佐武と市捕物控とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > 佐武と市捕物控の意味・解説 

佐武と市捕物控

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 10:20 UTC 版)

佐武と市捕物控』(さぶといちとりものひかえ)は、石森章太郎(石ノ森章太郎)による日本漫画、および同作を原作としたテレビアニメテレビドラマ小説




  1. ^ MBSは自社関連企業の放送動画制作に一時期アニメ制作部門を設け、東映動画出身のスタッフを中心に運営していた。
  2. ^ 朝日新聞」縮刷版・1968年10月号より。
  3. ^ http://www.style.fm/as/05_column/list06.shtml
  4. ^ 3日遅れの日曜日18:25~18:55枠で始まった、福岡県の九州朝日放送(KBC)でも「三匹の狂犬」を第1話として放送。
  5. ^ ()内は担当声優。
  6. ^ a b MBSでは「反逆者」を第1話とし「三匹の狂犬」を第2話として放送、NETでは「三匹の狂犬」を第1話とし「反逆者」を第2話として放送
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce 役名表記無し
  8. ^ 「'89ビデオソフト全カタログ」1989年、小学館、テレパル/ビジパル共同編集
  9. ^ 小池徹平、時代劇初挑戦!石ノ森章太郎氏原作「佐武と市捕物控」”. スポーツ報知 (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  10. ^ 増田明美が時代劇ナレーション 遠藤憲一が推薦”. 日刊スポーツ (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  11. ^ a b c “小池徹平主演「佐武と市捕物控」、12月BS日テレで第2弾決定”. スポーツ報知. (2016年10月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161012-OHT1T50210.html 2016年10月13日閲覧。 


「佐武と市捕物控」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

日本の漫画作品一覧 おいでよ!ヘナモン世界カスミン  ヤマトナデシコ七変化♥  佐武と市捕物控  魔法使いくんとOLさん  働きマン
日本の小説 花さくらんぼ  マイ・ブルー・ヘブン  佐武と市捕物控  風に舞いあがるビニールシート  自由死刑
漫画作品 さ ざっちゃん  サルでも描けるまんが教室  サンケンロック  佐武と市捕物控  CYBORGじいちゃんG
東京を舞台にした漫画作品 アキハバラ電脳組  聖☆おにいさん  佐武と市捕物控  CYBORGじいちゃんG  TOKYO TRIBE2
フジテレビの時代劇 闇を斬れ  明智光秀〜神に愛されなかった男〜  ひばり・与一の花と剣  忠臣蔵 風の巻・雲の巻  佐武と市捕物控
アニメ作品 さ さくらんBOY DT  サイバーシックス  サッカーフィーバー  佐武と市捕物控  サイコアーマー ゴーバリアン
石ノ森章太郎 ドンキッコ  リュウの道  ワイルド・キャット  佐武と市捕物控  宇宙からのメッセージ
毎日放送のテレビアニメ 天保異聞 妖奇士  キリンものしりシリーズ  ワンワン三銃士  佐武と市捕物控  じゃがいぬくん
1968年のテレビアニメ 夕やけ番長  妖怪人間ベム  サイボーグ009  チキチキマシン猛レース  佐武と市捕物控

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐武と市捕物控」の関連用語

佐武と市捕物控のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



佐武と市捕物控のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐武と市捕物控 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS