製剤とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 製剤 > 製剤の意味・解説 

せい‐ざい【製剤】

読み方:せいざい

薬剤製造すること。また、その製品。「―会社


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/12 15:20 UTC 版)

製剤(せいざい、: formulation)とは、医薬品農薬などの有効成分にさまざまな化学物質を加えて、使用するのに適当な形に製したもの、またはその工程をいう。製剤は、使用方法、有効成分の吸収や安定性などを考慮してデザインされる。製剤という言葉は、しばしば剤形: dosage form)を含む意味で使われる。医薬品の場合は医薬製剤: pharmaceutical formulation)とも呼ばれる。以下は主に医薬品の製剤について述べる。


  1. ^ 新田 あや、「生薬」、『世界大百科事典』、第二版CD-ROM版、平凡社、1998年
  2. ^ 佐藤 祥之、杉原 正泰、「注射」、『世界大百科事典』、第二版CD-ROM版、平凡社、1998年
  3. ^ Pardi, Norbert; Hogan, Michael J.; Porter, Frederick W.; Weissman, Drew (April 2018). “mRNA vaccines — a new era in vaccinology”. Nature Reviews Drug Discovery 17 (4): 261–279. doi:10.1038/nrd.2017.243. PMC 5906799. PMID 29326426. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5906799/. 
  4. ^ Simler, R., Walsh, G., Mattaliano, R.J., Guziewicz, N., and Perez-Ramirez, B. (2008). Maximizing Data Collection and Analysis During Preformulation of Biotherapeutic Proteins. BioProcess International 6(10), 38-45.
  5. ^ M. Nocent, L. Bertocchi, F. Espitalier, M. Baron and G. Couarraze. (2001). Definition of a solvent system for spherical crystallization of salbutamol sulfate by quasi-emulsion solvent diffusion (QESD) method. Journal of Pharmaceutical Sciences 90 (10), 1620-1627.
  6. ^ Chang, B.S. and Hershenson, S. 2002. Practical approaches to protein formulation development. in "Rationale Design of stable protein formulations-theory and practice" (J.F. Carpenter and M.C. Manning eds.) Kluwer Academic/Plenum publishers, New York, pp. 1-25
  7. ^ Rationale Design of Stable Lyophilized Protein Formulations: Some Practical Advice, Carpenter et al, Pharmaceutical Research, Vol 14, No.8, 1977
  8. ^ Doctor, why are you prescribing an ointment?”. American Academy of Dermatology. 2021年3月14日閲覧。



製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 00:54 UTC 版)

赤十字血液センター」の記事における「製剤」の解説

遠心分離などで成分分け血小板製剤においては血小板数測定する輸血後にGVHD予防のため、血漿製剤を除きほとんどの製剤に放射線照射を行う。赤血球2 - 6保存21日間、血小板20 - 24保存4日間、血漿零下20度以下保存で1年間有効期限である。血漿製剤は6か月間のクアランチン(Quarantineウィンドウピリオド対策検疫隔離)があってから供給される

※この「製剤」の解説は、「赤十字血液センター」の解説の一部です。
「製剤」を含む「赤十字血液センター」の記事については、「赤十字血液センター」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 06:18 UTC 版)

ベンプロペリン」の記事における「製剤」の解説

ベンプロペリンには1対の鏡異性体存在するものの、通常は、製剤化際に光学分割行われずラセミ体のままで用いられるベンプロペリン塩基性利用して例えば、リン酸パモ酸との塩の形にして、ベンプロペリン水溶性を向上させた製剤が作られてきた。なお、常用量は成人でも1回当た50 mg以下であるため製剤化際に通常適切な賦形剤使用される剤形としては、錠剤シロップ剤などが製造されてきた。

※この「製剤」の解説は、「ベンプロペリン」の解説の一部です。
「製剤」を含む「ベンプロペリン」の記事については、「ベンプロペリン」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 07:54 UTC 版)

クロロキン」の記事における「製剤」の解説

ヒドロキシクロロキン硫酸塩Hydroxychloroquine Sulfate)、KEGG D02114、CAS 747-36-4プラケニル錠(Plaquenil)200 mg は、2020年現在日本市販されているヒト用製剤。皮膚エリテマトーデス全身性エリスマトーデスに用いられるHydroxychloroquine Sulfate tablet 200mg(後発品)は米国などで市販されている。 詳細は「ヒドロキシクロロキンを参照 リン酸クロロキンChloroquine phosphate)、KEGG D0215、CAS 50-63-5別名・クロロキン二リン酸塩(Chloroquine Diphosphate) Resochin、Lariago、Chloroquine phosphate tablet 250 mgは、米国などで市販されている、抗マラリア薬、抗アメーバ。 レゾヒン(Resochin)、キニロンはかつて日本販売された、マラリア慢性関節リウマチ治療薬で、後に慢性腎炎などに適応拡大し、クロロキン網膜症原因となった観賞魚白点虫病(淡水性白点病Ich)の予防治療のためにアクアリウム用いことがある用量1ガロン(約4 L)あたり40 - 80 mgで、販売単位10 g。 日本では白点虫病にメチレンブルーマラカイトグリーン用いられるため、観賞魚用で市販されていないオロチン酸クロロキンchloroquine diorotate)、CAS 6301-30-7キドラ(Kidola)は1960年日本発売された、慢性腎炎妊娠腎リウマチ性関節炎エリテマトーデスてんかん等の治療薬で、クロロキン網膜症呼ばれる不可逆的な網膜障害原因となったコンドロイチン硫酸クロロキンChondroitin chloroquine sulfateCQC1962年日本発売された、腎炎ネフローゼ関節リウマチ治療薬で、クロロキン網膜症原因となった

※この「製剤」の解説は、「クロロキン」の解説の一部です。
「製剤」を含む「クロロキン」の記事については、「クロロキン」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 16:56 UTC 版)

テノホビル」の記事における「製剤」の解説

HIV-1感染症(■)やB型肝炎(▲)の治療用いられるギリアド・サイエンシズ開発し日本では下記の製薬会社導出している。 テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩 ■ビリアード300 mg日本たばこ産業製造鳥居薬品販売)→(ギリアド・サイエンシズ) ▲テノゼット300 mgグラクソ・スミスクラインエムトリシタビンとの2剤合剤ツルバダ配合錠(日本たばこ産業製造鳥居薬品販売)→(ギリアド・サイエンシズリルピビリン塩酸塩エムトリシタビンとの3剤合剤 ■コムプレラ配合錠(ヤンセンファーマ) エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビンとの4剤合剤 ■スタリビルド配合錠(日本たばこ産業製造鳥居薬品販売)→(ギリアド・サイエンシズテノホビル アラフェナミドフマル酸塩 ▲ベムリディ錠25 mgギリアド・サイエンシズエムトリシタビンとの2剤合剤 ■デシコビ配合LT/デシコビ配合HT日本たばこ産業製造鳥居薬品販売)→(ギリアド・サイエンシズリルピビリン塩酸塩エムトリシタビンとの3剤合剤 ■オデフシィ配合錠(ヤンセンファーマ) ビクテグラビルナトリウム・エムトリシタビンとの3剤合剤 ■ビクタルビ配合錠(ギリアド・サイエンシズ) エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビンとの4剤合剤 ■ゲンボイヤ配合錠(日本たばこ産業製造鳥居薬品販売)→(ギリアド・サイエンシズダルナビル エタノール付加物・コビシスタット・エムトリシタビンとの4剤合剤 ■シムツーザ配合錠(ヤンセンファーマ

※この「製剤」の解説は、「テノホビル」の解説の一部です。
「製剤」を含む「テノホビル」の記事については、「テノホビル」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 14:50 UTC 版)

トルシクレート」の記事における「製剤」の解説

トルシクレート剤形は、いずれも外用剤である。剤形としては、クリーム剤外用液剤開発された。これらの薬剤は、体表部に感染した白癬治療用い場合がある

※この「製剤」の解説は、「トルシクレート」の解説の一部です。
「製剤」を含む「トルシクレート」の記事については、「トルシクレート」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 05:34 UTC 版)

オザグレル」の記事における「製剤」の解説

オザグレル注射剤ではナトリウム塩オザグレルナトリウム)として、錠剤では塩酸塩オザグレル塩酸塩水和物)として製剤化されている

※この「製剤」の解説は、「オザグレル」の解説の一部です。
「製剤」を含む「オザグレル」の記事については、「オザグレル」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 14:31 UTC 版)

ロラタジン」の記事における「製剤」の解説

医療用処方箋医薬品として、クラリチン錠10mg、口腔崩壊錠のクラリチンレディタブ錠10mgが発売されている。2017年1月には日本で「クラリチンEX」「クラリチンEX OD錠」の製品名スイッチOTC化され要指導医薬品として発売された。処方箋医薬品同様にバイエル薬品製造しているが、発売大正製薬担当している。 その後、「クラリチンEX」「クラリチンEX OD錠」は2020年1月16日第1類医薬品に、2021年1月18日第2類医薬品区分変更されたため、登録販売者がいる店舗での購入が可能となっている。

※この「製剤」の解説は、「ロラタジン」の解説の一部です。
「製剤」を含む「ロラタジン」の記事については、「ロラタジン」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 09:32 UTC 版)

シクロピロクス」の記事における「製剤」の解説

シクロピロクス製剤化際に、しばしば2-アミノエタノールとの塩の形にされる。シクロピロクスの製剤は、外用剤として用いられ表在性のカンジダ症白癬治療のために外用するクリーム剤シャンプー外用液剤など、多様な剤形の製剤が開発されてきた。 なお、多くの地域販売されてきた製剤であり、その製品名多様である

※この「製剤」の解説は、「シクロピロクス」の解説の一部です。
「製剤」を含む「シクロピロクス」の記事については、「シクロピロクス」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 02:27 UTC 版)

トリメトプリム」の記事における「製剤」の解説

日本ではトリメトプリム単体では、病原微生物変異による耐性獲得が多いため、厚生労働省認可されていないST合剤としてしか市販されていない

※この「製剤」の解説は、「トリメトプリム」の解説の一部です。
「製剤」を含む「トリメトプリム」の記事については、「トリメトプリム」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 19:48 UTC 版)

COVID-19ワクチン」の記事における「製剤」の解説

2020年現在臨床開発中のワクチン候補のうち11種は、免疫原性高めるためにアジュバント使用している免疫アジュバントとは、COVID-19ウイルスインフルエンザウイルスなどの抗原に対する免疫反応高めるためにワクチン配合され物質である。具体的には、アジュバント使用してCOVID-19ワクチン候補製剤化し、その免疫原性有効性高めてワクチン接種を受けた個体におけるCOVID-19感染低減または予防することができる。COVID-19ワクチン製剤化使用されるアジュバントは、不活化COVID-19ウイルス、および組換えタンパク質ベース、またはベクターベースのワクチン使用する技術において特に効果的となる可能性があるミョウバンとして知られるアルミニウム塩は、認可されたワクチン使用され最初のアジュバントであり、アジュバントワクチンの約80%で選択されるアジュバントである。ミョウバンアジュバントは、炎症性サイトカイン放出を含む免疫原性高めるために、多様な分子および細胞メカニズム開始する

※この「製剤」の解説は、「COVID-19ワクチン」の解説の一部です。
「製剤」を含む「COVID-19ワクチン」の記事については、「COVID-19ワクチン」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 06:41 UTC 版)

パラコート」の記事における「製剤」の解説

パラコートジクロリド24%、或いはパラコートジメチルサルフェイト38%という高濃度液剤販売されていたが、1985年昭和60年)に自殺無差別殺人事件による中毒事故多発したため、1988年昭和63年)からパラコートジクロリド5%、ジクワットジブロミド7%の混合除草剤液『プリグロックスL』のみが、シンジェンタから販売されている。 日本では、パラコートジヨージドは除草剤として使われたことはこれまでのところない。液剤を青に着色したり、強い臭気付けたり催吐薬加えたり苦味加えたりする処置行われた日本ではラベル大きく医薬用毒物」と赤地白抜き文字目立つように書かれ厳格な流通管理販売記録がなされ、購入際に印鑑必要で18歳下の購入出来ない規制がある。アメリカ合衆国などでは、ドクロマークピクトグラム入りで、さらに注意促している。 ヨーロッパ一部では、安全のため5%の粒剤販売されている。日本でも1985年試作されたことがあったが、生産には至らなかった

※この「製剤」の解説は、「パラコート」の解説の一部です。
「製剤」を含む「パラコート」の記事については、「パラコート」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 16:34 UTC 版)

テモゾロミド」の記事における「製剤」の解説

テモゾロミド製剤は日本においては20mgと100mgのカプセル剤点滴静注用100mgの製剤が販売されている。 米国では5mg、20mg、100mg、140mg、180mg、250mgのカプセル点滴静注用製剤がある。近年固形製剤が実用化された。英国内ではジェネリック医薬品入手できる

※この「製剤」の解説は、「テモゾロミド」の解説の一部です。
「製剤」を含む「テモゾロミド」の記事については、「テモゾロミド」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 15:56 UTC 版)

リラナフタート」の記事における「製剤」の解説

リラナフタートには、真菌感染した体表部に外用して、その場所作用する製剤が存在する例えば、リラナフタートを2パーセント含有しクリーム剤は、水虫などの白癬治療用いる。例えば、白癬菌総称される皮膚糸状菌の中の1つTrichophyton rubrumによる体表部の白癬も、リラナフタート治療可能である

※この「製剤」の解説は、「リラナフタート」の解説の一部です。
「製剤」を含む「リラナフタート」の記事については、「リラナフタート」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 15:57 UTC 版)

トルナフタート」の記事における「製剤」の解説

トルナフタート剤形は、いずれも外用剤である。ただし、外用液剤クリーム剤軟膏剤パウダー剤(粉末剤)、スプレー剤(エーロゾル剤・噴霧剤)など、多様な剤形開発されてきた。これは、患部の状態に最適な剤形選択しつつ、可能な限り患者好み適合する剤形選択できるようにするためである

※この「製剤」の解説は、「トルナフタート」の解説の一部です。
「製剤」を含む「トルナフタート」の記事については、「トルナフタート」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/08 08:13 UTC 版)

シアントラニリプロール」の記事における「製剤」の解説

2014年10月現在アメリカ、カナダコロンビアマレーシアニュージーランドベトナム西アフリカ諸国等で殺虫剤として登録されている。日本ではイネ果樹野菜、豆、などを適用作物として、水和剤デュポン ベネビアOD」、「デュポン ベリマークSC」、「デュポン エクシレルSE」、「デュポンエスペランサ」および粒剤の「パディート箱粒剤」が登録されている。

※この「製剤」の解説は、「シアントラニリプロール」の解説の一部です。
「製剤」を含む「シアントラニリプロール」の記事については、「シアントラニリプロール」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 05:43 UTC 版)

ジクワット」の記事における「製剤」の解説

濃度 30% の液剤か、パラコートとの混合剤として販売されている。農薬登録1963年6月22日ジクワット30%レグロックス パラコートとの混合ウィドールパラコート 3%、ジクワット 4%。生産中止) プリグロックス(パラコート 10%ジクワット 14%。生産中止) プリグロックスL(パラコート 5%、ジクワット 7%。販売中) マイゼット(プリグロックスLと内容は同じ。後にプリグロックスLに名称を統合し終売グリホサートとの混合剤オルゼット(非農耕地除草剤として、農薬登録のない製剤。生産中止

※この「製剤」の解説は、「ジクワット」の解説の一部です。
「製剤」を含む「ジクワット」の記事については、「ジクワット」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:29 UTC 版)

フェキソフェナジン」の記事における「製剤」の解説

医療用処方箋医薬品として、アレグラ錠60mg、口腔崩壊錠のアレグラOD錠と、また小児向けのアレグラ錠30mgが発売されている。2012年11月日本スイッチOTC化され第1類医薬品として発売された(ただし一般用医薬品には、蕁麻疹痒みに対する効能記載されていない)。処方箋医薬品同様にサノフィ製造しているが、発売久光製薬担当している。当初はアレグラ錠60mg」のスイッチOTC品である「アレグラFX」のみだったが、2017年11月に「アレグラ錠30mg」のスイッチOTC品である、14歳下用要指導医薬品の「アレグラFXジュニア」も発売された。 その後、「アレグラFX」は2016年11月1日付第2類医薬品区分変更、「アレグラFXジュニア」は2020年11月9日付で第1類医薬品区分変更され2021年11月9日付で第2類医薬品再度区分変更されたため、「アレグラFX」・「アレグラFXジュニア」共に薬剤師又は登録販売者がいる店舗での購入が可能となっている。 2013年2月に、フェキソフェナジン血管収縮作用有するプソイドエフェドリン配合した抗アレルギー薬「ディレグラ」が発売されている(「ディレグラ」は2020年12月製造販売承認並びに販売LTLファーマ移管している)。

※この「製剤」の解説は、「フェキソフェナジン」の解説の一部です。
「製剤」を含む「フェキソフェナジン」の記事については、「フェキソフェナジン」の概要を参照ください。


製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 08:11 UTC 版)

サイトカイン療法」の記事における「製剤」の解説

薬物作用機序臨床応用インターフェロン製剤インターフェロンα インターフェロンβ インターフェロンγ PEG化インターフェロンα 免疫細胞活性化して抗がん作用発揮するポリエチレングリコール(PEG)と結合させる事で、血中安定化する。(作用時間80 - 160時間腎臓がん骨髄異形成症候群胃癌C型肝炎 インターロイキン2製剤セルモロイキン テセロロイキン ナチュラルキラー細胞がん細胞破壊する作用強める。 血管血腫胃癌

※この「製剤」の解説は、「サイトカイン療法」の解説の一部です。
「製剤」を含む「サイトカイン療法」の記事については、「サイトカイン療法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「製剤」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

製剤

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:24 UTC 版)

名詞

せいざい

  1. 薬剤製造すること。薬物使用した状態にすること。
  2. 製造され薬剤

発音(?)

せ↗ーざい

関連語

翻訳

語義1)


「製剤」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



製剤と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「製剤」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



製剤のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの製剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤十字血液センター (改訂履歴)、ベンプロペリン (改訂履歴)、クロロキン (改訂履歴)、テノホビル (改訂履歴)、トルシクレート (改訂履歴)、オザグレル (改訂履歴)、ロラタジン (改訂履歴)、シクロピロクス (改訂履歴)、トリメトプリム (改訂履歴)、COVID-19ワクチン (改訂履歴)、パラコート (改訂履歴)、テモゾロミド (改訂履歴)、リラナフタート (改訂履歴)、トルナフタート (改訂履歴)、シアントラニリプロール (改訂履歴)、ジクワット (改訂履歴)、フェキソフェナジン (改訂履歴)、サイトカイン療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの製剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS