プロテアーゼとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 酵素 > プロテアーゼの意味・解説 

プロテアーゼ【protease】


プロテアーゼ


タンパク質分解酵素

同義/類義語:タンパク質分解酵素, プロテアーゼ
英訳・(英)同義/類義語:proteoiytic enzyme, protease

タンパク質ペプチド結合加水分解する酵素総称消化液含まれるほか、微生物分泌するものも知られ折り洗剤など工業的に利用されている。

プロテアーゼ

Protease

【概要】 蛋白分解酵素のこと。蛋白多数アミノ酸ペプチド結合をした物質HIV構造酵素作る蛋白も、始めはアミノ酸一列並んだ未成熟なもの。これを切りそろえ成熟した蛋白にする“はさみ”の役割がプロテアーゼである。 

補足HIVプロテアーゼは左右対称ダイマーの形をしている。真ん中ポケット活性アルギニン中心がある。耐性変異はこのまわりアミノ酸置換起こった場合が多い。

《参照》 プロテアーゼ阻害剤


プロテアーゼ(ぶろてあーぜ)


プロテア-ゼ

蛋白分解酵素の事。この活性があると生地ガス保有力は増加するパイン等に含まれ、パインチップ等では、この蛋白分解酵素残存している状態でパン等に使用する膨れないパンになってしまう。

プロテアーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 15:41 UTC 版)

プロテアーゼ (protease)は、タンパク質をより小さなポリペプチドや単一のアミノ酸への分解触媒する (速度を上げる) 加水分解酵素の総称である。ペプチダーゼ (peptidase) やプロテイナーゼ(proteinase)とも呼ばれる。それらは、水が反応して結合を壊す加水分解によってタンパク質内のペプチド結合を切断する。プロテアーゼは、摂取したタンパク質の消化、タンパク質の異化作用 (古いタンパク質の分解)、細胞シグナル伝達など、多くの生物学的機能に関与している[1][2]


  1. ^ a b King, John V.; Liang, Wenguang G.; Scherpelz, Kathryn P.; Schilling, Alexander B.; Meredith, Stephen C.; Tang, Wei-Jen (2014-07-08). “Molecular basis of substrate recognition and degradation by human presequence protease”. Structure 22 (7): 996–1007. doi:10.1016/j.str.2014.05.003. ISSN 1878-4186. PMC 4128088. PMID 24931469. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4128088/. 
  2. ^ a b Shen, Yuequan; Joachimiak, Andrzej; Rosner, Marsha Rich; Tang, Wei-Jen (2006-10-19). “Structures of human insulin-degrading enzyme reveal a new substrate recognition mechanism”. Nature 443 (7113): 870–874. doi:10.1038/nature05143. ISSN 1476-4687. PMC 3366509. PMID 17051221. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3366509/. 
  3. ^ “Rates of Uncatalyzed Peptide Bond Hydrolysis in Neutral Solution and the Transition State Affinities of Proteases”. JACS 118 (26): 6105–6109. (July 1996). doi:10.1021/ja954077c. 
  4. ^ Oda, Kohei (2012). “New families of carboxyl peptidases: serine-carboxyl peptidases and glutamic peptidases”. Journal of Biochemistry 151 (1): 13–25. doi:10.1093/jb/mvr129. PMID 22016395. 
  5. ^ “Evolutionary families of peptidases”. The Biochemical Journal 290 ( Pt 1) (Pt 1): 205–18. (February 1993). doi:10.1042/bj2900205. PMC 1132403. PMID 8439290. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1132403/. 
  6. ^ a b “Asparagine peptide lyases: a seventh catalytic type of proteolytic enzymes”. The Journal of Biological Chemistry 286 (44): 38321–8. (November 2011). doi:10.1074/jbc.M111.260026. PMC 3207474. PMID 21832066. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3207474/. 
  7. ^ a b “MEROPS: the peptidase database”. Nucleic Acids Res. 38 (Database issue): D227–33. (January 2010). doi:10.1093/nar/gkp971. PMC 2808883. PMID 19892822. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2808883/. 
  8. ^ Mitchell, Richard Sheppard; Kumar, Vinay; Abbas, Abul K.; Fausto, Nelson (2007). Robbins Basic Pathology (8th ed.). Philadelphia: Saunders. pp. 122. ISBN 978-1-4160-2973-1 
  9. ^ 「プロテアーゼ」、『岩波生物学辞典』第4版、岩波書店、1996年。
  10. ^ “Does trypsin cut before proline?”. Journal of Proteome Research 7 (1): 300–5. (January 2008). doi:10.1021/pr0705035. PMID 18067249. 
  11. ^ “A tobacco etch virus protease with increased substrate tolerance at the P1' position”. PLOS One 8 (6): e67915. (2013-06-24). doi:10.1371/journal.pone.0067915. PMC 3691164. PMID 23826349. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3691164/. 
  12. ^ “Plant proteases: from phenotypes to molecular mechanisms”. Annual Review of Plant Biology 59: 191–223. (2008). doi:10.1146/annurev.arplant.59.032607.092835. PMID 18257708. http://pubman.mpdl.mpg.de/pubman/item/escidoc:1221609/component/escidoc:1221608/vanderhoorn_ann_rev_plant_biol_2008.pdf. 
  13. ^ “Senescence-dependent degradation of Lhcb3 is mediated by a thylakoid membrane-bound protease”. Journal of Plant Physiology 161 (10): 1157–70. (October 2004). doi:10.1016/j.jplph.2004.01.006. PMID 15535125. 
  14. ^ “Nitrogen Starvation Promotes Biodegradation of N-Heterocyclic Compounds in Soil”. Soil Biology & Biochemistry 38 (8): 2478–2480. (2006). doi:10.1016/j.soilbio.2006.01.006. https://naldc-legacy.nal.usda.gov/naldc/download.xhtml?id=6863&content=PDF. 
  15. ^ “Proteolytic activity under nitrogen or sulfur limitation”. Appl. Soil Ecol. 568: 1–5. (2002). 
  16. ^ Tong, Liang (2002). “Viral Proteases”. Chemical Reviews 102 (12): 4609–4626. doi:10.1021/cr010184f. PMID 12475203. 
  17. ^ “Viral proteases as targets for drug design”. Current Pharmaceutical Design 19 (6): 1126–53. (2013). doi:10.2174/13816128130613. PMID 23016690. 
  18. ^ “Improving Viral Protease Inhibitors to Counter Drug Resistance”. Trends in Microbiology 24 (7): 547–557. (July 2016). doi:10.1016/j.tim.2016.03.010. PMC 4912444. PMID 27090931. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4912444/. 
  19. ^ Barrett, Alan J; Rawlings, Neil D; Woessnerd, J Fred (2004). Handbook of proteolytic enzymes (2nd ed.). London, UK: Elsevier Academic Press. ISBN 978-0-12-079610-6 
  20. ^ Proteases in biology and medicine. London: Portland Press. (2002). ISBN 978-1-85578-147-4 
  21. ^ Feijoo-Siota, Lucía; Villa, Tomás G. (28 September 2010). “Native and Biotechnologically Engineered Plant Proteases with Industrial Applications”. Food and Bioprocess Technology 4 (6): 1066–1088. doi:10.1007/s11947-010-0431-4. 
  22. ^ “A genomic perspective on human proteases as drug targets”. Drug Discovery Today 6 (13): 681–688. (July 2001). doi:10.1016/s1359-6446(01)01793-7. PMID 11427378. 


「プロテアーゼ」の続きの解説一覧

プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 14:32 UTC 版)

ナシ」の記事における「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)」の解説

消化助けたり肉料理において肉を柔らかくしたりする効果がある

※この「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)」の解説は、「ナシ」の解説の一部です。
「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)」を含む「ナシ」の記事については、「ナシ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プロテアーゼ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プロテアーゼ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プロテアーゼと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロテアーゼ」の関連用語

プロテアーゼのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロテアーゼのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2023, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2023 Japan Sake Brewers Association
イシハライシハラ
Copyright (C) 2023 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロテアーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS