第一世代抗ヒスタミン薬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > > 第一世代抗ヒスタミン薬の意味・解説 

第一世代抗ヒスタミン薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/01 04:34 UTC 版)

第一世代抗ヒスタミン薬(だいいちせだいこうひすたみんやく)とは、抗ヒスタミン薬のうち、第二世代抗ヒスタミン薬の開発以前に開発された薬剤で、眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの抗コリン作用などの副作用が比較的あらわれやすいものを言う。よく知られているものとして、インペアード・パフォーマンスがあり、これは別名「鈍脳」と呼ばれ、認知機能の能力を低下させる。つまり、本来必要とされる作用以外の作用が強いということである。このため、これら古い第一世代抗ヒスタミン薬に変わって、抗ヒスタミン作用に選択性を高めた第二世代抗ヒスタミン薬が開発され1980年代より用いられている。




「第一世代抗ヒスタミン薬」の続きの解説一覧



第一世代抗ヒスタミン薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第一世代抗ヒスタミン薬」の関連用語

第一世代抗ヒスタミン薬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第一世代抗ヒスタミン薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第一世代抗ヒスタミン薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS