補佐司教とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 補佐司教の意味・解説 

補佐司教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 06:51 UTC 版)

補佐司教(ほさしきょう、ラテン語: episcopus auxiliaris, 英語: auxiliary bishop)は、カトリック教会教区において、その司牧上必要があると思われる場合に、司教の要請によって1名または数名置くことができる、当該教区の司教を補佐する司教のこと。教会法上、補佐司教は司教座が空位になった際に継承権を有しない(教会法403条1項)点が、継承権を有する協働司教英語: coadjutor bishop)と異なる[1]。また重大な事情があれば、特別の権限を付与された補佐司教を教区司教に与えることができる(教会法403条3項)。


  1. ^ 東京大司教区に補佐司教任命(補佐司教と協働司教についての説明を含む)(日本語)
  2. ^ 教皇、幸田司教の退任願いを受理


「補佐司教」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

補佐司教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



補佐司教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの補佐司教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS