補体とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 補体の意味・解説 

補体

英訳・(英)同義/類義語:C, complement

血清中に存在するタンパク群で、抗体働き助け標的細胞破壊することから補体とよばれる

補体(Complement、略号=C)

動物血清中の約20種類蛋白構成される物質遺伝的な欠損症の研究もとづき補体第1成分C1)から第9成分C9)まで分類されている。補体系抗体細菌成分によって刺激されると連鎖反応起こし食細胞機能増強抗原抗体結合強化リンパ球からの活性物質放出促進、あるいは細菌溶解など多彩な働きをする。最近研究から、異種移植で起こる超急性拒絶反応でも補体系が重要な役割をはたしているといわれる

補体 [Complement(s)]

 ヒツジ赤血球(抗原)で免疫して得られた抗血清(抗体)と、ヒツジ赤血球反応させると溶血現象みられるが、その抗血清加熱処理(非働化:56゚C,30分)すると溶血しない。しかし、新鮮な正常無処理血清加えると再び溶血する。この現象溶血をおこすには抗体のほかに、正常血清中に含まれている他の因子が必要であることを示しており、その溶血に必要な因子を補体と名づけられた。補体はC1,C2,C3,C4,C5,C6,C7,C8 ,C9タンパク質9成分から成っている。また、補体の各成分細胞破壊作用のほかに種々の炎症媒介病原体貪食促進作用など生体の防御に重要な役割果していることが明らかにされつつある。補体の活性化抗原-抗体複合物によって引きおこされる古典経路と、その他の種々の物質によって活性化される第二経路がある。

補体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 20:46 UTC 版)

補体:Complement)とは、生体が病原体を排除する際に抗体および貪食細胞を補助する免疫システム (補体系) を構成するタンパク質である。補体系は自然免疫に属しており、獲得免疫系のように変化することない。


  1. ^ a b Janeway CA Jr., Travers P, Walport M, Shlomchik MJ (2001). Immunobiology. (5th ed. ed.). Garland Publishing. (via NCBI Bookshelf) ISBN 0-8153-3642-X. 
  2. ^ Goldman AS, Prabhakar BS (1996). The Complement System. in: Baron's Medical Microbiology (Baron S et al, eds.) (4th ed. ed.). Univ of Texas Medical Branch. (via NCBI Bookshelf) ISBN 0-9631172-1-1. 
  3. ^ Dragon-Durey MA, Fre'meaux-Bacchi V (2005). “Atypical haemolytic uraemic syndrome and mutations in complement regulator genes”. Springer Semin. Immunopathol. 27 (3): 359--74. doi:10.1007/s00281-005-0003-2. PMID 16189652. 
  4. ^ Zipfel PF, Misselwitz J, Licht C, Skerka C (2006). “The role of defective complement control in hemolytic uremic syndrome”. Semin. Thromb. Hemost. 32 (2): 146--54. doi:10.1055/s-2006-939770. PMID 16575689. 
  5. ^ Mooijaart SP, Koeijvoets KM, Sijbrands EJ, Daha MR, Westendorp RG (2007). “Complement Factor H polymorphism Y402H associates with inflammation, visual acuity, and cardiovascular mortality in the elderly population at large”. Experimental Gerontology 42: 1116. doi:10.1016/j.exger.2007.08.001. PMID 17869048. 
  6. ^ Bolger MS, Ross DS, Jiang H, Frank MM, Ghio AJ, Schwartz DA, Wright JR, Complement Levels and Activity in the Normal and LPS-Injured Lung, American Journal of Physiology: Lung Cellular and Molecular Physiology. 2006 Oct 27; PMID 17071722
  7. ^ Datta PK, Rappaport J, HIV and Complement: Hijacking an immune defence, Biomedicine and Pharmacotherapy, 2006 Nov; 60(9):561-568 PMID 16978830




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「補体」の関連用語

補体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



補体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2020 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの補体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS