第二世代抗ヒスタミン薬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > > 第二世代抗ヒスタミン薬の意味・解説 

第二世代抗ヒスタミン薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 08:56 UTC 版)

第二世代抗ヒスタミン薬(だいにせだいこうヒスタミンやく)とは、抗ヒスタミン薬のうち、1983年以降に発売されたもので、それ以前から用いられていたジフェンヒドラミン(商品名レスタミン、ベナ、ドリエル)やクロルフェニラミン(ポララミン)などの第一世代抗ヒスタミン薬と比較して、眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの抗コリン作用など、副作用の少ないものを言う。


  1. ^ 2010年11月24日、薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会は、ベポタスチンベシル酸塩、オロパタジン塩酸塩、セチリジン塩酸塩を、アレルギー性鼻炎に適応を限定して医療用から一般用への転用を認めることを了承しているが、オロパタジンのみ未発売
  1. ^ a b c d 今井博久(編集)、福島紀子(編集)『これだけは気をつけたい高齢者への薬剤処方』医学書院、2014年4月、198-201頁。ISBN 978-4-260-01202-7
  2. ^ a b 池ノ上知世「自動車の運転に対し制限のない第二世代抗ヒスタミン薬について」 (pdf) 『鹿児島市医報』第56巻第2号、2017年、 34頁。
  3. ^ “An overview of the novel H1-antihistamine bilastine in allergic rhinitis and urticaria”. Expert Review of Clinical Immunology 8 (1): 33–41. (1 January 2012). doi:10.1586/eci.11.87. PMID 22149338. 
  4. ^ 厚生労働科学研究班および日本睡眠学会ワーキンググループ編; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2013年6月25日初版) (pdf). 睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドラインー出口を見据えた不眠医療マニュアル (Report) (2013年10月22日改訂版(医療従事者向けの記述が削除された版) ed.). 日本うつ病学会、気分障害のガイドライン作成委員会. http://www.jssr.jp/data/pdf/suiminyaku-guideline.pdf 2014年3月20日閲覧。. 


「第二世代抗ヒスタミン薬」の続きの解説一覧



第二世代抗ヒスタミン薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第二世代抗ヒスタミン薬」の関連用語

第二世代抗ヒスタミン薬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第二世代抗ヒスタミン薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第二世代抗ヒスタミン薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS