結膜炎とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 結膜炎 > 結膜炎の意味・解説 

けつまく‐えん【結膜炎】

読み方:けつまくえん

結膜炎症総称細菌ウイルスの感染アレルギーによって起こる。症状結膜充血目やに涙の増加濾胞(ろほう)・偽膜形成など。


結膜炎


結膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 13:46 UTC 版)

結膜炎(けつまくえん、Pink eye)とは、結膜にできる炎症のことをいう。なお、慢性化した結膜炎を「慢性結膜炎」ということもある。


  1. ^ ウイルス性結膜炎 日本眼科学会
  2. ^ アレルギー性結膜疾患 日本眼科学会
  3. ^ a b c d e f 岡本茂樹. “第2章 結膜炎の鑑別診断 (PDF)”. 日本眼科学会. 2019年11月8日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 笠松容子, 西島麻衣子, 後藤晋「ニューキノロン抵抗性淋菌による角結膜炎の1例」『あたらしい眼科』第20巻第5号、メディカル葵出版、2003年5月、 665-668頁、 ISSN 09101810NAID 10017016819 (要購読契約)
  5. ^ 小山恵子, 中會奈美, 宮崎大, 井上幸次, 板持知恵美「50歳代女性に発症したレボフロキサシン耐性淋菌性結膜炎の1例」『あたらしい眼科』第20巻第5号、メディカル葵出版、2003年5月、 661-663頁、 ISSN 09101810NAID 10017016807 (要購読契約)
  6. ^ 江口洋, 桑原知巳, 大木武夫, 塩田洋, 田中真理子, 田中健「ペニシリン耐性肺炎球菌結膜炎の1例」『あたらしい眼科』第26巻第3号、メディカル葵出版、2009年3月、 376-378頁、 ISSN 09101810NAID 10026254668 (要購読契約)
  7. ^ 大石正夫, 宮尾益也, 阿部達也「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)眼感染症の現状と対策」『環境感染』第13巻第4号、日本環境感染学会、1998年11月、 255-257頁、 doi:10.11550/jsei1986.13.255ISSN 09183337NAID 10008424271
  8. ^ a b フリクテン性角結膜炎MSDマニュアル家庭版
  9. ^ 高村悦子「アトピー性角結膜炎(<シリーズ>アレルギー用語解説)」『アレルギー』第63巻第6号、日本アレルギー学会、2014年、 805-806頁、 doi:10.15036/arerugi.63.805ISSN 0021-4884NAID 110009818446
  10. ^ 小出良平「2.花粉症によるアレルギー性結膜炎」『昭和医学会雑誌』第59巻第1号、昭和大学学士会、1999年、 5-7頁、 doi:10.14930/jsma1939.59.5ISSN 0037-4342NAID 130001823825
  11. ^ 小口昌美, 内木久郎「20)急性春季カタルの提唱及び本疾患と花粉との関係」『日本医科大学雑誌』第21巻第8号、日本医科大学医学会、1954年、 597-599頁、 doi:10.1272/jnms1923.21.597ISSN 0048-0444NAID 130003751877


「結膜炎」の続きの解説一覧

結膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:28 UTC 版)

咽頭結膜熱」の記事における「結膜炎」の解説

結膜炎を伴う場合は目が真っ赤に充血する。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。

※この「結膜炎」の解説は、「咽頭結膜熱」の解説の一部です。
「結膜炎」を含む「咽頭結膜熱」の記事については、「咽頭結膜熱」の概要を参照ください。


結膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:30 UTC 版)

流行性角結膜炎」の記事における「結膜炎」の解説

充血し眼脂(めやに)が出る(ひどいときには「めやに」で目が開かないくらいになる)。 片目発症後、4〜5日後に反対側の目も発症する場合が多い。 涙目になったり、まぶたがはれることもある。 視力が少し低下する場合がある症状重くなると、耳前リンパ節腫れて触ると痛みを伴う症状が強い人の場合は、まぶたの裏結膜に白い膜ができ、眼球結膜癒着をおこす。 症状治まるまで約2-3週間かかる。

※この「結膜炎」の解説は、「流行性角結膜炎」の解説の一部です。
「結膜炎」を含む「流行性角結膜炎」の記事については、「流行性角結膜炎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「結膜炎」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

結膜炎

出典:『Wiktionary』 (2021/07/16 09:16 UTC 版)

名詞

(けつまくえん)

  1. 結膜炎症

語源

翻訳


「結膜炎」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



結膜炎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結膜炎」の関連用語

結膜炎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結膜炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結膜炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの咽頭結膜熱 (改訂履歴)、流行性角結膜炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの結膜炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS