注射剤とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > 注射剤の意味・解説 

注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 01:41 UTC 版)

注射剤(ちゅうしゃざい、Injections)とは、注射針を用いて皮内、皮下の組織または血管内などに直接投与する液状または用時溶解して液状にして用いる医薬品製剤である。




「注射剤」の続きの解説一覧

注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 10:12 UTC 版)

メトトレキサート」の記事における「注射剤」の解説

メトトレキサート・ロイコボリン救援療法肉腫骨肉腫軟部肉腫など) 急性白血病中枢神経系及び睾丸への浸潤に対する寛解 悪性リンパ腫中枢神経系への浸潤に対する寛解 そのほか他剤との併用胃癌乳癌尿路上皮癌などにも使用される

※この「注射剤」の解説は、「メトトレキサート」の解説の一部です。
「注射剤」を含む「メトトレキサート」の記事については、「メトトレキサート」の概要を参照ください。


注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 05:34 UTC 版)

オザグレル」の記事における「注射剤」の解説

重大な副作用は、 出血 出血性脳梗塞硬膜外血腫脳内出血消化管出血皮下出血血尿ショックアナフィラキシー 肝機能障害黄疸 AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇等 血小板減少 白血球減少顆粒球減少 腎機能障害 急性腎障害等 である。 脳虚血症状改善では9.77%(出血等)、運動障害改善では4.36%(肝機能障害等)に副作用認められる

※この「注射剤」の解説は、「オザグレル」の解説の一部です。
「注射剤」を含む「オザグレル」の記事については、「オザグレル」の概要を参照ください。


注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 05:34 UTC 版)

オザグレル」の記事における「注射剤」の解説

.mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}トロンボキサン合成酵素選択的に阻害してトロンボキサンA2産生抑制しプロスタサイクリン産生促進して両者バランス異常を改善すると共に血小板凝集抑制作用を示す。更に、脳血管攣縮および脳血流量の低下抑制し、脳の微小循環障害エネルギー代謝異常を改善してクモ膜下出血術後の脳血管攣縮およびこれに伴う脳虚血症状改善しならびに脳血栓症急性期に伴う運動障害改善する

※この「注射剤」の解説は、「オザグレル」の解説の一部です。
「注射剤」を含む「オザグレル」の記事については、「オザグレル」の概要を参照ください。


注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 05:34 UTC 版)

オザグレル」の記事における「注射剤」の解説

血漿中半減期は0.66~0.79時間であり、24時間以内に殆ど消失する代謝は2⁄3が主に肝臓二重結合部の酸化開裂体または二重結合還元体となり、尿中グルクロン酸抱合体として排泄される

※この「注射剤」の解説は、「オザグレル」の解説の一部です。
「注射剤」を含む「オザグレル」の記事については、「オザグレル」の概要を参照ください。


注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 23:35 UTC 版)

ニカルジピン」の記事における「注射剤」の解説

警告本剤脳出血急性期患者および脳卒中急性期頭蓋内圧亢進している患者投与する場合には血圧等の患者の状態を十分にモニタリングする必要がある禁忌急性心不全高度な大動脈弁狭窄僧帽弁狭窄肥大閉塞心筋症低血圧収縮期血圧90mmHg未満)、心原性ショックある患者 発症直後病態安定していない重篤な急性心筋梗塞患者

※この「注射剤」の解説は、「ニカルジピン」の解説の一部です。
「注射剤」を含む「ニカルジピン」の記事については、「ニカルジピン」の概要を参照ください。


注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:15 UTC 版)

避妊」の記事における「注射剤」の解説

プロゲステロン皮下ないし筋肉注射する避妊法。3か月毎の注射が必要。注射中止によって、半分女性半年以内生殖能力回復するが、最長1年かかる場合もあるとされる日本では認可

※この「注射剤」の解説は、「避妊」の解説の一部です。
「注射剤」を含む「避妊」の記事については、「避妊」の概要を参照ください。


注射剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 20:33 UTC 版)

オキシトシン」の記事における「注射剤」の解説

アトニンが販売されている。 効能効果 分娩誘発微弱陣痛弛緩出血胎盤娩出前後子宮復古不全帝王切開術(胎児娩出後)、流産人工妊娠中絶

※この「注射剤」の解説は、「オキシトシン」の解説の一部です。
「注射剤」を含む「オキシトシン」の記事については、「オキシトシン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「注射剤」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「注射剤」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

注射剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



注射剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの注射剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメトトレキサート (改訂履歴)、オザグレル (改訂履歴)、ニカルジピン (改訂履歴)、避妊 (改訂履歴)、オキシトシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS