東映太秦映像とは?

東映太秦映像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 14:16 UTC 版)

東映太秦映像(とうえいうずまさえいぞう)とは、かつて存在した日本TV映画制作プロダクションである。東映のグループ会社で、商号は東映太秦映像株式会社。本社は京都府京都市右京区太秦西蜂岡町に置いていた。




  1. ^ a b c d e 「女優さんは近頃おひまヤクザとエロに締出させた清純派」『週刊朝日』1965年9月24日号、朝日新聞社、 122頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年、221–223頁。ISBN 978-4-16-376810-6
  3. ^ a b 新宿書房 俎板橋だより (7)村山新治と佐伯孚治日本のドキュメンタリー作家インタビュー No. 24 呉徳洙(オ・ドクス)聞き手:門間貴志 - 山形国際ドキュメンタリー映画祭公式サイト、評者◆凪一木 その59 小平裕、本年八二歳No.3460 ・ 2020年08月15日
  4. ^ a b c 第3回『私と東映』x 神先頌尚 (全4回) | Facebook
  5. ^ 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第十一回 その名も東映番外地」『シナリオ』2013年4月号、日本シナリオ作家協会、 70–73頁。佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第二十回 いけいけ! 闘争と性春の日々」『シナリオ』2014年1月号、日本シナリオ作家協会、 88–92頁。佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第二十一回 二人の刺客の喧嘩仁義(ごろめんつう)」『シナリオ』2014年2月号、日本シナリオ作家協会、 60–64頁。佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第二十四回 酒とバカの日々」『シナリオ』2014年5月号、日本シナリオ作家協会、 84–85頁。佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第二十七回 華麗なるクマの手」『シナリオ』2014年8月号、日本シナリオ作家協会、 88頁。
  6. ^ 国税庁法人番号公表サイト


「東映太秦映像」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東映太秦映像」の関連用語

東映太秦映像のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東映太秦映像のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東映太秦映像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS