心臓超音波検査とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 検査 > 心臓超音波検査の意味・解説 

心臓超音波検査

【仮名】しんぞうちょうおんぱけんさ
原文echocardiography

胸壁向けて超音波発生させることによって、心臓の位置や、心臓壁の動き、弁などの内部構造などの画像情報を得る手技

心臓超音波検査(心エコー)【しんぞうちょうおんぱけんさ(しんえこー)】

超音波心臓の大きさ動き血流の状態などを見る検査です。

心臓超音波検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/06 06:38 UTC 版)

心臓超音波検査(しんぞうちょうおんぱけんさ)は、超音波検査の一つであり、心臓を観測する。「心エコー」(しんエコー)とも呼ばれる。体の様々な部分の超音波検査の中でも、心臓超音波検査は特に専門的な知識が必要である。






「心臓超音波検査」の続きの解説一覧



心臓超音波検査と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心臓超音波検査」の関連用語

心臓超音波検査のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



心臓超音波検査のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2019 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心臓超音波検査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS