Amazon.comとは?

Amazon.com(あまぞんどっとこむ)

Amazon.com (アマゾンドットコム)は、インターネット上で世界最大電子商取引サイトだ。特にネット通じて書籍販売するオンライン書店として有名だ。そのほかには、CDビデオ電化製品玩具なども扱う。

アマゾンドットコムでは、インターネットサイト通して本を注文する。注文すると、3~4週間くらいで本が自宅に届く。扱っている本の量が多いこと、比較的はやく本を入手できることなどから、日本でも普及している。特に洋書購入には便利だ。

最近情報
11月からは、アマゾンドットコム日本語サイトamazon.co.jp)が設けられている。洋書和書ともに扱われていて、ネット通じて書籍購入できる。年内は、日本国内の送料無料ということだ。

(2000.11.01更新


Amazon.com

公式サイトwww.amazon.com
正式名称: Amazon.com Inc.

Amazon.comとは、Amazon.comアマゾン・ドット・コム(ワシントン州シアトル本社。米NASDAQ上場企業。略称はAMZN)は、世界最大のオンラインショッピングサイトであり、同時にWEB上でもっとも有名なEコマースサイトである。同社Jeff Bezosジェフ・ベゾスによって1995年設立され、同年終わりごろまでに11人の従業員を、1999年までには1600人以上の従業員450万人上の顧客抱えようになった

アマゾンオンライン書店として始まったが、その取り扱い商品数は常に世の中騒がせて来た。1997年までには250万点を、CDビデオDVD、そしてゲームをも扱うようになった1999年までには、450万点商品を扱うようになったこうした商品中にはオンラインオークションおもちゃエレクトロニクスソフトウェア電化製品キッチン用品などオンラインビジネスとして全く新しジャンルのものも含まれており、これらの商品同社製造メーカー卸売り業者から直接購入することによって確保している。

現在同社は以下の6ヵ国において営業している。




www.amazon.com アマゾン・コム

www.amazon.co.uk アマゾン・イギリス

www.amazon.de アマゾン・ドイツ

www.amazon.fr アマゾン・フランス

www.amazon.co.jp アマゾン日本

www.amazon.ca アマゾン・カナダ



アマゾンでは新品中古品再生品を扱っており、そのカテゴリーは、アパレル、靴、アクセサリー家庭用品園芸用品アウトドア用品ベビー用品宝石時計、本、キッチン用品カメラ雑誌携帯電話音楽コンピュータコンピュータ関連機器オフィス用品エレクトロニクスソフトウェアDVDビデオスポーツ用品食料品ハードウェア機器、健康用品、それにおもちゃなど多岐わたっている。

さらに、アマゾン社ではこれらの商品提供する業者連携取りながら、同時にEコマースサービスとその特徴、さらにテクノロジー存分に活用することによってWEBサイト通じて商品販売している。

また同社は、本業である自社サイトのほかにも、WWW上のアクセスランキングに関する独自の調査結果公開しているAlexaInternetアレクサ・インターネット社や、検索エンジンa9.com、そしてInternet Movie DatebaseIMDBインターネット映画データベースなどを保有している。


会社概要


アマゾン社は、本、音楽ビデオDVDおもちゃエレクトロニクスソフトウェア、そして家庭用品などを販売するオンライン小売業社である。2004年9月30日時点で、同年度の売上高は対前年比32増加して438000ドルに上っている。このうち純利益は2億4100ドルであるのに対して損失は3700ドルである。この売上高増加は、国際的業務によって得られた売上高の急激な増加よるものである。純利益また、高い営業収益と低い金利増加率反映しており、これらのうち1160ドル外国為替による収入である。

ビジネスモデル


アマゾンは、インターネットの黎明期である1994年にジェフ・ベゾスによって、Cadabra.comカダブラ・ドット・コムという名称で当初は設立され、オンライン書店としてスタートした。ベゾスは当初からインターネットが持つ潜在性を見抜いていた。それはつまり、米国でも有数の巨大な書店でもせいぜい20万点程度しか扱っていないが、オンライン書店ならばひょっとするとその何倍もの商品点数を揃えることが出来るかもしれない、という洞察である。

かくして、ベゾスは同社の名前を世界最大の河川アマゾン川にちなんで「アマゾン」に変更した。こうしてアマゾンは1995年7月にサービスを開始した。設立当初もともとアマゾンはワシントン州で法人化されたが、1996年にはデラウェア州で再び法人化された。同社は1997年3月15日にIPO(新規株式公開)を果たしてNASDAQ証券取引所に上場し(記号はAMZN)た。新規株式公開を果たした時には、一株あたりの価格は18ドルだった。

会社設立後恐らく4~5年は黒字に転換しないだろうという見込みのもとに創立されたという点において、アマゾン設立当初のビジネスプランは極めて独創的である。

この戦略が健全なものであったということは、2000年にドットコムバブルがはじけたときに明らかとなった。1990年代後半、他のインターネット関連ベンチャー企業がどこからともなく登場し盲目的なほどの勢いで急成長を遂げるなか、逆にアマゾンは堅調なペースで成長し続けていた。このように他のIT企業と比べた場合アマゾン社は「ゆっくり」と成長していたため、同社の株主達からは、損益分岐点を越えるのに時間がかかっているとの不満が沸き起こっていた。しかし、インターネット「バブル」が勃発し、多くのIT企業が市場から消えて行く中、アマゾン社はこの混乱を耐え抜き、最終的には2002年の第四期において初めて黒字に転換した。

この時の利益はわずか500万ドルで、およそ10億ドルを超える売上高の中で株主に配当されたのは一株あたりほんの1セントに過ぎなかったが、このことは投資家に対して長らく配当を約束していながらそれを実現していなかった同社にとっては画期的で同時に非常に意味のある出来事だった。それ以来、同社は常に黒字を守り続けており、四半期ごとの決算においても10億ドルを超える売上高を維持し続けている。2004年1月には、同社は2003年度に始めて年間全ての4半期において黒字に転換したと発表。その時の利益は、売上高56.5億ドルに対して3530万ドルだった。この成長の大部分を支えていたのは、同社の海外部門であった。

オンラインショッピングを広げ、ウェブサイトを成功に導いたことにより、ベゾスはTime タイム誌の「マン・オブ・ザ・イヤー1999」に選ばれている。

アマゾン社のオンライン書店は、短期間の内に拡大すると同時に音楽、CD、ビデオ、DVD、ソフトウェア、エレクトロニクス、キッチン用品、工具、園芸用品、おもちゃ、アパレル、スポーツ用品、食料品、宝石、時計、健康用品、美用品、楽器などなどへとその取り扱い品目を増やしていった。2004年の1月にアマゾンは、大統領選挙特集を組み、ユーザーが自分の支持する候補者に対して5ドルから200ドルの寄付をすることができるようにもした。



サイトの特徴


Amazonでは、取り扱っている全ての商品に対して独自の識別番号割り当てており、これはAmazon Standard Identification NumberASINアマゾン標準識別番号呼ばれている。アマゾン標準識別番号ASIN)は本で言えば、ちょうどISBNに相当する。アマゾン自社の提供しているカタログウェブサービス通じて提供しているが、これはグーグル検索エンジンによってそれを実現しているのと同じことである。さらに、アマゾン運営しているa9.comは、アマゾンで提供されている検索エンジンサービスと同じものを独自に提供している。

"Search Inside the Book"は、顧客12万点上の本(あるいは3300ページ上のテクスト)の全文の中からキーワードを検索することを可能にしている仕組みである。

2003年9月23日から、同社130上の出版社提携することによって、ユーザー著作権によって保護された本文の中を検索することが出来るような体制を整えているが、これは通常パブリック・ドメインの中では利用不可能なものであり、他の電子文書形式でもそうなのである著作権の侵害回避するため、アマゾンコンピュータによって読み込むことの出来文書形式に頼らず、本からの抜粋を含んだ画像利用しており、この画像はあらかじめプリントアウトすることが出来ないようになっている

さらに著作権の侵害避けるために、この画像によって構築されたページに対して1人ユーザーアクセスすることの出来ページ数はあらかじめ制限されている。



特許権論争


特許権利用に関してアマゾン社はずっと論争の種となってきた。その内容は、報じられているところによれば、特許権利用することによってライバル営業活動妨害してきたというものだ。「ワン・クリック特許」はこのうちおそらく最も有名な例である。アマゾンは「ワン・クリック特許」を競合相手であるBarnes and NobleウェブサイトBarnes and Noble米国大手書店チェーン展開をしている。)に対して適用し、この結果フリーソフトウェア財団は、1999年12月アマゾン社の商品対すボイコット運動発表。このボイコット2002年10月まで続いた。

2003年2月25日には、同社は「インターネット上で議論を行う掲示板に載っている商品に関する議論、を利用する方法システム」という表題特許認可されている。



業務拡大 本社位置 パートナーシップ


アマゾン米国内においてだけではなくカナダイギリスオランダドイツオーストリアフランス、そして日本においても営業している。それに加え、Borders.com、Waldenbooks.com、Virginmega.com、Virginmega.co.jp、Waterstones.co.uk、CDNOW.com、HMV.comなどは現在アマゾン連動しながら商品販売しており、その代わりにシステム使用料を払っている。また、Toysrusトイザラスブラウザツールバー打ち込んだ場合も、アマゾン連動したトイザラスおもちゃゲームに関するタブが開くようにもなっている。アマゾンはこのほかにも、Target販売サイト運営していたり、同様の手法用いてAOLショッピングサイトNBAオンラインストア技術を提供してもいる。

アマゾン本社ワシントン州シアトルビーコンヒルにある。その他の業務はインターナショナル・ディストリクトとレイニヤー・ヴァレーにおいて行われている。この他にも、米国国内には、ワシントン州タコマケンタッキー州のケンプベルスビルとレキシントンノースダコタ州グランド・フォークスウェストヴァージニア州ハンティントンデラウェア州ニューキャッスルカンザス州のコフィービル、ヴァージニア州フェアファックス郡、ネバダ州フェンリー、に営業拠点が置かれている。さらに国際業務拠点は、イングランドののスローとミルトンケニー、スコットランドエディンバラとグーロック、フランスのグヤンクーとオルレアンドイツミュンヘンレーゲンスブルク、バットハースフェルト、日本の東京、札幌市川に置かれている

アマゾンによるフォーラムにおける情報によればアマゾン売上高のうちおよそ40%はアフィリエイトよるものであり、これをアマゾンでは「アソシエイト」と呼んでいる。2003年の末までに、アマゾンはおよそ100万人のアソシエイト契約を結んでいる。

アマゾン1998年4月Internet Movie DatebaseIMDbインターネット映画データベース買収したが、これはIMDb既存ユーザーたちに波紋投げかけることとなった。パブリック・ドメインを持つ非営利目的サイトであったIMDb商業的なベンチャービジネスへと変貌することで、多くのインターネットユーザーたちは肩透かしを食らったのである。けれども、それ以来IMDbは順調に成長続けている。

アマゾンマサチューセッツ州ケンブリッチに拠点を置くPlanetAllプラネット・オールを1998年8月買収している。この時アマゾン80株式取得することによって同社買収し、買収額はおよそ8800ドルだった。プラネットオールはウェブ基づいて住所録カレンダーリマインダー関連サービスを行う会社だった。プラネット・オールの従業員の内大部分1999年初めアマゾン社へと吸収された。他方多くの人はまた、アマゾン特集するインターネットコミュニティ構築続けた。その中にはFriends フレンズなどといったショッピングサークルなども含まれていた。プラネット・オール独自のサービス2000年7月まで続けられた。

1999年アマゾンはアマゾン・オークションを立ち上げた。同時アメリカでは既にeBayインターネット・オークション分野最大手となっており、これによりアマゾンイーベイ利権侵略し始めることになった。この発表直後アマゾン社の株価は急激に高騰したが、同社のオークションビジネスは著しeBayイーベイ成長前にしてあえなく潰え去ってしまう。

失敗主な原因は、同社保有する既存顧客利用しているアマゾンサイト上から、顧客オークションサイトへと素早く誘導することが出来なかったことにあると言われている。

また、この後、アマゾン1999年10月に"zShops"と呼ばれる固定価格のマーケットプレイスビジネスを立ち上げたが、この時に結ばれたSothebys.amazon.comと呼ばれたSotheby米国老舗オークションハウス)とAmazonとの提携関係は、翌月11月には崩れ去って失敗に終わってしまう。アマゾン社の期待反してzShopsは確かに失敗に終わってしまったが、この時の体験2001年立ち上げられたアマゾンのマーケットプレイスサービスへと結実し、これを成功に導いている。このマーケットプレイスサービスは、顧客自分達の持つ中古本屋CDDVDなどを新品のすぐとなりで販売することが出来サービスだ。

また、1999年6月アマゾンは、Alexa Internet、Accept.com、Exchange.comを一括しておよそ645百万ドル買収している。

2002年アマゾンSegway Human Transporter製品独占的販売するようになったアマゾン社の創業者であるベゾスは、Segwayセグウェイ社が有名になる以前比較早い段階から同社支援していた。

2004年アマゾン新し検索エンジンA9.com立ち上げた。A9.com先に述べた本の本文中身をも検索するシステム検索システム中に組み込んでおり、ユーザーWWW上のテキストだけではなく本の中身をも検索することが出来るようになっている

電子商取引のほかの用語一覧
電子マネー・決済システム:  トルカ  WebMoney  WAON
電子商取引:  Amazon.com  Ariba Buyer  ANX  Alibaba

Amazon.com

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/15 06:26 UTC 版)

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイトWebサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.comInternet Movie Database (IMDb) などを保有している。




  1. ^ Amazon>Investor Relations>Annual Reports and Proxies>2012 Annual Report>38P>CONSOLIDATED BALANCE SHEETS>Total stockholders’ equity
  2. ^ a b c d アマゾン・ドット・コム「有価証券報告書」2013年(平成25年)4月26日関東財務局提出
  3. ^ a b c d e AMAZON.COM, INC. FORM 10-K For the Fiscal Year Ended December 31, 2017 Google Finance
  4. ^ Amazon tops 600K worldwide employees for the 1st time, a 13% jump from a year ago GeekWire
  5. ^ a b c AMAZON.COM, INC.”. NASDAQ. 2018年7月4日閲覧。
  6. ^ https://www.amazon.co.uk/
  7. ^ https://www.amazon.fr/
  8. ^ https://www.amazon.de/
  9. ^ https://www.amazon.ca/
  10. ^ https://www.amazon.co.jp/
  11. ^ https://www.amazon.cn/
  12. ^ https://www.amazon.it/
  13. ^ https://www.amazon.es/
  14. ^ https://www.amazon.com.br/
  15. ^ https://www.amazon.in/
  16. ^ https://www.amazon.com.mx/
  17. ^ https://www.amazon.com.au/
  18. ^ https://www.amazon.nl/
  19. ^ https://www.amazon.com.tr/
  20. ^ “Person of the Year – Jeffrey P. Bezos”. Time. (1999年12月27日). オリジナル2000年4月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20000408032804/http://www.time.com/time/poy/bezos5.html 2008年1月5日閲覧。 
  21. ^ Jeff Bezos: The King of e-Commerce”. Entrepreneur.com. 2017年8月23日閲覧。
  22. ^ AMAZON COM INC (Form: S-1, Received: 03/24/1997 00:00:00)”. nasdaq.com (1997年3月24日). 2014年7月15日閲覧。
  23. ^ Amazon's Jeff Bezos: With Jeremy Clarkson, we're entering a new golden age of television Retrieved August 18, 2015.
  24. ^ Nazaryan, Alexander (2016年7月12日). “How Jeff Bezos is Hurtling Toward World Domination”. Newsweek. http://www.newsweek.com/2016/07/22/jeff-bezos-amazon-ceo-world-domination-479508.html 2016年7月12日閲覧。 
  25. ^ Staff, Writer (2014年6月21日). “Relentless.com”. The Economist. http://www.economist.com/node/21604559/print 2016年7月12日閲覧。 
  26. ^ a b c Byers, Ann (2006), Jeff Bezos: the founder of Amazon.com, The Rosen Publishing Group, pp. 46–47, ISBN 9781404207172, https://books.google.com/books?id=Nz43wixr2IcC&pg=PA47 
  27. ^ Amazon Company History”. 2013年5月6日閲覧。
  28. ^ Spiro, Josh. “The Great Leaders Series: Jeff Bezos, Founder of Amazon.com”. Inc.com. 2013年2月7日閲覧。
  29. ^ Neate, Rupert (2014年6月22日). “Amazon's Jeff Bezos: the man who wants you to buy everything from his company”. The Guardian. https://www.theguardian.com/theobserver/2014/jun/22/jeff-bezos-amazon-boss-wants-to-sell-you-everything 2018年6月28日閲覧。 
  30. ^ Rivlin, Gary (2005年7月10日). “A Retail Revolution Turns 10”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2005/07/10/business/yourmoney/10amazon.html?ei=5090&en=c805d53acf76f2b3&ex=1278648000&partner=rssuserland&emc=rss&pagewanted=all 2011年8月4日閲覧。 
  31. ^ Amazon company timeline. Corporate IR. (2015年1月). http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-corporateTimeline. 
  32. ^ Spiro, Josh. “The Great Leaders Series: Jeff Bezos, Founder of Amazon.com”. 2018年7月1日閲覧。
  33. ^ Jeff Bezos reveals what it's like to build an empire and become the richest man in the world — and why he's willing to spend $1 billion a year to fund the most important mission of his life Business Insider, Retrieved May 11, 2018
  34. ^ World's Largest Bookseller Opens on the Web. URLwire. (1995年10月4日). http://www.urlwire.com/news/100495.html. 
  35. ^ Murphy Jr., Bill. “'Follow the Money' and Other Lessons From Jeff Bezos”. 2018年7月1日閲覧。
  36. ^ a b "Forming a Plan, The Company Is Launched, One Million Titles". Reference for Business: Encyclopedia of Business, 2nd ed. Retrieved September 1, 2012.
  37. ^ Spector, Robert (2002). Amazon.com: Get Big Fast. 
  38. ^ Amazon's job creation plan comes amid labor pains USA Today, January 13, 2016
  39. ^ アメリカで広がる都市間格差 将来の日本も?|NHK NEWS WEB
  40. ^ Amazon.com | 2002 People's Voice / Webby Award Winner”. The Webby Awards. 2017年11月15日閲覧。
  41. ^ Amazon、ロボットメーカーのKiva Systemsを7億7500万ドルで買収ITmedia ニュース 2012年3月21日
  42. ^ アマゾン、約2万円の3Dスマホ 通販サイトと連動日本経済新聞 2014年6月19日
  43. ^ アマゾン・ドット・コム・インク半期報告書(2010年9月27日関東財務局提出)
  44. ^ amazon.com:locations
  45. ^ Amazon.com、自前の貨物航空機の運航開始:ITpro
  46. ^ フォトレポート:アマゾンの新物流センター、最速24時間発送を支える工夫 - CNET Japan 2005年11月1日
  47. ^ Amazon、Kivaロボットが走り回る最新物流センターの動画を公開ITmedia ニュース 2014年12月1日
  48. ^ アマゾン、「Kiva」ロボットなど活用する最新配送センターを公開 CNET Japan 2014年12月2日
  49. ^ The Bezos doctrine of ruthless pragmatismフィナンシャル・タイムズ2012.07.09
  50. ^ Amazon unpackedフィナンシャル・タイムズ2013.02.08
  51. ^ 「アマゾン物流センターの過酷な労働」BBCが潜入取材ハフィントンポスト 2013年11月26日
  52. ^ ドイツで「奴隷労働」と批判された米アマゾン海外の出稼ぎ労働者を“強制収容所”に収容 -JB press2013.08.28
  53. ^ ジャン=バティスト・マレ『アマゾンはブラック企業か?』(原文)(日本語ル・モンド・ディプロマティーク
  54. ^ Amazonに見る“検索とビジネス”の関わり - ITmedia 2007年11月03日
  55. ^ 米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOインタビュー(前編)
  56. ^ 今期も赤字!アマゾンの驚くべき経営手法が分かるたった1枚のグラフTHE NEW CLASSIC 2013年10月26日
  57. ^ 「家電量販、「アマゾン価格」に怒り」日経ビジネス2012年11月19日号
  58. ^ 「日本企業はアマゾンやアップルの4倍不利」ザ・ハフィントン・ポスト 2014年5月17日
  59. ^ アマゾン電子書籍…消費税ゼロ 不満爆発させる国内業者産経新聞 2014年4月13日
  60. ^ アマゾン創業者「世界最悪」=経営者を調査-国際労組連時事通信 2014年5月24日
  61. ^ アマゾンCEOが世界最悪オーナー、過剰な社員搾取と指摘新華ニュース 2014年5月24日
  62. ^ Inside Amazon: Wrestling Big Ideas in a Bruising WorkplaceThe New York Times 2014年8月15日
  63. ^ アマゾンの容赦なき労働哲学「壁を登れ!さもなくば去れ!」〜大の大人がみんなデスクで泣く現代ビジネス 2014年8月29日
  64. ^ 全文掲載 「アマゾンはブラック企業」批判へのジェフ・ベゾスの反論Forbes 2014年8月18日
  65. ^ Amazon.com Introduces New Logo; New Design Communicates Customer Satisfaction and A-to-Z Selection - Amazon.com 2008年6月4日確認。
  66. ^ アマゾンに140億円追徴 国税局「日本にも本社機能」『朝日新聞』2009年7月5日付朝刊、第1面
  67. ^ a b "AMAZON.COM, INC. FORM 10-Q For the Quarterly Period Ended September 30, 2010"
  68. ^ 米で「アマゾン税」賛否、業界も議会も賛否割れる 州財政救済へ上院が法案可決 MSN産経ニュース 2013年5月18日
  69. ^ 米最高裁、NY州の売上税をめぐるアマゾンらの上訴を却下CNET News 2013年12月03日
  70. ^ 性的指向まで分かる? Amazonの「ギフトお勧め」特許ITmedia ニュース 2006年08月14日
  71. ^ Amazon.co.jp: ヘルプ > 各種サービス > Amazon.co.jp コミュニティ > リストマニア > ISBN/ASINについて
  72. ^ Amazon.com Help: Product Identifiers
  73. ^ Amazon.co.jp: ヘルプ > 新着情報 > コミュニティのガイドラインを見直しました(2009年7月3日更新)
  74. ^ 詳細化するアマゾンの個人情報収集に懸念の声 - WIRED.jp
  75. ^ Amazonに児童プライバシー侵害の疑い - ITmedia
  76. ^ Amazon.com の「Wish List」機能、プライバシー保護上問題あり? - japan.internet.com
  77. ^ 密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意? - CNET Japan
  78. ^ Amazon.com Help Amazon Upgrade 2005年11月3日米Amazon発表(日本でのサービス開始等は不明)
  79. ^ Amazon.co.jp: プレスリリース 2011年3月2日: アマゾン ウェブ サービスが日本に クラウド向けデータセンターを開設クラウドが日本に上陸
  80. ^ 2011年6月現在、アメリカ合衆国在住の顧客のみが対象となっている。
  81. ^ Amazon AppstoreAndroid Marketおよび Amazon.com から無料ダウンロードが可能。利用手順は Amazon.comサイト内の「Getting Started with the Amazon Appstore」ページを参照。
  82. ^ Test Drive はアプリを Amazon.com のクラウド上で起動し、インターネット経由で遠隔操作するもので、アプリそのものがパソコンにインストールされるわけではないが、ほぼそれと同じ感覚を体験できる。
  83. ^ Amazon.co.jp: ヘルプ > 注文 > 商品情報 > 『The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)』のよくある質問





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Amazon.com」の関連用語

Amazon.comのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Amazon.comのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAmazon.comの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAmazon.com (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS