針供養とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 供養 > 針供養の意味・解説 

はり‐くよう〔‐クヤウ〕【針供養】

2月8日あるいは12月8日に、日常針仕事折れた針を供養する行事。この日は針仕事休み、針をコンニャク豆腐刺したり、神社納めたり、川に流したりする。《 春》「糸竹のいとまのお針―/風生」


針供養

読み方:ハリクヨウ(harikuyou)

折れた針などを供養する年中行事


はりくよう 【針供養】

日本で、二月八日一二八日行い、古い針を集め淡島明神納め供養する。虚空蔵菩薩納めるところもある。→ 針

針供養

針供養について

針供養2月8日事始め12月8日事納めといって、この日は針仕事休み折れたりがったりして使えなくなった針を豆腐コンニャク刺して、近く寺社持参裁縫の上達を願って供養してもらいます。両日とも行なうところも残っているが、現在では東日本地区では2月8日に、西日本地区では12月8日行われるのが一般的農家では事始め農作業開始して、事納めには農作業を終える。

もともとは、婦人病治癒始めとして安産子授け裁縫の上達、人形供養など、女性に関するあらゆることに霊験のある神とされる和歌山淡島神社から広まり全国淡島神社年中行事となりました。



針供養

作者

収載図書小説 佐武と市捕物控 2
出版社小学館
刊行年月1999.12
シリーズ名小学館文庫


針供養

作者バーバラ

収載図書時のうつろひ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


針供養

読み方:ハリクヨウ(harikuyou)

中部以西で、針を休め、針の折れたのを供養する日

季節

分類 人事

月日 十二月八日


針供養

読み方:ハリクヨウ(harikuyou)

関東で、針を休め折れた針のために供養する日

季節

分類 人事

月日 二月八日


針供養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/08 04:59 UTC 版)

針供養(はりくよう)とは、折れ、曲がり、錆びなどによって、使えなくなった縫い針供養し、近くの神社に納める行事。各地の社寺で行われているが、主に淡島神社粟島神社)または淡島神を祀る堂(淡島堂・粟島堂)がある寺院で行われる[1]


  1. ^ a b c 日本民俗大辞典(下) 398ページ
  2. ^ a b c 国民百科事典 6巻 198-199ページ
  3. ^ 大阪天満宮 祭事
  4. ^ 淡嶋神社
  5. ^ 虚空蔵 嵯峨嵐山 法輪寺
  6. ^ a b c 暮らしに生きる日本のしきたり 69ページ
  7. ^ 「とやまと自然」通巻48号(津田武美「富山湾の冬」) 富山市科学博物館、2019年10月24日閲覧。
  8. ^ 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 上』佐久市志刊行会、1990年、615ページ。
  9. ^ 和裁技術の上達願う 徳島市で針供養”. 2012年12月9日閲覧。
  10. ^ 和裁技術の上達願う 徳島市で針供養”. 愛知和服裁縫業協同組合・(一社)日本和裁士会愛知県支部 (2012年12月8日). 2020年12月8日閲覧。
  11. ^ 愛知和服裁縫業協同組合


「針供養」の続きの解説一覧



針供養と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「針供養」の関連用語

針供養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



針供養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの針供養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS