キャンディ・キャンディとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > テレビ朝日系アニメ > キャンディ・キャンディの意味・解説 

キャンディ・キャンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 10:59 UTC 版)

キャンディ♥キャンディ』は、原作:水木杏子、作画:いがらしゆみこによる日本少女漫画作品。また、それを原作とした派生作品の総称。テレビアニメ版の主題歌(作詞:名木田恵子、作曲:渡辺岳夫)の曲名にも使われた。




  1. ^ 日経エンタテインメント! 2000年7月号
  2. ^ 村上知彦、米沢嘉博、高取英『マンガ伝-「巨人の星」から「美味しんぼ」まで』(平凡社、1987年、ISBN 4582742068)pp.8-9
  3. ^ 斎藤精一『雑誌大研究』日本工業新聞社、1979年、pp.220-221
  4. ^ 伊藤友八郎『出版王国「講談社」 情報の宝庫はいかにしてつくられたか』オーエス出版、1994年、pp.145-146
  5. ^ 尾崎秀樹、宗武朝子『雑誌の時代 その興亡のドラマ』主婦の友社、1979年、p.128
  6. ^ a b 大下英治「第六章 マーチャンダイジングの進化 「舞台は外国、主人公も外国人」」『日本ジャパニーズヒーローは世界を制す』角川書店、1995年11月24日、ISBN 4-04-883416-9、155頁。
  7. ^ a b 安藤健二『封印作品の謎2』太田出版、2006年、p.30
  8. ^ 伊藤彩子『まんが原作者インタビューズ ヒットストーリーはこう創られる!』同文書院、1999年、pp.156-157
  9. ^ a b 『いきなり最終回PART3 名作マンガのラストシーン再び』JICC出版局、1991年、pp.100-101
  10. ^ a b 安藤健二『封印作品の謎2』太田出版、2006年、p.10
  11. ^ 浜野保樹『模倣される日本―映画、アニメから料理、ファッションまで』祥伝社新書、2005年、p84。
  12. ^ 米沢嘉博『売れるマンガ、記憶に残るマンガ』メディアファクトリー、2007年、p154.
  13. ^ 白石さや「模倣と創造のエスノグラフィ」『グローバル化した日本のマンガとアニメ』学術出版会、2013年、pp.80、105
  14. ^ a b 山中千恵「『ドラゴンボール』と出会った韓国 ――暴力で扇情的な〈他者〉としてのマンガ」『マンガのなかの〈他者〉』伊藤公雄編、臨川書店、2008年、pp.100-101
  15. ^ a b 森下孝三「第5章 『マジンガーZ』が変えたもの 『キャンディキャンデイ』の奇跡」『東映アニメーション 演出家40年奮闘史 アニメ『ドラゴンボールZ』『聖闘士星矢』『トランスフォーマー』を手がけた男』一迅社、2010年11月20日、ISBN 978-4-7580-1186-0、94-95頁。
  16. ^ 清谷信一『ル・オタク フランスおたく事情』ベストセラーズ、1998年、p.40
  17. ^ 増田弘道『もっとわかるアニメビジネス』NTT出版、2011年、pp.59-60
  18. ^ a b 古田尚輝『鉄腕アトムの時代 映像産業の攻防』世界思想社、2009年、pp.256-257
  19. ^ a b 宮原照夫『実録!少年マガジン編集奮闘記』講談社、2005年、pp.323-324
  20. ^ a b c アニメージュ編集部編『TVアニメ25年史』徳間書店、1988年、p.66
  21. ^ a b c 赤星政尚、高橋和光、早川優「第5章 アニメヒーローがテレビを離れて大活躍 55|小説化から外国輸出まで『キャンディ』のメディアミックス戦略とは?」『懐かしのTVアニメ99の謎〈東映動画 編〉』二見書房、1995年1月25日、ISBN 4-576-94199-2、139-140頁。
  22. ^ 『アニメージュ』1978年12月号、p.47。1話から20話までの各話の視聴率が掲載
  23. ^ 雪室俊一『テクマクマヤコン ぼくのアニメ青春録』バジリコ、2005年、pp.214-215
  24. ^ 伊藤彩子『まんが原作者インタビューズ ヒットストーリーはこう創られる!』同文書院、1999年、p.169
  25. ^ 「脅威の長寿番組『巨人の星』『キャンディ・キャンディ』あいついで終了。」『アニメージュ』1980年2月号、p.30
  26. ^ 赤星政尚、高橋和光、早川優『懐かしのTVアニメ99の謎 (東映動画編)』二見書房、1995年、pp.222-224
  27. ^ 50周年実行委員会/50周年事務局50年史編纂チーム他編「第3章 アニメビジネスの開花 作品クロニクル 1972〜1980」『東映アニメーション50年史 1956-2006 〜走りだす夢の先に〜』東映アニメーション株式会社、2006年8月1日、58頁。
  28. ^ 安藤健二『封印作品の謎2』太田出版、2006年、p.62
  29. ^ a b 株式会社 三協新社<One Man's Music/作曲家・渡辺岳夫 受賞歴> - 2017年1月31日閲覧。
  30. ^ 『コンフィデンス年鑑 1978年版』、74頁。
  31. ^ 『コンフィデンス年鑑 1979年版』、49頁。
  32. ^ 木村英俊『THEアニメ・ソング-ヒットはこうして作られた』角川書店、1999年、p119 - p128、p.174。
  33. ^ カン・ジェドク 「JMIC開設5周年記念事業 日・韓著作権ビジネスシンポジウム pp.21-29 デジタルメディアを通じた韓日著作権ビジネスの新しい市場」(Internet Archivesのキャッシュ) 一般財団法人音楽産業・文化振興財団公式サイト
  34. ^ 名木田恵子「韓国CMでの主題歌の使用についてInternet Archivesのキャッシュ)」 名木田恵子公式サイト
  35. ^ 河北新報』1976年10月9日 - 1979年2月10日付朝刊、テレビ欄。
  36. ^ 日刊スポーツ』1977年5月3日 - 1978年10月10日付テレビ欄。
  37. ^ a b 福島民報』1976年10月1日 - 1979年2月2日付朝刊、テレビ欄。
  38. ^ 『日刊スポーツ』1976年10月1日 - 1978年10月13日付付、テレビ欄。
  39. ^ a b 日刊スポーツ』1978年4月4日付、テレビ欄。
  40. ^ 『日刊スポーツ』1977年5月2日 - 1979年1月29日付テレビ欄。
  41. ^ 北國新聞』1979年3月7日付朝刊テレビ欄より。
  42. ^ 『北國新聞』1978年5月3日付朝刊テレビ欄より。
  43. ^ 『北國新聞』1976年11月11日付朝刊テレビ欄より。
  44. ^ a b 日刊スポーツ』1977年12月13日付13面。「チビッコ争奪 冬の陣 キャンディ・キャンディ舞台合戦」
  45. ^ 「証紙」とは、商品の許諾契約の証として箱や商品に貼付されるシールのこと。アニメ版の絵を用いる場合、制作会社のロゴを用いる場合が多い。
  46. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1983年3月号
  47. ^ 染色液に糊を足したもので染色する方法。俗にいうプリントのこと。
  48. ^ これをサブライセンスという。
  49. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1998年8月号
  50. ^ 『キャンディ・キャンディ』の著作権に関する講談社の見解[リンク切れ]
  51. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1999年4月号
  52. ^ 批判文は、水木杏子の公式サイト(2002年2月8日時点のアーカイブ)に掲載。
  53. ^ 梶原一騎ちばてつやによる『あしたのジョー』など。『別冊宝島 いきなり最終回』宝島社1995年で解説がされている。
  54. ^ 辻田芳幸・平成13年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1224号)、日向央・著作権研究26号など。
  55. ^ 朝日新聞1999年2月25日朝刊38面
  56. ^ 最高裁判決を巡って 05いがらし声明文に対する抗議
  57. ^ 東映グループ所有コンテンツ 東映CM公式サイト
  58. ^ 台湾でいがらしゆみこ自ら『キャンディ・キャンディ』モドキ商売 2007年9月11日 CANDY CANDY BOOTLEGS!!
  59. ^ 經典卡通個人化郵票收集冊
  60. ^ 左田野渉『復刊ドットコム奮戦記 マニアの熱意がつくる新しいネットビジネス』築地書館、2005年、pp.176-178
  61. ^ 堀江美都子が笑い声で参加。つまり、このLPの全曲に堀江の声が入っていることになる。


「キャンディ・キャンディ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャンディ・キャンディ」の関連用語

キャンディ・キャンディのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャンディ・キャンディのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャンディ・キャンディ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS