NSAとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 協会 > NSAの意味・解説 

米国家安全保障局

別名:NSA、アメリカ国家安全保障局
英語:National Security Agency

米国政府属す諜報機関本部米国メリーランド州陸軍基地内に位置する世界各地関連施設擁するといわれており、その中には航空自衛隊三沢基地含まれているとされる膨大な予算人員有しているとされるが、それらの詳細公表されていないまた、組織存在自体長年の間秘匿されてきた。

米国家安全保障局は暗号セキュリティ関連の技術開発などを行うとともに大規模な通信傍受施設データベース利用した国内外情報通信収集分析行っているといわれている。個人情報収集を含む同局諜報活動は、主に「テロ対策」を名目として正当化されてきた。しかし、2013年元職員エドワード・スノーデン氏の告発きっかけとして同局職権踰越するサイバースパイ行為行っていたことが次々に明らかになった。

従来、米国家安全保障局は「エシュロン」という大規模な通信傍受システム運営してきたといわれてきたが、米国政府はそれを公的に認めていなかった。しかし、2013年6月の「ガーディアン」紙および「ワシントン・ポスト」紙の報道によると、同局は「プリズムPRISM)」とよばれるシステム運用し米国経由する海底ケーブルからの情報窃取IT企業などの通信網からの情報収集などを行っていたとされている

プリズム収集対象には個人通話電子メールなども含まれていたという疑惑があり、同局行為プライバシー侵害にあたるとして、2013年11月現在、米国国内中心に批判の声高まっている。また、プリズム利用した諸外国要人大使館への盗聴行為明らかになり、日本フランスドイツなどの同盟国もその対象として挙げられている。

エヌ‐エス‐エー【NSA】

読み方:えぬえすえー

National Security Agency米国国家安全保障局国防総省情報機関1952年創設本部メリーランド州フォートジョージミード。


エヌ‐エス‐エー【NSA】


エヌ‐エス‐エー【NSA】


エヌ‐エス‐エー【NSA】

読み方:えぬえすえー

消極的安全保証


NSA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 04:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

NSA

組織・団体名

その他



NSA (National Security Agency)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 15:30 UTC 版)

メタルギアシリーズの用語一覧」の記事における「NSA (National Security Agency)」の解説

国家安全保障局国防総省直下諜報機関で、CIAとは対照的にシギント用いた情報収集対外工作を行う。1952年国家安全保障会議決議に基づき設置された。なお、日本神奈川県の上瀬谷通信施設は、冷戦期にNSAの通信施設として運用されていたが、同施設勤務していた2名の暗号解読EVAADAM1960年ソ連亡命している。

※この「NSA (National Security Agency)」の解説は、「メタルギアシリーズの用語一覧」の解説の一部です。
「NSA (National Security Agency)」を含む「メタルギアシリーズの用語一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの用語一覧」の概要を参照ください。


NSA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 02:37 UTC 版)

CHUCK/チャック」の記事における「NSA」の解説

ダイアン・ベックマン将軍 演 - ボニータ・フリーデリシー吹替 - 定岡小百合 ケイシーの上官で、チャック護衛任務指揮官職務忠実で時に非情な命令下す一方で、彼女個人としてチャックサラ恋愛応援している将官地位あるようだが、具体的なことは不明過去に伝説スパイのローン・モンゴメリーと私的な交流があり、彼が登場する話では珍しく私情顕にした。数年一度の割合秘密の逢瀬楽しんでいるらしく、その度毎に世界激動起こと言われている。

※この「NSA」の解説は、「CHUCK/チャック」の解説の一部です。
「NSA」を含む「CHUCK/チャック」の記事については、「CHUCK/チャック」の概要を参照ください。


NSA( 国家安全保障局)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 09:07 UTC 版)

EX-ARMエクスアーム」の記事における「NSA( 国家安全保障局)」の解説

(National Security Agency:NSA)は、アメリカ国防総省諜報機関である。

※この「NSA( 国家安全保障局)」の解説は、「EX-ARMエクスアーム」の解説の一部です。
「NSA( 国家安全保障局)」を含む「EX-ARMエクスアーム」の記事については、「EX-ARMエクスアーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「NSA」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「NSA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



NSAと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

NSAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NSAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
外務省外務省
Copyright©: 2022 Ministry of Foreign Affairs of Japan
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.nsaの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNSA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメタルギアシリーズの用語一覧 (改訂履歴)、CHUCK/チャック (改訂履歴)、EX-ARMエクスアーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS