競合相手とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 競合相手の意味・解説 

競合相手

読み方:きょうごうあいて

競り合いをする相手。同じ目的事業などで争う相手

競合相手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 17:18 UTC 版)

ヘレラサウルス」の記事における「競合相手」の解説

多種多様な肉食動物生息したイスチグアラスト層において、ライバルとの競合避けるのは難しかっただろう。 クルロタルシ類 中でも最大勢力だったのが現生ワニ近縁なクルロタルシ類で、例え全長5メートルサウロスクスは、リンコサウルス類やディキノドン類はもちろん時に初期の恐竜さえ餌食する頂点捕食者だった。そこでヘレラサウルス(を含む恐竜形類)は、自らの敏捷性武器巨大なクルロタルシ類棲み分け食い分け行っていたと見られているキノドン類 クルロタルシ類ほどの勢力ではないにしろ、哺乳類ごくごく近縁な獣弓類キノドン類もまた優れた肉食獣だったため、少なからずニッチを争う関係にあっただろう。ただしヘレラサウルスキノドン類とではかなり体格開きがあったため、ヘレラサウルスキノドン類自体獲物にすることもあったと思われるちなみに、『キノドン類恐竜やワニ類との対決敗れて小型化ていった』とする説明がなされることがあるが、トルシキノドンなど例外存在する

※この「競合相手」の解説は、「ヘレラサウルス」の解説の一部です。
「競合相手」を含む「ヘレラサウルス」の記事については、「ヘレラサウルス」の概要を参照ください。


競合相手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/09 08:13 UTC 版)

シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン・トランスポーテーション・カンパニー」の記事における「競合相手」の解説

1985年までの競合相手はミルウォーキー鉄道であったが、同鉄道破綻した後はスー・ライン鉄道もっぱらの競合相手である。

※この「競合相手」の解説は、「シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン・トランスポーテーション・カンパニー」の解説の一部です。
「競合相手」を含む「シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン・トランスポーテーション・カンパニー」の記事については、「シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン・トランスポーテーション・カンパニー」の概要を参照ください。


競合相手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 05:08 UTC 版)

2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想」の記事における「競合相手」の解説

日本の招致活動競合する招致活動10候補存在した内訳は欧州から4候補イングランドロシアオランダベルギー共催スペインとポルトガル共催)、日本と同じアジア地域アジアサッカー連盟 (AFC) 加盟国)から4候補インドネシアオーストラリアカタール韓国)、北中米地域北中米カリブ海サッカー連盟 (CONCACAF) 加盟国)から2候補アメリカ合衆国メキシコ)である。このうちアジアの4候補日本と同様2022年大会絞った招致活動行っていた。

※この「競合相手」の解説は、「2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想」の解説の一部です。
「競合相手」を含む「2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想」の記事については、「2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想」の概要を参照ください。


競合相手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:31 UTC 版)

百度百科」の記事における「競合相手」の解説

2005年6月公開された快懂百科 (Baike.com、旧称:互動百科)には2015年8月時点で1311以上の項目が掲載されており、中国語書かれオンライン百科事典として最大である他にも百科360百科などが存在するまた、中国語版ウィキペディア使われることもある。

※この「競合相手」の解説は、「百度百科」の解説の一部です。
「競合相手」を含む「百度百科」の記事については、「百度百科」の概要を参照ください。


競合相手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 13:57 UTC 版)

渤海鉄道フェリー」の記事における「競合相手」の解説

海路大連港煙台大連フェリーまたは威海大連フェリー 鉄道大連 - 錦州 - 唐山 - 済南 - 煙台 航空路線大連 - 煙台 大連港から出てい煙台大連フェリーに比べて、旅順西駅市中心部から35 kmの距離があり、公共交通手段未整備であることより料金安め設定されている。乗用車片道500元で旅客特等980元、一等680元、二等380元、二等B 260元(中渤海3号のみ)、三等A 240元、三等200元、三等B 180元である。

※この「競合相手」の解説は、「渤海鉄道フェリー」の解説の一部です。
「競合相手」を含む「渤海鉄道フェリー」の記事については、「渤海鉄道フェリー」の概要を参照ください。


競合相手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 02:39 UTC 版)

ブリタニカ百科事典」の記事における「競合相手」の解説

ブリタニカ総合的な、または概説的な百科事典であり、「Encyclopaedia of Mathematics」や「Dictionary of the Middle Agesのような特化した内容数多くページ割ける専門的な百科事典とは競合しようとはしない最初期主な競争相手チェンバーズ百科事典であり、その後すぐエイブラハム・リースの「サイクロペディア」、コールリッジの「メトロポリターナ百科事典」が現れた20世紀競争相手には「Collier's Encyclopedia」、「アメリカ大百科事典」、「World Book Encyclopedia」が存在するそれでもなお第9以降はブリタニカは英語の百科事典としては最高の権威広く認められている。特にその取り扱内容幅広さ著名な寄稿者数々高く評価されている。印刷版ブリタニカはその競争相手比較するとてつもなく高価であった。 1990年代初頭になるとブリタニカデジタル情報源から挑戦を受けることになる。インターネット検索エンジン開発によってそれは今や多くの人々にとってありふれた情報源となっている。そしてGoogle ブックスMITオープンコースウェアアメリカ国立医学図書館PMCライブラリを通じて信頼性の高い一次情報専門家の意見簡単にアクセスできる。 一般的にインターネット情報更新しやすいがために紙の媒体より新しい傾向がある。科学技術政治文化近代史などの急速に変化する分野では、ブリタニカ最新の状態を維持するのは困難を極め、これについてかつての編集者ウォルター・ユストは体系的に分析したブリタニカは、マルチメディアでもインターネット上で利用できるようになったが、その地位ウィキペディアのようなオンラインの百科事典狙われている。

※この「競合相手」の解説は、「ブリタニカ百科事典」の解説の一部です。
「競合相手」を含む「ブリタニカ百科事典」の記事については、「ブリタニカ百科事典」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「競合相手」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「競合相手」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

競合相手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



競合相手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヘレラサウルス (改訂履歴)、シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン・トランスポーテーション・カンパニー (改訂履歴)、2018/2022年FIFAワールドカップ日本招致構想 (改訂履歴)、百度百科 (改訂履歴)、渤海鉄道フェリー (改訂履歴)、ブリタニカ百科事典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS