炭疽菌とは?

炭疽菌

読み方:たんそきん
別名:炭そ菌Bacillus anthracis

炭疽病もたらす桿菌炭疽病症状皮膚現れると、黒い(炭に似た)かさぶたができることから「炭疽」の名がある。

炭疽菌は主に野生動物の間で感染し、動物媒介してヒト感染することもある(人獣共通感染症である)。ヒトからヒトには感染しない。炭疽菌の感染経路によって主な症状に差があるが、いずれも死の危険性が高い。特に、大気中に飛散した炭疽菌を、呼吸により肺へ侵入させてしまった場合、適切に治療が行われなければ90パーセント死亡するとされる

炭疽菌は生物兵器としての利用都合のよい特性備えており、生物兵器利用危惧されている。米国ではテロ事件に炭疽菌が使用され数名が死に至った事件発生している。

【炭疽菌】(たんそきん)

Bacillus anthracis

好気性のグラム陽性桿菌で、長さは4~8μ、幅は1~1.5μと病原菌のうちでは最大桿菌

すでに数えきれないほど発見されている病原微生物のうち、最初に発見されたもので、炭疽症引き起こす
栄養温度などの環境が悪い状態に置かれたり毒性を示す化合物接触すると、「芽胞」とよばれるきわめて耐久性が高い細菌構造をつくることが特徴
これにより、乾燥状態でも10年上生存する
また、生体内増殖した周囲には厚い「莢膜(きょうまく)」とよばれる細胞壁外側位置する被膜状の構造物があり、加熱日光消毒剤などに強い抵抗性を示すため、汚染されたものはすべて焼却するか、塩素剤やヨード剤などを使って徹底的消毒を行わねばならない

炭疽症

anthrax.
上記の炭疽菌によって引き起こされる感染症で、羊やヤギなどの家畜野生動物引き起こす感染症だが、ヒトにも感染する人獣共通感染症である。
そのため第二次世界大戦前の日本では輸入した獣毛皮革を扱う加工業者や、肥料用の輸入骨粉を用いた農業従事者多く感染がみられ、現在ではテロ以外ではおもに家畜接す機会が多い獣医食肉処理場従業者酪農家などが数人感染する程度

ヒトへは感染動物との接触やその動物毛皮や肉から感染するが、ヒトからヒトへの感染はしない。
ヒト場合感染症予防・医療法(感染症法)で4類感染症分類される。

この炭疽症感染経路によって3つの炭疽症分類される。

生物兵器への転用

生物兵器への利用が可能な病原体には「短期間致命的感染症起こす」「ヒトからヒトへと伝染しない」「有効な治療薬ワクチンがあり、兵器として使った後で環境修復が容易」という性質が特に重要視される。

炭疽菌は、もしもアメリカ首都ワシントン上空空中にばら撒いた場合13から300万人死者が出るほどの強い毒性を持つが、ヒトからヒトへの伝染はしない。
ワクチンについても弱毒性のを用いる弱毒生ワクチン初め開発されている。
また培養比較的簡単なため、第二次世界大戦期から各国軍事機関によって生物兵器としての応用積極的に研究された細菌のひとつだった。

しかし、研究により特性明らかになるにつれ、芽胞形成土壌汚染半永久的に続くため、使用した後の土地への移入ができなくなり、ワクチン効力が十分とはいえないという欠点明らかになったため、戦争では公式な実戦投入行われなかった。

しかし、2001年アメリカ炭疽菌事件実際に使用されたことをきっかけに、生物テロ利用される危険性注目され、現在重要視されている。
日本でも1993年東京江東区亀戸オウム真理教新東京本部付近で肉が腐ったような異臭が漂う事件発生した。
この事件真相1995年教団強制捜査にともない生物兵器テロ未遂事件であったことが明らかになり、教団トップ麻原彰晃が炭疽菌による無差別テロ部下に命じ、培養
そして噴霧装置新東京本部屋上設置され、前後2回にわたり噴霧された。
しかし装置噴射圧力が高すぎたために死滅結果1人感染者も出さずに臭いだけが止まったというもの。(亀戸異臭事件

現在、米国疾病センターはこの炭疽菌と天然痘とりわけ注意を払っており、日本では「バイオセーフティーレベルBSL)」のレベル3病原体分類され、また研究施設での使用保管状況が厳重に監視されている。


炭疽菌 [Bacillus anthracis]

 炭疽菌は、1876年ローベルト・コッホRobert Koch)が人類史初め分離成功した細菌学史上最も重要な細菌一つです。炭疽病は、代表的な人共通伝染病で、家畜野生草食動物伝染病である。ヒトは、この病気に罹った動物やそれらの皮、毛や排泄物接触して創傷感染皮膚感染し、皮膚炭疽吸入炭疽などに罹る
フランスパスツールは、炭疽菌を液体培地で何代も継代して、病原性弱くした(弱毒生)を作製し、これをワクチンとして予防接種使用した。このグラム陽性バシラス属含まれる桿菌で、芽胞を持つ通性嫌気性菌で、比較大型で、広く土壌などの環境中に分布している。

炭疽菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/30 09:07 UTC 版)

炭疽菌(たんそきん、Bacillus anthracis)は、炭疽(症)病原体となる細菌。病気の原因になることが証明された最初の細菌であり、また弱毒性の菌を用いる弱毒生菌ワクチンが初めて開発された、細菌学上重要な細菌である。第二次世界大戦以降、生物兵器として各国の軍事機関に研究され、2001年にはアメリカ炭疽菌事件で殺人に利用された。


注釈

  1. ^ 莢膜がなく、マクロファージに侵食されるため。

出典

  1. ^ 「サリン事件の真実」アンソニー・トゥー著、新風舎2005年
  2. ^ Britain's 'Anthrax Island'”. BBC (2001年7月25日). 2017年2月24日閲覧。
  3. ^ 山内一也「人獣共通感染症連続講座」第79回(1999)
  4. ^ 井上尚英「あの日スヴェルドロフスクで何がおこったか」日本医事新報 4043, 55-58, 2001





炭疽菌と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炭疽菌」の関連用語

炭疽菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



炭疽菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2019 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炭疽菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS