不整脈とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 不整脈 > 不整脈の意味・解説 

ふせい‐みゃく【不整脈】

読み方:ふせいみゃく

脈拍リズム不規則になること。また、その状態の脈拍。→徐脈性不整脈頻脈性不整脈


不整脈【ふせいみゃく】


不整脈

作者

収載図書老中医の診察室中医臨床小説
出版社東洋学出版社
刊行年月1999.7


不整脈

作者片山礼子

収載図書記憶のめまい
出版社文芸社
刊行年月2001.3


不整脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 17:18 UTC 版)

不整脈(ふせいみゃく、英語: Arrhythmia)とは、心拍数リズムが一定でない状態の事を言う。また心拍や脈拍が整であっても、心電図異常がある場合は臨床的には不整脈である。




  1. ^ 丸山 仁司, リスク管理 バイタルサイン, 理学療法科学, 2005, 20 巻, 1 号, p.53-58, Doi:10.1589/rika.20.53,


「不整脈」の続きの解説一覧

不整脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 04:24 UTC 版)

心筋梗塞」の記事における「不整脈」の解説

心筋梗塞による急性期死亡多く発症後の不整脈による。急性期24時間以内に最も多く発生し心筋梗塞死因の第1位である。 期外収縮 ほとんどに合併する。 心室細動 左冠動脈 (LCA) 梗塞で特に前壁梗塞生じやすい。発症後数時間以内生じるものが多い。致死的な合併症である。 房室ブロック 房室結節は、ほとんどが右冠動脈からの血流灌流されているため、右冠動脈閉塞によって起こ下壁心筋梗塞に伴って房室ブロック発生しやすい。洞房結節そのもの障害されるSick Sinus Syndrome (SSS) をおこしうる

※この「不整脈」の解説は、「心筋梗塞」の解説の一部です。
「不整脈」を含む「心筋梗塞」の記事については、「心筋梗塞」の概要を参照ください。


不整脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 08:58 UTC 版)

全身麻酔」の記事における「不整脈」の解説

不適切な換気不適切な麻酔深度など、さまざまな原因で不整脈が生じる。完全房ブロック心室頻拍心室性不整脈は致命的な不整脈である心室細動移行することが多く危険である

※この「不整脈」の解説は、「全身麻酔」の解説の一部です。
「不整脈」を含む「全身麻酔」の記事については、「全身麻酔」の概要を参照ください。


不整脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 14:42 UTC 版)

術中合併症」の記事における「不整脈」の解説

不適切な換気不適切な麻酔深度など様々な原因で不整脈が生じる。完全房ブロック心室頻拍心室性不整脈は致命的な不整脈である心室細動移行することが多く危険である

※この「不整脈」の解説は、「術中合併症」の解説の一部です。
「不整脈」を含む「術中合併症」の記事については、「術中合併症」の概要を参照ください。


不整脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 03:06 UTC 版)

心臓カテーテル検査」の記事における「不整脈」の解説

心室頻拍心室性期外収縮心房性期外収縮心房細動洞性徐脈などが起こりえる心室頻拍心房細動冠動脈造影時に起こりやすい。

※この「不整脈」の解説は、「心臓カテーテル検査」の解説の一部です。
「不整脈」を含む「心臓カテーテル検査」の記事については、「心臓カテーテル検査」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「不整脈」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

不整脈

出典:『Wiktionary』 (2021/10/24 12:55 UTC 版)

発音

名詞

不整 ふせいみゃく

  1. (病理学) 脈拍リズム心拍数不規則である状態。心律動異常。

翻訳


「不整脈」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



不整脈と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

不整脈のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不整脈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
QUPiOQUPiO
Copyright © 2022 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不整脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの心筋梗塞 (改訂履歴)、全身麻酔 (改訂履歴)、術中合併症 (改訂履歴)、心臓カテーテル検査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの不整脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS