隙間産業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 隙間産業の意味・解説 

隙間産業


すきま‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【隙間産業/透(き)間産業】

読み方:すきまさんぎょう

大企業などが進出しない専門的小規模市場や、これまで注目されていなかった分野に着目進出しまた、新し販路開発するなどして生み出され産業のこと。ニッチ産業


ニッチ市場

(隙間産業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 23:43 UTC 版)

ニッチ市場ニッチしじょう: niche market)とは市場全体の一部を構成する特定のニーズ(需要、客層)を持つ規模の小さい市場のこと。狭義には、その中でも商品サービスの供給・提供が行われていない市場とされる。隙間市場すきましじょうともいう。


  1. ^ “Niche Market.” Business: The ultimate resource. (2002). Cambridge, Mass: Perseus Publications:1294.


「ニッチ市場」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隙間産業」の関連用語

隙間産業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隙間産業のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニッチ市場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS