ニッチとは?

ニッチ

英語:niche

ニッチとは、ニッチの意味

ニッチ(niche)とは「隙間」を意味する言葉であり、とりわけ大手が狙わないよう小規模で見逃されやすい事業領域」を指す意味で用いられることの多い語いわゆるスキマ産業。「ニッチ産業」「ニッチな商品」「ニッチな趣味」といった表現で用いられることも多い。

ニッチの語源は英語の niche である。英語の niche複数語義がある。日本語の「ニッチ」の意味も文脈によって大きく異なる。一般的な文脈では「人の能力に応じた適所得意分野」を意味することもある。建築用語では「壁のくぼみ(壁龕)」、地学用語としては「岩などのくぼみ」、生物学の用語としては「生態的地位」といった意味で用いられる

ニッチの語源と根本的な意味

「ニッチ」の語源は英語の niche である。英語の発音は「ニッチ」あるいは「ニッチェ」に近い。英語の niche語源フランス語である。

英語の niche(ニッチ)も、建築用語においては花瓶彫刻などを設置する目的で作られた壁のくぼみ」、地学用語では「岩のくぼみや割れ目」、生物学用語では「生態系中におけるある生物生態的地位」という意味で用いられる

ニッチのそもそもの意味は、西洋建築における壁のくぼみ、である。壁や円形もしくは四角くりぬき、その部分花瓶彫刻などを置いて飾れるようにした飾り棚を指す意味が「ニッチ」の根本的語意である。

20世紀前半に、生物学分野で、いわゆる生態的地位」を指す意味で「ニッチ」という表現が用いられるようになった生態的地位とは、生存競争によって適応する特有の生息場所のことである。つまり、狭いが競争者のいない領域である。

そして「ニッチ」は経済分野における「隙間産業」の意味や、いわゆるマニアック分野」を指す意味でも用いられる語となっている。

一般的な文脈で「ニッチな趣味」という場合の「ニッチ」のニュアンス

一般的に「ニッチな~」と叙述する文脈では、「ニッチ」は「広く認知されていない」とか「一部の人にのみ興味抱かれる」といった意味ニュアンスで用いられる

たとえば「ニッチな趣味」は、おおむね良い意味で「風変わり趣味」「マニアック趣味」という意味で用いられる。「ニッチな人」といえば風変わりな人」「マニアックな人」という意味になる。基本的に良い意味で個性的」というニュアンスで使われることが多い。

「ニッチ」の語は経済用語、マーケティング用語として用いられている

経済マーケティング分野で用いられる「ニッチ」とは、おおむね「大資本が手につけなかったような隙間市場」を意味する。つまり「ニッチ市場」である。ちなみに英語でもニッチ市場niche market)という表現は用いられる

ニッチ市場は、市場中において一般的ではなく客層需要特定の方面に限られている小規模市場である。市場規模がどうしても小さく収益性は低い。潜在的需要開拓する必要もあり、それでも需要規模拡大には限りがある。こうしたニッチ分野には大企業参入したがらない。

大企業資本力に物を言わせて収益性大き大規模市場事業を行おうとする。 顧客需要ニーズ)は多種多様であるが、小規模需要ひとつひとつ拾い上げて対応しようとする方針では、投資見合った収益が得られるとは限らない。大企業は、小規模市場へ参入消極的にならざるを得ない

市場シェアが最も多い企業マーケットリーダー)は、大多数受け入れられ必要とされるニーズを狙う。2番手、3番手企業大多数ニーズ応えるために競争をする。その結果小規模ニーズ取り残されることになる。そのため、潜在的需要はあるものの大企業が手をつけてこなかった「市場スキマ」が生まれる。そうしたスキマ中小企業生き残りをかけて参入する。

ニッチな産業分野には、規模こそ少ないものの需要が高い(待ち望まれている)場合もある。価格相対的に高くなっても対価を払う顧客がいる、という場合珍しくない

大企業が手をつけなかった分野需要開拓がなされていない分野着目して戦略的に狙うことを「ニッチ戦略もしくはニッチマーケティング」という。こうした隙間市場に目をつけていち早く参入した企業は、他社競争による体力消耗もなく、円滑事業の展開を図りやすい。

ニッチ戦略によって提供されるサービス商品は「ニッチ商品」「ニッチサービス」と呼ばれるまた、こうした商品サービス提供するビジネスが「ニッチ産業」「ニッチビジネス」などと呼ばれる

ニッチ戦略によって成功収めている企業は多い。たとえばコンビニエンスストアも「営業時間長さ」や「立地条件」といった要素において潜在的需要喚起し、つまりニッチを突くことによって、スーパーマーケット既存小売店よりも高め価格設定ながら、他を出し抜く成長遂げたわけである。



ニッチ

英語:niche

「ニッチ(英: niche)」とは「隙間」(すきま)を指す意味で用いられる語である。一般的には、マーケティング分野における隙間市場隙間産業の意味で用いられることが多い。要は需要市場規模)が小さく競合強大な競争相手)がいないような「穴場」のことである。

【ニッチの語源
ニッチというカタカナ語は英語の「niche」に由来する。もともとはフランス語で、「巣窟」や「避難所」といった意味の語である(英語のnestに相当する)。英語のniche語源仏語nicheであるが。仏語nicheは「ニーシュ」に近い発音である。英語のniche発音は「ニッチ」に近い。

【ニッチの種類
ニッチはもともとは建築物内壁凹部を指す語である。日本語では「壁龕」ともいう。ニッチは西洋建築における飾り棚一種であり、花瓶を置いたり、聖像や聖画を安置したり、あるいは間接照明に用いられたりする。

生物学においては特定の種が生態系の中で位置している(占めている)位置役割をニッチという。日本語では「生態的地位」ともいう。

マーケティング分野では、趣向需要特定方面特化していて、既存市場がうまく需要応えきれていない取りこぼしている)ような分野指してニッチということが多い。このようなすきま的な分野需要規模小さく資本力のある大手企業参入したがらない。需要があること自体まだ気づかれていない、という場合もある。

産業分野におけるニッチは「ニッチ産業」といい、産業などにおけるニッチな市場を「ニッチ市場」、ニッチ市場開拓していくマーケティング戦略を「ニッチ戦略」という。

マーケティング戦略におけるニッチは、たいていの文脈では「すきま」の意味で用いられているが、生物学における「生態的地位」になぞらえた意味で用いられる場合あり得る生態的地位なぞらえ捉えられるニッチとは、市場における自社立ち位置棲み分け意識したマーケティング戦略のようなものと解釈できる。

マーケティング関連話題以外にも、マイナーマニアック趣味嗜好を「ニッチな」と形容する場合がある。

ニッチ【niche】

[名・形動

西洋建築で、厚みのある壁をえぐって作ったくぼみ部分彫像花瓶などを置く。壁龕(へきがん)。

ある生物生態系の中で占め位置生態的地位ニッチェ

トンネルなどのわきに設けられる非常用退避空間

《すきまの意》市場で、大企業進出しない小規模分野。また一般に、普通に気づきにくいところ。「ニッチ産業」「ニッチな趣味


ニッチ

英語 niche

適所競争激化している成熟マーケットにあって、競合他社が狙わない隙間のこと。そういう市場ニッチマーケットという。自動車メーカープラットホーム共用化コンピューター化された車両開発システムなどにより、ニッチ商品づくりはやりやすくなっている。近年クロスオーバー商品ブームは、こうした背景反映している。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ニッチ

壁面に作った窪み飾り棚
ニッチ


ニッチ〈niche〉

壁の一部アーチ型などにへこませて、装飾用のをつくった空間ログハウスでは、漆喰壁につくるのが一般的だが、丸太をくりぬいたニッチも楽しい。

ニッチ

【英】:niche

特にイタリア式庭園見られ庭園意匠で,壁を抉ったようにつくられた凹部空間のこと。この部分には彫刻が置かれたり飾り鉢やベンチ,または噴出す装置設けられる場合もある。

ニッチ

同義/類義語:生態的地位
英訳・(英)同義/類義語:niche, ecological niche

ある生物種生息している特別な環境

ニッチ

名前 NicciNittiNitzsch

ニッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 01:56 UTC 版)

ニッチ: nicheフランス語読み:ニーシュ)は、生物学では生態的地位を意味する。1つの種が利用する、あるまとまった範囲の環境要因のこと[1]


  1. ^ Pocheville, Arnaud (2015). “The Ecological Niche: History and Recent Controversies”. In Heams, Thomas; Huneman, Philippe; Lecointre, Guillaume et al.. Handbook of Evolutionary Thinking in the Sciences. Dordrecht: Springer. pp. 547–586. ISBN 978-94-017-9014-7. https://www.academia.edu/6188833/The_Ecological_Niche_History_and_Recent_Controversies 


「ニッチ」の続きの解説一覧

ニッチ

出典:『Wiktionary』 (2019/11/20 22:46 UTC 版)

語源

英語 niche音写

発音

に↘っち

名詞

ニッチ

  1. 西洋建築において、壁を窪めた部分彫刻花瓶などを飾ったり、噴水設けたりする。壁龕
  2. ある生物生態系内での地位ニッチェ生態的地位
  3. トンネルの脇に設けられた非常用退避空間
  4. 隙間比較小規模であまり注目されていないが有望な市場特定市分野



ニッチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニッチ」の関連用語

ニッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2021.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2021 All rights reserved
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのニッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS