テレビ映画とは? わかりやすく解説

テレビ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 13:44 UTC 版)

テレビ映画(テレビえいが)は、一般の映画のようにフィルム(現在はビデオが主)で撮影され、最初に映画館で上映される映画ではなく、テレビ番組のドラマとして放送されるために製作される映像作品をいう。


  1. ^ 日本と違ってフィルムへのこだわりが強い欧米では、大型ドラマの場合、依然として35ミリ映画用カメラを使ったフィルム撮影の方が主流である。
  2. ^ ウイリアム・ボイド主演の西部劇「ホパロング・キャシディ」(日本では「我等がキャシディ」)は1935年から1948年まで66本が製作されて、それを1948年11月からテレビ用に再編集して放映された。またジョン・ウェインの無名時代の10年間に出演したB級西部劇を30分前後編で放映されている。
  3. ^ 一方日本でも、1956年から東映で製作された「警視庁物語」シリーズをその後TVシリーズとして放映されている。
  4. ^ a b 高橋浩『視聴率15%を保証します! あのヒット番組を生んだ「発想法」と「仕事術」』小学館新書、2014年、pp.86-94
  5. ^ かつてテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」の前に「土曜洋画劇場」が放送されて、「日曜洋画劇場」(淀川長治)が大作を放映し、それ以外の作品を放映していたが、やがてTVムービーをそのまま放映することが多かった。その時に解説者が「テレビ劇映画」と説明していた。
  6. ^ この場合はビデオカメラとは言わない。この時代はカメラに録画機能が無く、別途設置の録画機材で収録していた。
  7. ^ 初期の大河ドラマでは1965年「太閤記」や1969年「天と地と」などは野外での合戦シーンはフィルムであった。また「太閤記」の本能寺の変や1966年「源義経」の義経の最期は全てフィルム撮影であった。
  8. ^ アメリカでも初期の「トワイライト・ゾーン」のいくつかのエピソードがスタジオからの映像で、それを映した映像画面をフィルム撮影したもの(キネコと呼ばれた)で日本に輸入されているものがあった。
  9. ^ 初期には「ロビンフッドの冒険」、「アイバンホー」、人形劇「サンダーバード」、「プリズナー№6」「ザ・セイント」「名犬ロンドン物語」などがあるがアメリカに比べると少ない。
  10. ^ この時代には録画記録するものとしてテレビ画面を直接フィルムで撮影して、そのフィルムで後から再放送する方式もあった。またVTRは日本よりも少し早く1956年頃には使用しており、「エド・サリバン・ショー」もきれいなビデオテープで映像が保存されている。
  11. ^ 初期のブラウン管はアメリカが17インチ、日本では14インチが標準であった。
  12. ^ 日本では毎週製作して年間52本で続ける形態があるが、アメリカではこの時代は年間39本で夏期間はお休みするのが普通であった。やがて60年代に入ると年間26本前後の製作本数が通常となった。
  13. ^ これらの中には「ちびっこギャング」「3ばか大将」などがあり、また前述のローンレンジャーも戦前のB級西部劇からの流れであった。
  14. ^ リパブリック、モノグラムなど。
  15. ^ 毎週同じ顔ぶれのレギュラー出演でストーリーが展開される。基本は1回ごとに話の区切りがある1話完結方式である。この方式の欠点は出演俳優が固定化することで、やがてこのことがテレビ映画の衰退につながった。
  16. ^ 後の日本での土曜ワイド劇場と同じ形式で、1964年開局した当時の東京12チャンネル(現・テレビ東京)が放映した「プレイハウス90英語版」がこのジャンルに属する。そしてこの「プレイハウス90」に出演した俳優(スティーブ・マックイーンなど)が60年代以後に大物スターになっていった例が多い。
  17. ^ なお90分のシリーズとしては1962年の西部劇「バージニアン」が最初である。
  18. ^ ミノー委員長の発言は西部劇などの暴力場面や他のバラエティ番組の低俗さを指摘したとされている。しかし今日のテレビ内容から比較するとこの時代のテレビ映画の内容はまだ軽いものであった。
  19. ^ 当然35mmフィルムで撮影されて、テレビ局のCMタイムを考えて最初の脚本段階からCMまでに細かいエピソードが終わるようにしてシークエンスする(画面が黒くなって終わる)。古い旧作映画を放映する時に、ありがちなストーリー展開で重要な場面で突然コマーシャルが入って興ざめすることのないようにシナリオ作りがされている。
  20. ^ ただしこの作品は暴力的すぎるとしてテレビ局が放映せず、結局劇場公開された。
  21. ^ 1971年にテレビ放映され、翌年日本で劇場公開されその後テレビでの放映もされている。そして本国アメリカで劇場公開されたのは1983年である。
  22. ^ 刑事コロンボ」がTVミニシリーズとされたが、アメリカではTVシリーズの範疇に入っている。
  23. ^ その後も「ケインとアベル」「ホロコースト」などが放映された。
  24. ^ 「The FBI」や「ナポレオンソロ」が放映したエピソードを劇場用に編集して劇場公開を60年代半ばに行っている。なおこの形式はすでに日本でも「七色仮面」が1960年に東映が行っている。
  25. ^ この項は「ハリウッド100年史講義」北野圭介著 209~209P 参照。
  26. ^ 正確には民放初のサスペンスドラマの連続番組というほうが正しい。1953年8月に開局した日本テレビが10月25日(日)の夜から毎週放送した『わが家の日曜日記』が連続ホームドラマのはしりであり、ほぼ同じ時期にNHKで連続ホームドラマ『幸福への起伏』がスタートしている。前者は半年、後者は3か月の放送であった。コメディーでは日本テレビが1954年3月からフランキー堺中村メイコで『二人でお茶を』(2年間放送)、同年6月から『エノケンの水戸黄門漫遊記』(半年間放送)がスタジオドラマとしてあった。『テレビ30年 IN テレビガイド』8~12P参照
  27. ^ これより1年前の1955年に同じKRTがアニメの『スーパーマン』を放映している。輸入されたものとしてはこちらの方が早い。
  28. ^ 松竹、東宝、東映、大映、新東宝の5社で結んだが、後に新東宝が倒産して日活が加わった。
  29. ^ これはこの時までに各社の古い映画をNHKも民放も放送していたが、その放送料の金額で対立したことが発端であった。
  30. ^ 3か月後に30分に拡大した。
  31. ^ 各社に呼びかけたがどこも手を上げなかったので、広告代理店が自主的に製作したものである。しかもカメラは報道で使う手巻きのハンディカメラで音声録音は出来ず、フィルムの長さが限定されて、それほど長いカットの撮影が出来なかったと言われている。しかしそのことで逆に短いカットを積み重ねることによってテンポの速い展開になったと言われる。
  32. ^ 撮影場所に宜弘社の社長宅の部屋とガレージを使った。
  33. ^ 豹の眼」「まぼろし探偵」「七色仮面」「少年ジェット」「ナショナルキッド」「快傑ハリマオ」など。
  34. ^ さらに日本テレビは1959年 - 1961年にかけて、後述の日米映画と共同で製作した10作品ほどのテレビ映画を、放送直後に新東宝の配給で劇場公開するという、当時では珍しい試みを行っていた(この点で、テレビ局制作による劇場映画の先駆けといえる)。
  35. ^ それ以降も東映は現在のテレビ朝日ホールディングスにおける筆頭株主で、朝日新聞社は第2位株主である。
  36. ^ その系譜は現在の角川大映スタジオにつながる。
  37. ^ ただし、東映は放映後に劇場公開をすることで35mmフィルムを使っていた。
  38. ^ ただ、その過渡期において撮影や照明、美術などで、16mmフィルム撮影の技術や環境を一部そのままビデオ撮影でも踏襲したため、フィルム撮影の時には発生しなかった、陰影や深みのない平板な画像になってしまったり、撮影用装置のうち建物など大道具の粗雑さが目だったりと、ビデオ撮影のノウハウを習得し終わらないままでフィルム撮影からビデオ撮影に移行した現場の状況もあった。
  39. ^ 演出の藤村忠寿は、2008年8月17日放送の『はい!テレビ朝日です』内のインタービューにて、「映画を作るつもりで制作した」と述べている。
  40. ^ スペシャルドラマ自体は1996年から制作されているがVTR撮影だった。


「テレビ映画」の続きの解説一覧

テレビ映画(1986)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 09:13 UTC 版)

ワーストウイッチ」の記事における「テレビ映画(1986)」の解説

1986年に、フェアルザ・バルク主演第1巻をもとにThe Worst Witch (film)として映像化された。

※この「テレビ映画(1986)」の解説は、「ワーストウイッチ」の解説の一部です。
「テレビ映画(1986)」を含む「ワーストウイッチ」の記事については、「ワーストウイッチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「テレビ映画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「テレビ映画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テレビ映画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テレビ映画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテレビ映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワーストウイッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS