花粉症とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 産業・環境キーワード > 花粉症の意味・解説 

か ふんしょう くわ-しやう [0][2] 【花粉症】

花粉によって粘膜刺激されて起こるアレルギー結膜炎鼻炎喘息などの症状見られる原因として春先のスギ・ヒノキ、初夏オオアワガエリ、秋のブタクサ・ヨモギなどの花粉が知られている。枯草熱こそうねつ)。


花粉症

花粉症

 目がショボショボ、鼻がムズムズ−。春先になると花粉症に悩まされる人も多いはず。スギ花粉症有病率国民10%を超えるとも言われ、スギ花粉症発生源対策国民的課題になっています。日本スギ人工林は約452ヘクタールで、全森林面積の2割を占めます。単純にこれらのスギ人工林伐採してしまえば解決も容易ですが、森林国土保全水源涵養地球温暖化防止など、環境貢献する国土必要不可欠財産です。

 そこで、その課題解決乗り出したのが、林野庁設置した花粉発生源プロジェクトチーム北海道から九州まで全国幅広く分布しているスギ人工林スギ花粉少な森林転換するには気の遠くなるような歳月がかかるため、林野庁では短期間効果をあげることを目的に、まずは地域や期間を絞った重点施策打ち出しました。今後首都圏へのスギ花粉飛散強く影響与えると推定したスギ林(約9・5ヘクタール)を少花粉スギ集中的に転換し、10年間で約5割を減少させます。それに合わせて花粉スギ苗木供給量も大幅拡大します。苗木増産体制整備し、少花粉スギ苗木供給量を現在の本(05年度実績)から2012年度に100万本、2017年度には1000万本に増大させる予定です。

 これまでの目標では2016年度に100万本を計画していたことから、それを大幅前倒しして少花粉スギ苗木普及取り組む考えです。これらにより、首都圏飛散するスギ花粉発生地域を含む都道府県供給されるスギ苗木は、2017年度にはほぼ100%が少花粉スギ苗木代わります。

 もちろん、植える木があれば伐採される木もあります日本京都議定書約束した「地球温暖化効果ガス6%削減」という目標のうち、3・9%を森林による二酸化炭素CO2吸収削減することを見込んでいます。国土3分の2森林占め日本でその機能を有効に発現させるためには的確な森林整備が必要です。花粉発生源対策に伴う森林整備によって発生する間伐材国産材として有効活用するなど、環境配慮した森林づくりも同時並行で進めなければそれこそ木を見て森を見ないということになってしまいます。



(掲載日:2007/09/12)

花粉症

英訳・(英)同義/類義語:pollen hypersensitivity, pollinosis

植物の花粉対す過剰免疫反応結果引き起こされるアレルギー症状総称
「生物学用語辞典」の他の用語
病名疾患名治療など:  下垂体性巨人症  化学療法  化学療法剤  花粉症  壊血病  壊疽  鎌形赤血球症

花粉症

花粉症

花粉症

目の症状としては

1.白目赤くなる

2.涙が出る

3.目がゴロゴロする

4.まぶしい

花粉症

1.症状

春先季節の変わり目になると図のような症状に悩まされます。

2.発症仕組み原因となるもの

眼に入った異物中に含まれる,ある特定の物質に対して過敏反応することを“アレルギー”といい,このときの原因となるものを“アレルゲン (抗原)”とよんでいます。アレルゲンは誰に対してアレルギーを起こさせるわけではなく遺伝的にアレルギーを持つ人がアレルゲンに接していると,その体内に“抗体”という特殊なたん白質が作られます。このアレルゲン抗体結合することを,“抗原抗体反応”といい,このとき,生体の細胞から放出されるヒスタミンという化学物質が眼に作用したものが,アレルギー性結膜炎です。また,鼻や気管支作用すればそれぞれアレルギー性鼻炎気管支ぜんそく発症します。この抗原抗体反応が,人により体内抗体産生すると反応がにぶくなり,やがて免疫ができてしまいます。もし,体内に入ってきた異物に対して全く免疫なければ,その異物わがもの顔に体を犯してしまうでしょう

アレルギー性結膜炎分類すると次のようになります

○すぐに反応する型(�沍^過敏症

 ・花粉症一スギヨモギカモガヤブタクサ

 ・急性あるいは慢性アレルギー性結膜炎

○ゆっくり反応する型(�「型過敏症

 ・春季カタル

 ・接触眼瞼結膜炎

○その他の型として

 ・フリクテン性結膜炎

 ・ハウスダスト(家のホコリ

 ・ダニ

 ・真菌

 ・獣毛

 ・化粧品食品

等を抗原とする結膜炎


花粉症

作者出久根達郎

収載図書あなたのお耳に
出版社講談社
刊行年月1994.11

収載図書踊るひと
出版社講談社
刊行年月1997.11
シリーズ名講談社文庫


花粉症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/02 23:21 UTC 版)

花粉症(かふんしょう、英: hay fever、pollen allergy、pollen disease、医: pollinosis または pollenosis)とはI型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患の一つ。植物花粉が、などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。枯草熱(こそうねつ)とも言われる[1]日本においては北海道の大半と沖縄を除いてスギ花粉が抗原となる場合が多い[2](スギ花粉による花粉症についてはスギ花粉症参照)。




  1. ^ ポーランドSF作家スタニスワフ・レムに『枯草熱 (Katar)』1976年という作品がある。
  2. ^ 厚生労働省:平成21年花粉症対策
  3. ^ “花粉は4割減ったのに… 重症割合、昨年並み 来年飛散量1.5~2倍と予想”. 千葉日報. (2014年8月6日). http://www.chibanippo.co.jp/news/national/207431 2014年8月7日閲覧。 
  4. ^ 花粉症対策:スギ花粉が増えた理由
  5. ^ 森を守る枠組みの再編を 1996.4.22毎日新聞社説
  6. ^ 『花粉アレルギーと大気汚染』、篠原出版、1995年、ISBN 4-87949-145-4
  7. ^ 大気汚染と花粉症の相互作用に関する調査研究結果(平成14年度分)について(環境省)
  8. ^ 花粉症とディーゼル排気の報道(市民のための環境学ガイド 安井至
  9. ^ 環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)の稼働について(環境省)
  10. ^ 馬場實、中川武正:食物アレルギーの手引き、南江堂、1、54-55、1994
  11. ^ [1]、社団法人日本アレルギー学会ホームページ
  12. ^ Bousquet J, Lockey R, Malling HJ. (1998年10月). “Allergen immunotherapy: therapeutic vaccines for allergic diseases. A WHO position paper”. J Allergy Clin Immunol. 102 (4 Pt 1): pp.749-794. PMID 9802362
  13. ^ [2]、第22回日本アレルギー学会春季臨床大会 2010年5月開催
  14. ^ 日本経済新聞朝刊2017年2月19日付
  15. ^ 長屋宏「日本のアレルギー診療は50年遅れている」、メディカルトリビューン、2007年
  16. ^ [3]、社団法人日本アレルギー学会ホームページ
  17. ^ 朝日新聞2016年10月25日、朝刊、3面
  18. ^ 開発された抗体と製品 / 文部科学大臣賞受賞 ダチョウ抗体×塚本康浩教授” (日本語). dachou-koutai.com. 2018年8月8日閲覧。
  19. ^ 山口新聞/ニュース”. www.minato-yamaguchi.co.jp. 2018年8月8日閲覧。
  20. ^ 飲酒と喫煙は増悪因子 http://health.nikkei.co.jp/pollinosis2006/sub23.cfm
  21. ^ 1955年マリリン・モンローの映画『七年目の浮気』で主人公の友人で作家マッケンジーが避暑地で主人公の妻と干し草ドライブに行ったろうといわれて「干し草アレルギー」だから行かなかったと答える場面があるが、当時はまだ日本ではあまり知られていなかったアレルギーである。
  22. ^ アレルギー疾患・喘息発症に関わるサイトカイン支配 (PDF) 国立成育医療センター
  23. ^ エンドトキシンの抗アレルギー作用経路を特定国立成育医療センター
  24. ^ 厚生労働省 花粉症Q&A集(平成22年花粉症対策用)
  25. ^ 鼻アレルギー 第2章 疫学財団法人日本医療機能評価機構のMinds医療情報サービス
  26. ^ 鼻アレルギー アレルギー性鼻炎の疫学財団法人日本医療機能評価機構のMinds医療情報サービス
  27. ^ 科学技術政策研究所 「我が国における花粉症対策の展望」、新田裕史客員研究員
  28. ^ 環境省 花粉症保健指導マニュアル -2007年3月改訂版-
  29. ^ 毎日新聞2005年1月25日「花粉大量飛散でGDP 0.6ポイント押し下げ」
  30. ^ 和歌山県におけるスギ花粉特異的IgE抗体陽性率の疫学調査 -1995年の調査と1985年,1990年の比較- 榎本ら 1999. (PDF)
  31. ^ アレルギー外来受診幼児におけるスギ花粉感作状況と幼児スギ花粉症の臨床的検討 増田ら 2000. (PDF)
  32. ^ 当科アレルギー外来における最近8年間の臨床集計 定永ら 1992.
  33. ^ アレルギー性鼻炎の全国疫学調査 -全国耳鼻咽喉科医および家族を対象にして- 定永ら 1994. (PDF)
  34. ^ スギ花粉症の発症における疫学的因子の検討 中村ら 2004. (PDF)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「花粉症」の関連用語

1
枯草熱 国語辞典
100% |||||

花粉症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花粉症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2018 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花粉症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS