結膜炎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 結膜炎 > 結膜炎の意味・解説 

けつまく‐えん【結膜炎】

結膜炎症総称細菌ウイルスの感染アレルギーによって起こる。症状結膜充血目やに・涙の増加濾胞(ろほう)・偽膜形成など。


けつまく‐えん【結膜炎】

〔名〕 結膜炎症結膜が赤く腫(は)れ、目やにがでるほか、眼痛目のかゆみなどがある。細菌・ウイルス感染アレルギー物理的化学的刺激などを原因とする。急性慢性とがある。〔医語類聚(1872)〕


結膜炎

【仮名】けつまくえん
原文conjunctivitis

結膜(まぶたの内側白眼部分を覆っている膜)が炎症起こす感染している状態。「pinkeye伝染性結膜炎)」とも呼ばれる

結膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 17:10 UTC 版)

結膜炎(けつまくえん、Pink eye)とは、結膜にできる炎症のことをいう。なお、慢性化した結膜炎を「慢性結膜炎」ということもある。


  1. ^ ウイルス性結膜炎 日本眼科学会
  2. ^ アレルギー性結膜疾患 日本眼科学会
  3. ^ a b c d e f g 岡本 茂樹. “第2章 結膜炎の鑑別診断”. 日本眼科学会. 2019年11月8日閲覧。
  4. ^ 大石正夫、宮尾益也、阿部達也、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) 眼感染症の現状と対策 環境感染 1998年 13巻 4号 p.255-257, doi:10.11550/jsei1986.13.255
  5. ^ 笠松容子、西島麻衣子、後藤晋、『ニューキノロン抵抗性淋菌による角結膜炎の1例』 Journal of the eye 20(5), 665-668, 2003-05-30, NAID 10017016819
  6. ^ 小山恵子、中會奈美、宮崎大 ほか、『50歳代女性に発症したレボフロキサシン耐性淋菌性結膜炎の1例』 Journal of the eye 20(5), 661-663, 2003-05-30, NAID 10017016807
  7. ^ a b フリクテン性角結膜炎MSDマニュアル家庭版
  8. ^ 小出良平、花粉症によるアレルギー性結膜炎 昭和医学会雑誌 Vol.59 (1999) No.1 P5-7, doi:10.14930/jsma1939.59.5


「結膜炎」の続きの解説一覧

結膜炎

出典:『Wiktionary』 (2015/08/15 15:08 UTC 版)

名詞

(けつまくえん)

  1. 結膜炎症

語源

翻訳




結膜炎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結膜炎」の関連用語

結膜炎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結膜炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結膜炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの結膜炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS