米国内とは? わかりやすく解説

米国内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 08:48 UTC 版)

シェイク・シャック」の記事における「米国内」の解説

2010年シアター・ディストリクトアッパー・イースト・サイド出店した。アッパー・イースト・サイド出店し最大の理由として厳し時代時に凋落し都市型ショッピング地区である東86通り復興する見通しているが、場所があって出店して近隣住民曰く良いことはない...薄汚く荒廃していて...目障りな場合が多い」という。 2011年7月メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティとの契約成立しグランド・セントラル駅地下階出店することが決まった。しかし、このプロジェクトテナントいっぱいでシェイク・シャック出店する余地出てこないことで遅延しメキシコ料理店ソカロ(Zócalo)は賃貸契約終了後退去拒否し入札過程(駅の商業スペース)に不正が有る」という理由で訴訟起こした。この訴訟却下されたもののソカロ控訴、しかし2012年10月ソカロ連邦倒産法第11章申請した2013年5月初めにソカロ退去しシェイク・シャック10月5日ビジネスパーソン向けの店舗出店した。 2010年マイアミビーチ近郊地域であるサウスビーチ(英語版)にニューヨーク市初の出店果たした2014年8月までに、ワシントンD.C.ニュージャージー州ラスベガス2014年12月現在)、コネチカット州ペンシルベニア州フロリダ州ジョージア州マサチューセッツ州ニューヨーク州出店している。

※この「米国内」の解説は、「シェイク・シャック」の解説の一部です。
「米国内」を含む「シェイク・シャック」の記事については、「シェイク・シャック」の概要を参照ください。


米国内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 03:20 UTC 版)

メインストリーム」の記事における「米国内」の解説

ヨーロッパプロテスタントの信徒迫害から逃れるためにアメリカ合衆国さかんに移住した結果同国ではプロテスタントの数的比率圧倒的に増えたその代わりにカトリック比率小さい)という歴史的背景があるのだが)アメリカ合衆国内に限って着目すると、米国のメインストリーム・プロテスタントは「メインライン・プロテスタント」と呼ばれている(「メインライン・プロテスタント」の記事立てられているので参照可)。

※この「米国内」の解説は、「メインストリーム」の解説の一部です。
「米国内」を含む「メインストリーム」の記事については、「メインストリーム」の概要を参照ください。


米国内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 23:59 UTC 版)

アメリカ同時多発テロ事件」の記事における「米国内」の解説

1機目が突入したニューヨーク時間アメリカ東部夏時間8時46分はテレビ各局が朝のニュースショーなどの最中でCNN8時49分からABCCBSなど他のテレビ局8時50分前後から特別報道番組開始ロウアー・マンハッタンWTC所在地方面を向く情報カメラ報道ヘリコプター建物の様子を伝え始めたこの時点では「小型機ビル誤って衝突した事故」と報じるものが多かったが、中継最中9時3分ツインタワー南棟ユナイテッド航空175便突入した。2機目の突入以降、各テレビ局テロ可能性が高い論調変えることになったその後9時30分ブッシュ大統領演説各局中継されるその後ツインタワー炎上崩壊アメリカン航空77便ペンタゴン攻撃93便の墜落報道されたのは墜落してから30分以上たってからだった)など事態続き報道週末16日日曜日深夜まで休むことなく続いた。特にネットワーク3局の夕方ニュースアンカー最長で1日17時間にわたって伝え続けたこの週新番組始ま時期だったので、軒並み放送順延され、内容変更強いられた番組もあった。 また、国外向け放送局であるCNBCヨーロッパ/アジア向け、本部は米国内)やCNNインターナショナルでも、本来あまり放送されない国内向け放送全編放送し続けた

※この「米国内」の解説は、「アメリカ同時多発テロ事件」の解説の一部です。
「米国内」を含む「アメリカ同時多発テロ事件」の記事については、「アメリカ同時多発テロ事件」の概要を参照ください。


米国内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 11:42 UTC 版)

「テロリズム」記事における「米国内」の解説

1995年4月には米国オクラホマシティにある連邦政府ビル爆破されという事件(オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件)が起きた犯人アメリカ陸軍軍歴を持つアイルランド系白人青年であった2001年9月-10月には米国炭疽菌テロ事件起きた米国白人科学者犯人として逮捕された。2001年アメリカ同時多発テロ事件起きると、時の大統領ジョージ・W・ブッシュは「対テロ戦争」を宣言し米国愛国者法施行手始めに徹底的な策を打ち始めた。これはアフガニスタン紛争 (2001年-)つながった同時多発テロ後のNSAによる全世界インターネット通信監視開始 実はそれ以前からアメリカ国家安全保障局NSA)は、米国外インターネット経由通信当たり前のように監視していたが、ウォーターゲート事件大統領が国民の通信監視し悪用したことを教訓に自国民監視二度とさせないためにアメリカ合衆国憲法規定によって、この同時多発テロ事件までは米国内の(米国市民同士の)ネット通信だけは裁判所許可なしに監視することはできない取り決めになっていたのだが、この事件をきっかけにして「テロ対策」の範囲拡大解釈して、米国内のインターネット通信まで、裁判所許可なしにすっかりまるごと丸見えの状態で監視する、という、(はっきり言えば米国憲法違反のしくみを作り上げてしまった。だが、外部向かって言葉巧みに表現置き替えて、あたかも匿名性保ちわずかな情報しか収集しないかのように嘘の説明をし、問題ないシステムのようにごまかして説明したため、実際には強力な監視システム存在できてしまうことはNSA中枢部数名と、ごく一部NSA技術者と、米国大統領くらいし知らなかった結局NSAインターネット網のほとんどが米国経由であることを利用し米国から見た外国人も、さらに米国人含めて大量の通信内容を、全てまるごと監視するようなしくみを作り上げたのである。が、やがて一部の人がその不法なしくみが存在することに気付きはじめ、新聞社などに告発したが、ブッシュ政権などの圧力もみ消されてしまった。結局、その告発とは別にNSA日本支部で、渋谷存在する隠れ蓑的なインターネット通信企業にも勤務していたことのあるNSAの若い技術者エドワード・スノーデン独自にその不法なシステム存在気づき別の新聞社記者に対してその情報教え告発したことで、米国NSAによる全世界インターネット通信に対する監視システム存在世界的に明るみ出て世界中人々の知るところとなり、世界的に大問題になった詳細は「PRISM (監視プログラム)を参照 ホームグロウン・テロリズム 2009年から2010年にかけて起こった未遂を含む米国標的にしたテロ事件は、当局訴追した内の約4割が米国民だったことが明らかになっている。家庭の崩壊貧困差別など米国社会かかえている諸問題によって疎外感を覚えている若者らが、インターネット上交流サイトなどを通じて過激思想染まりテロ起こす、「ホームグロウン・テロリズム」(地元育ちテロリスト)が脅威となっている。 2013年4月にはボストンマラソン爆弾テロ事件起きた犯人米国に住む兄弟でありテロ組織構成員ではなかった。

※この「米国内」の解説は、「テロリズム」の解説の一部です。
「米国内」を含む「テロリズム」の記事については、「テロリズム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「米国内」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

米国内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



米国内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシェイク・シャック (改訂履歴)、メインストリーム (改訂履歴)、アメリカ同時多発テロ事件 (改訂履歴)、テロリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS