「グリーンランド語」を含む「チルダ」の記事については、「チルダ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グリーンランド語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

グリーンランド語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 13:20 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 kl
ISO639-2 kal
ISO639-3 kal
SIL -

名詞

グリーンランドグリーンランドご)

  1. グリーンランド公用語である、エスキモー・アレウト語族属す言語

関連語

翻訳

  • グリーンランド語: grækerisut



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

グリーンランド語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グリーンランド語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグリーンランド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコンマアバブ (改訂履歴)、デンマークの言語 (改訂履歴)、アキュート・アクセント (改訂履歴)、サーカムフレックス (改訂履歴)、チルダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグリーンランド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS