ピロリ菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > ピロリ菌の意味・解説 

ピロリ菌(ぴろりきん)

胃潰瘍引き起こす細菌

ピロリ菌は細菌一種で、人間胃の粘膜に住みつく。胃の内部では、ピロリ菌は胃酸さらされるが、これに対し、アルカリ性アンモニアを作って反応する。ところがこのアンモニアは、人体の胃にとっては有害な物質である。

結果、ピロリ菌に感染すると、胃粘膜が傷つけられるこのため胃炎を引きおこしたり、胃潰瘍十二指腸潰瘍のような病気になったりする。

このときの症状としては、胃や背中などに慢性的痛み現れる。特に空腹時に胃が痛くなるのが特徴である。

実際胃潰瘍患者の胃を調べてきると、その多く場合、ピロリ菌が棲みついている。しかもピロリ菌が原因胃潰瘍になっている人の場合胃潰瘍はいったん直っても、また数年再発してしまう。

ただピロリ菌については個人差があり、をもっている人がかならずしも胃潰瘍になるとは限りない。世界中2人1人ぐらいがピロリ菌に感染しているが、このうち潰瘍症状が出るのはその1020%だということである。

この抗生物質服用により、除菌が可能だ。しかも、除菌後、潰瘍再発率が非常に低くなる。潰瘍患者にとっては、除菌は「病気根絶」の決定打ともいえるわけである。

(2000.10.07更新


ヘリコバクター・ピロリ

同義/類義語:ピロリ菌
英訳・(英)同義/類義語:Helicobacter pylori

胃の粘膜中に寄生する耐酸性細菌で、胃潰瘍原因とされる

ピロリ菌(ピロリキン)

胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍などと深い関係にあると考えられているで、強酸性胃の中でほかのほとんどの細菌死滅してしまう中、まわりをアルカリ性にして酸を中和しながら生き続けます。このピロリ菌が出す毒素によって胃の粘膜刺激され、炎症起こし潰瘍をつくると言われています。

ピロリ菌

ピロリ菌は、ヒトなどの胃内に存在する細菌で、正式名称Helicobacter pyloriヘリコバクター・ピロリ)といいます。1983年オーストラリアWarrenMarshallにより発見されました。ねじれた螺旋型の形状(helico-)をしていることと胃の幽門付近に存在すること(pylori)に因んでHelicobacter pyloriという名称が与えられました。両博士はこの発見2005年ノーベル生理・医学賞受賞しています。またピロリ菌はヒト慢性胃炎胃潰瘍のみならず胃癌MALTリンパ腫などと密接に関連していることが指摘され、プロトンポンプ阻害剤抗生物質併用による除菌治療推奨されています。ただしピロリ菌に感染していても約7割のヒト症状現れない健康保菌者です。こうした健康保菌者に関して耐性菌副作用問題から除菌治療より、ピロリ菌に有効な食品などによる抑制維持療法なども提案されています。

ラメラ粒子
ピロリ菌

ピロリ菌

胃の中に感染胃炎胃潰瘍胃がん原因になるとかんがえられている  参考

ピロリ菌 [Helicobacter pylori]

 1981年、ーストラリアの医学者胃炎胃潰瘍患者の胃材料から分離した細菌である。実際に1930年代北里研究所小林六造らによりイヌの胃にも存在している事が報告されていた。 培養する場合は微好気性でせん状のグラム陰性桿菌で、生息環境悪化すると球形になる事もある。体の端に多毛性の鞭毛(叢毛)を持ち、活発に動き回る
尿素分解するウレアーゼという酵素活性病原細菌の中では最も強い。細菌としては特に酸性状態で増殖良いというわけで無く、最も適した増殖pHは7.0~7.4の中性から弱アルカリである。強力なウレアーゼ活性を持つので、非常に強い酸性状態の胃の中でも胃の粘膜の奥で、尿素分解してアンモニア作り局所的pH中性に保ちながら生存増殖している。 ピロリ菌の感染経路はよく解っていないが、水系感染主体とした経口感染考えられている。 発症機序不明な点が多いが、慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍患者の9割近くからこの検出され、胃癌患者からは健常者比べはるかに高率にこの検出される事や、複数化学療法剤併用投与による除菌療法により、胃炎、胃・十二指腸潰瘍治癒する事から、これらの病気の最も重要な原因である事は間違いないようである。
最近このによる胃粘膜での炎症反応が数種類サイトカイン産生誘導する事が報告され、慢性胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍形成に、過剰産生されたサイトカイン関与する可能性指摘されている。 WHO(世界保健機関)では胃炎や胃・十二指腸潰瘍治療には、先ず複数化学療法剤併用投与による除菌療法をするべきであると奨励している。

ヘリコバクター・ピロリ

(ピロリ菌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/10 03:14 UTC 版)

ヘリコバクター・ピロリ (Helicobacter pylori[1]) とは、ヒトなどのに生息するらせん型のグラム陰性微好気性細菌である。単にピロリ菌(ピロリきん)と呼ばれることもある[2]ヘリコバクテル・ピロリ[3]と表記されることもある。1983年オーストラリアロビン・ウォレンバリー・マーシャルにより発見された[4]




  1. ^ helicobacter pylori (Cambridge Dictionaries Online)
  2. ^ 武田薬品工業. “ピロリ菌って何者?”. 2015年1月16日閲覧。
  3. ^ actamnuse. “ヘリコバクテル に関する公開一覧”. 2015年1月16日閲覧。
  4. ^ Marshall BJ (1983年). “Unidentified curved bacillus on gastric epithelium in active chronic gastritis”. Lancet 1 (8336): 1273–1275. PMID 6134060. 
  5. ^ 寺田秀夫、「私の経験例からヘリコバクター ピロリ除菌療法が著効を示した重症特発性血小板減少性紫斑病の1例」 血液フロンティア 12, 114-118, 2001, NAID 80012885657
  6. ^ a b 横井千寿、小早川雅男、他「臨床講座11:ヘリコバクター・ピロリ感染症」、『PharmaTribune』第1巻第11号、メディカルトリビューン、2009年11月、 26-35頁、 ISSN 1883-4043
  7. ^ 特発性血小板減少性紫斑病(公費対象)”. 難病医学研究財団難病情報センター (2008年7月2日). 2009年11月22日閲覧。
  8. ^ 藤岡利生「ヘリコバクター感染症の研究:現状と将来展望 (PDF) 」 、『e-CLINICIAN』第54巻第556号、2007年2月、 p.p.152-155、2009年11月22日閲覧。
  9. ^ 佐藤竜吾、藤岡利生、村上和成、兒玉雅明、上部消化管疾患以外の領域におけるヘリコバクター・ピロリ除菌療法 ヘリコバクター・ピロリ除菌療法の新たな展開 日本消化器病学会雑誌 Vol.100 (2003) No.11 P.1295-1301, doi:10.11405/nisshoshi1964.100.1295
  10. ^ a b IARC (1994年). IARC Monographs on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans. 61. World Health Organization, International Agency for Research on Cancer. pp. 177. http://monographs.iarc.fr/ENG/Monographs/vol61/volume61.pdf. 
  11. ^ ヒト胃内感染ヘリコバクター属、ピロリとハイルマニのゲノム解析と病原性遺伝子の解明 - 東健、吉田優 神戸大学大学院医学研究科内科学講座消化器内科学分野 (PDF)
  12. ^ 中村正彦 ほか、「ピロリ菌陰性でも要注意!?—広義のハイルマニイ菌」, 検査と技術 44巻 4号, 2016/4/1, doi:10.11477/mf.1543206392
  13. ^ a b Blaser MJ (2005年). “An Endangered Species in the Stomach”. Scientific American 292 (2): 38–45. PMID 15715390. http://www.sciam.com/article.cfm?articleID=00024948-2764-11E8-A28583414B7F0000&ref=sciam&chanID=sa006. 
  14. ^ Bizzozero, Giulio (1893年). “Über die schlauchförmigen Drüsen des Magendarmkanals und die Beziehungen ihres Epitheles zu dem Oberflächenepithel der Schleimhaut”. Archiv für mikroskopische Anatomie 42: 82–152. 
  15. ^ Konturek JW (2003 Dec). “Discovery by Jaworski of Helicobacter pylori and its pathogenetic role in peptic ulcer, gastritis and gastric cancer”. J Physiol Pharmacol. 54 Suppl 3: 23–41. PMID 15075463. [リンク切れ] オリジナルの2006年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060828101433/http://www.jpp.krakow.pl/journal/archive/1203_s3/articles/03_article.html. 
  16. ^ a b 平山壽哉『微生物感染症学』(光山正雄編)pp.268-276、南山堂、2005年、ISBN 4-525-16101-9
  17. ^ Luck JM; Seth TN (1925年). “The Physiology of Gastric Urease.”. Biochem. J. 19 (3): 357-65. PMID 16743512. 
  18. ^ Freedberg AS; Barron LE (1940年). “The presence of spirochetes in human gastric mucosa.”. Am. J. Dig. Dis. 7: 443-5. 
  19. ^ Palmer ED. (1954年). “Investigation of the gastric mucosa spirochetes of the human.”. Gastroenterology 27 (2): 218-20. PMID 13183283. 
  20. ^ Skirrow MB (1977年). “Campylobacter enteritis: a "new" disease.”. Br Med J 2 (6078): 9-11. PMID 871765. 
  21. ^ 千葉勉 (2005年12月). “今年のノーベル医学生理学賞は胃癌の原因菌H. pyloriの発見者に!”. 実験医学 23 (19): 2926-7. 
  22. ^ “Campylobacter pylori becomes Helicobacter pylori.”. Lancet 2: 1019-20. (1989年). PMID 2572746. 
  23. ^ Marshall BJ; Armstrong JA, McGechie DB, Glancy RJ (1985年). “Attempt to fulfil Koch's postulates for pyloric Campylobacter.”. Med J Aust. 142 (8): 436-9. PMID 3982345. 
  24. ^ Marshall BJ (1995年). “Helicobacter pylori in peptic ulcer: have Koch's postulates been fulfilled?”. Ann Med. 27 (5): 565-8. PMID 8541033. 
  25. ^ Morris A; Nicholson G (1987年). “Ingestion of Campylobacter pyloridis causes gastritis and raised fasting gastric pH.”. Am J Gastroenterol. 82 (3): 192-9. PMID 3826027. 
  26. ^ Hirayama F, Takagi S, Yokoyama Y, Iwao E, Ikeda Y. (1996年). “Establishment of gastric Helicobacter pylori infection in Mongolian gerbils.”. J Gastroenterol Suppl 9: 24-8. PMID 8959513. 
  27. ^ Watanabe T; Tada M, Nagai H, Sasaki S, Nakao M (1998年). “Helicobacter pylori infection induces gastric cancer in mongolian gerbils.”. Gastroenterology 115 (3): 642-8. PMID 9721161. 
  28. ^ Tatematsu M, Yamamoto M, Shimizu N, Yoshikawa A, Fukami H, Kaminishi M, Oohara T, Sugiyama A, Ikeno T. (1998年). “Induction of glandular stomach cancers in Helicobacter pylori-sensitive Mongolian gerbils treated with N-methyl-N-nitrosourea and N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine in drinking water.”. Jpn J Cancer Res 89: 97-104. PMID 9548434. 
  29. ^ UUemura N, Okamoto S, Yamamoto S, Matsumura N, Yamaguchi S, Yamakido M, Taniyama K, Sasaki N, Schlemper RJ (2001年). “Helicobacter pylori infection and the development of gastric cancer”. N. Engl. J. Med. 345 (11): 784–9. doi:10.1056/NEJMoa001999. PMID 11556297. 
  30. ^ Tomb JF, White O, Kerlavage AR et al. (1997年). “The complete genome sequence of the gastric pathogen Helicobacter pylori.”. Nature 388: 539-47. PMID 9252185. 
  31. ^ The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2005 awarded to Barry J. Marshall and J. Robin Warren "for their discovery of the bacterium Helicobacter pylori and its role in gastritis and peptic ulcer disease".
  32. ^ a b George M. Garrity; Julia A. Bell, Timothy Lilburn (2005). George M. Garrity. ed. Bergey's manual of Systematic Bacteriology, 2nd edition, Volume Two, Part C. pp. 1168-89. ISBN 0-387-24145-0. 
  33. ^ 藤本秀士『戸田新細菌学』(吉田眞一、柳雄介編)改訂33版 pp525-530、南山堂、2007年、ISBN 978-4-525-16013-5
  34. ^ Chan WY, Hui PK, Leung KM, Chow J, Kwok F, Ng CS (1994年). Coccoid forms of Helicobacter pylori in the human stomach.. PMID 7524304. 
  35. ^ DSMZ Bacterial Nomenclature Up-to-Date: Genus Helicobacter”. DSMZ - Deutsche Sammlung von Mikroorganismen und Zellkulturen GmbH. 2007年10月9日閲覧。
  36. ^ Taylor DN, Blaser MJ. (1991年). “The epidemiology of Helicobacter pylori infection.”. Epidemiol Rev. 13: 42-59. PMID 1765119. 
  37. ^ Asaka M, Kimura T, Kudo M, Takeda H, Mitani S, Miyazaki T, Miki K, Graham DY. (1992年). “Relationship of Helicobacter pylori to serum pepsinogens in an asymptomatic Japanese population.”. Gastroenterology. 102: 760-6. PMID 1537513. 
  38. ^ a b 山本達男、消化管病原菌とヒト粘膜の相互作用 食品衛生学雑誌 1995年 36巻 1号 p.1-8, doi:10.3358/shokueishi.36.1
  39. ^ Borén, T., Falk P., Roth, K. A., Larson. G., Normark, S.: "Attachment of Helicobacter pylori to human gastric epithelium mediated by blood group antigens." Science 262, 1,892-1,895 (1993)., doi:10.1126/science.8018146
  40. ^ 奥田真珠美 日本医事新報 2014;4729:53-54.
  41. ^ Brown LM. (2000年). “Helicobacter pylori: epidemiology and routes of transmission.”. Epidemiol Rev 22: 283-97. PMID 11218379. 
  42. ^ Grübel P, Hoffman JS, Chong FK, Burstein NA, Mepani C, Cave DR. (1997年). “Vector potential of houseflies (Musca domestica) for Helicobacter pylori.”. J Clin Microbiol 35: 1300-3. PMID 9163433. 
  43. ^ Parsonnet J, Shmuely H, Haggerty T (1999年). “Fecal and oral shedding of Helicobacter pylori from healthy infected adults”. JAMA 282 (23): 2240-2245. doi:10.1001/jama.282.23.2240. PMID 10605976. 
  44. ^ 平山壽哉『ウイルス・細菌と感染症がわかる』(吉開泰信編)pp114-118、羊土社、2004年、ISBN 4-89706-960-2
  45. ^ Suzuki H, Mori M, Suzuki M, Sakurai K, Miura S, Ishii H. (1997年). “Extensive DNA damage induced by monochloramine in gastric cells.”. Cancer Lett 115: 243-8. PMID 9149131. 
  46. ^ NAKAZAWA, Teruko (2001年). “ヘリコバクター・ピロリの持続感染機構の研究 -酵素化学, 分子遺伝学から病原微生物学へ-”. Nippon Saikingaku Zasshi 56 (4): 557–572. doi:10.3412/jsb.56.557. ISSN 1882-4110. 
  47. ^ Huang JQ, Zheng GF, Sumanac K, Irvine EJ, Hunt RH. (2003年). “Meta-analysis of the relationship between cagA seropositivity and gastric cancer.”. Gastroenterology 125: 1636-44. PMID 4724815. 
  48. ^ Odenbreit S, Püls J, Sedlmaier B, Gerland E, Fischer W, Haas R. (2000年). “Translocation of Helicobacter pylori CagA into gastric epithelial cells by type IV secretion.”. Science 287: 1497-500. PMID 10688800. 
  49. ^ Hatakeyama M. (2004年). “Oncogenic mechanisms of the Helicobacter pylori CagA protein.”. Nat Rev Cancer 4: 688-94. PMID 15343275. 
  50. ^ Blaser MJ. (1990年). “Helicobacter pylori and the pathogenesis of gastroduodenal inflammation.”. J Infect Dis. 161: 626-33. PMID 2181029. 
  51. ^ HATAKEYAMA, Masanori (2008年). “Oncogenic mechanism of Helicobacter pylori”. Japanese Journal of Clinical Immunology 31 (3): 132–140. doi:10.2177/jsci.31.132. ISSN 0911-4300. 
  52. ^ Martin J. Blaser & Stanley Falkow (2009年12月). “What are the consequences of the disappearing human microbiota?”. Nature Reviews Microbiology 89: 887-894. doi:10.1038/nrmicro2245. 
  53. ^ 丸山康弘、当院におけるヘリコバクターピロリの除菌治療 信州医学雑誌 Vol.63 (2015) No.1 p.33-34, doi:10.11441/shinshumedj.63.33
  54. ^ ヘリコバクター・ピロリ菌感染と胃がん罹患との関係:CagA およびペプシノーゲンとの組み合わせによるリスク独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部:2012年7月6日閲覧
  55. ^ Kaptan K, et al. Arch Intern Med. 2000;160 (9):1349-53.
  56. ^ Labenz J, Blum AL, Bayerdörffer E, Meining A, Stolte M, Börsch G. (1997年). “Curing Helicobacter pylori infection in patients with duodenal ulcer may provoke reflux esophagitis.”. Gastroenterology 112: 1442-7. PMID 9136820. 
  57. ^ Schwizer W, Thumshirn M, Dent J, Guldenschuh I, Menne D, Cathomas G, Fried M. (2001年). “Helicobacter pylori and symptomatic relapse of gastro-oesophageal reflux disease: a randomised controlled trial.”. Lancet 357: 1738-42. PMID 11403809. 
  58. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.9.1.
  59. ^ a b 中島滋美、胃がん検診におけるペプシノゲン法,ABC分類,および胃X線検査の位置づけ 日本消化器病学会雑誌 Vol.110 (2013) No.2 p.225-233, doi:10.11405/nisshoshi.110.225
  60. ^ 望月直美、小林正夫、西大路賢一 ほか、【原著】人間ドックにおける胃がんリスク評価(ABC分類)の有用性と課題 日本消化器がん検診学会雑誌 Vol.52 (2014) No.5 p.545-555, doi:10.11404/jsgcs.52.545
  61. ^ 日本ヘリコバクター学会ガイドライン作成委員会 2000.
  62. ^ 「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」 の効能追加について 厚労省
  63. ^ 胃がんとヘリコバクターピロリとの関連を踏まえたがん対策に関する質問主意書 (PDF) 衆議院
  64. ^ 参議院議員秋野公造君提出胃がんとヘリコバクターピロリとの関連を踏まえたがん対策に関する質問に対する答弁書 (PDF)
  65. ^ 厚生労働省平成22年6月18日「ヘリコバクター・ピロリ感染の診断及び治療に関する取扱いについて」(平成12年10月31日保険発第180号) (PDF)
  66. ^ 胃がんの「原因」ピロリ菌、胃炎での治療にも保険適用
  67. ^ 日本経済新聞 ピロリ除菌の保険拡大へ 厚労省、胃がん発症減も
  68. ^  胃がんは「ピロリ菌除菌」でなくせる 浅香 正博・秋野公造 (著)潮出版2013/10/5、潮新書2017/3/4
  69. ^ 伊藤公訓、小刀崇弘、保田智之 ほか、Helicobacter pylori除菌後の胃がん 日本消化器内視鏡学会雑誌 60巻 (2018) 1号 p.5-13, doi:10.11280/gee.60.5
  70. ^ Marshall BJ, McGechie DB, Rogers PA, Glancy RJ. (1985年). “Pyloric Campylobacter infection and gastroduodenal disease.”. Med J Aust 142: 439-44. 
  71. ^ Marshall BJ, Armstrong JA, Francis GJ, Nokes NT, Wee SH. (1987年). “Antibacterial action of bismuth in relation to Campylobacter pyloridis colonization and gastritis.”. Digestion 37 Suppl 2: 16-30. PMID 3622946. 
  72. ^ 「ヘリコバクター・ピロリの2段階除菌法」、『日本消化器病学会雑誌』第8号、1997年、 569頁、 doi:10.11405/nisshoshi1964.94.8_569
  73. ^ Logan RP, Gummett PA, Misiewicz JJ, Karim QN, Walker MM, Baron JH. (1991年). “One week eradication regimen for Helicobacter pylori.”. Lancet 338: 1249-52. PMID 1682653. 
  74. ^ Unge P, Gad A, Gnarpe H, Olsson J. (1989年). “Does omeprazole improve antimicrobial therapy directed towards gastric Campylobacter pylori in patients with antral gastritis? A pilot study.”. Scand J Gastroenterol Suppl 167: 49-54. PMID 2617169. 
  75. ^ Jaup BH, Norrby A. (1995年). “Low dose, short-term triple therapy for cure of Helicobacter pylori infection and healing of peptic ulcers.”. Am J Gastroenterol 90: 943-5. PMID 7771426. 
  76. ^ H pylori antibiotic resistance: prevalence, importance, and advances in testing
  77. ^ タケキャブ錠10mg/タケキャブ錠20mg 添付文書 (PDF)” (2016年3月). 2016年7月2日閲覧。
  78. ^ ピロリ除菌にヨーグルト 日経メディカルオンライン記事:2009年11月3日 閲覧: 2009年11月5日
  79. ^ ヘリコバクター・ピロリの小児への感染とクラリスロマイシン耐性化 新潟医学会雑誌 118(11) pp.643-644 20041110
  80. ^ a b 広がるピロリ除菌療法の注意点は? 日経メディカルオンライン 記事:2013年4月25日 閲覧:2013年4月26日
  81. ^ 市川竜太郎、伊藤絵里子、寺尾浩 ほか、【原著】ヘリコバクター・ピロリ除菌療法による多形紅斑型薬疹の5例 日本皮膚科学会雑誌 Vol.118 (2008) No.8 p.1527-1532, doi:10.14924/dermatol.118.1527
  82. ^ 篠田京香、近藤靖児、【原著】ヘリコバクター・ピロリ除菌後早期に発症した紅斑丘疹型皮疹の6例 日本皮膚科学会雑誌 Vol.113 (2003) No.12 p.1819-1825, doi:10.14924/dermatol.113.1819
  83. ^ Dean O, Giorlando F, Berk M (2011年). “N-acetylcysteine in psychiatry: current therapeutic evidence and potential mechanisms of action”. J Psychiatry Neurosci 36 (2): 78–86. doi:10.1503/jpn.100057. PMC 3044191. PMID 21118657. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3044191. 
  84. ^ Galan MV, Kishan AA, Silverman AL (2004年8月). “Oral broccoli sprouts for the treatment of Helicobacter pylori infection: a preliminary report”. Dig Dis Sci. 49 (7–8): 1088–90. PMID 15387326. 
  85. ^ Fahey JW, Haristoy X, Dolan PM, Kensler TW, Scholtus I, Stephenson KK, Talalay P, Lozniewski A (2002年5月). Sulforaphane inhibits extracellular, intracellular, and antibiotic-resistant strains of Helicobacter pylori and prevents benzo[a]pyrene-induced stomach tumors.. PMID 12032331. 
  86. ^ Stoicov, C.; Saffari, R.; Houghton, J. (2009年). “Green tea inhibits Helicobacter growth in vivo and in vitro”. International journal of antimicrobial agents 33 (5): 473–478. doi:10.1016/j.ijantimicag.2008.10.032. PMC 2694061. PMID 19157800. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2694061.  編集
  87. ^ Lee, S. .; Shin, Y. .; Hahm, K. . (2008年). “Phytoceuticals: mighty but ignored weapons against Helicobacter pylori infection”. Journal of digestive diseases 9 (3): 129–139. doi:10.1111/j.1751-2980.2008.00334.x. PMID 18956590.  編集
  88. ^ Matsubara S, Shibata H, Ishikawa F, Yokokura T, Takahashi M, Sugimura T, Wakabayashi K. (2003年10月). Suppression of Helicobacter pylori-induced gastritis by green tea extract in Mongolian gerbils.. 
  89. ^ Okabe Y; Yamamoto Y, Yasuda K, Hochito K, Kawano K, Ishii N (2003年). The antibacterial effects of coffee on Escherichia coli and Helicobacter pylori. 34. pp. 85-87. ISSN 0912-0009. http://sciencelinks.jp/j-east/article/200422/000020042204A0709534.php. 
  90. ^ 木苗直秀 ほか、わさび抽出物の Helicobacter pylori 感染スナネズミに対する胃粘膜障害予防効果とストレス負荷が及ぼす影響 研究内容 (PDF)
  91. ^ ヘリコバクター・ピロリに関連する疾患を治療する際の、生姜の根茎から抽出された有効産物の使用
  92. ^ http://f16.aaa.livedoor.jp/~maruzen/public_html/ninniku.htm
  93. ^ Garlic fights H. pylori to reduce the risk of stomach cancer
  94. ^ Youl Lee and Hae Choon Chang (2008年). “Isolation and Characterization of Kimchi Lactic Acid Bacteria Showing Anti-Helicobacter pylori Activity”. Korean Journal of Microbiology and Biotechnology 2: 106–114. http://kmbase.medric.or.kr/Main.aspx?d=KMBASE&m=VIEW&i=1234420080360020106. 
  95. ^ Adolfsson O, Meydani SN, Russell RM. (2004年). “Yogurt and gut function.”. Am J Clin Nutr 80: 245-56. PMID 15277142. 
  96. ^ 一般の方向けがん予防情報 → イソチオシアネート
  97. ^ McGovern DP, Abbas SZ, Vivian G, Dalton HR. (1999年). “Manuka honey against Helicobacter pylori.”. J R Soc Med 92: 439. PMID 10656024. 
  98. ^ ワイカト大学生物化学研究所ハニー・リサーチ・センターの報告書(翻訳)
  99. ^ Correa P, Piazuelo MB, Camargo MC. (2004年). “The future of gastric cancer prevention.”. Gastric Cancer 7: 9-16. PMID 15052434. 
  100. ^ Tsugane S, Sasazuki S. (2007年). “Diet and the risk of gastric cancer: review of epidemiological evidence.”. Gastric Cancer 10: 75-83. PMID 17577615. 
  101. ^ Yoshan Moodley et al(2009); The Peopling of the Pacific from a Bacterial Perspective;Science 23 January 2009: Vol. 323 no. 5913 pp. 527-530 DOI: 10.1126/science.1166083 より部分改変。(崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)P36 より)
  102. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)







ピロリ菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピロリ菌」の関連用語

ピロリ菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピロリ菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2018 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
大腸.com大腸.com
Copyright (C) 大腸.com. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2018 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘリコバクター・ピロリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS