マリリン・モンローとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > アメリカ合衆国の俳優 > マリリン・モンローの意味・解説 

モンロー【Marilyn Monroe】


マリリン・モンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/06 21:58 UTC 版)

マリリン・モンロー(Marilyn Monroe、1926年6月1日 - 1962年8月5日)は、アメリカ合衆国女優モデル歌手である。様々な映画で典型的な「金髪美女」(ブロンド・ボムシェル Blonde bombshell)の役を演じ、1950年代から1960年代初頭にかけて最も人気のあるセックスシンボルの1人であり、同時代の性の革命の象徴でもあった。


注釈

  1. ^ 1956年に本名も「マリリン・モンロー」へ改名している[1]
  2. ^ 「ブロンド女性は暗い髪色の女性より頭が悪い」というステレオタイプに基づくキャラクター。
  3. ^ グラディスはモンローの出生証明書の父親の欄にモーテンセンの名前を記載しているが、その綴りは誤ったものだった[9]。(出生証明書では「Mortenson」と記されていたが「Mortensen」が正しい)
  4. ^ 両親は1924年に結婚したが、グラディスが妊娠するかなり前に別居していたため、モーテンソンが父親である可能性は低い[11] 。 伝記作家のフレッド・ガイルズとロイス・バナーは、父親は1925年にグラディスと不倫関係にあった同僚のチャールズ・スタンリー・ギフォードであろうと述べているが、ドナルド・スポトは別の同僚が父親の可能性が高いとみなしていた[12]
  5. ^ モンローは8歳の時に下宿人から性的虐待を受けたことを、複数の伝記作家や『パリ・マッチ』誌、『コスモポリタン』誌でのインタビューでも語っている[25]。児童虐待について語ることがタブーとされた当時、モンローが敢えてこの事を語ったことは異例だった[26]。他にモンローは1937年にグレース・ゴダードの夫から、1938年に親せきの家に住んでいたときに従兄弟から性的虐待を受けていたと述べている[27]
  6. ^ RKOのオーナーハワード・ヒューズは、雑誌の表紙を飾ったモンローに興味を示していた[52]
  7. ^ この時期に他のFOX映画にエキストラとして出演したという主張があるが定かでない[58]
  8. ^ これらの写真のモデルがモンローであることが公になったのは1952年になってからである。その後、彼女は「現金が必要だったため、やむを得ずヌードの撮影に応じた」と言ってスキャンダルを収めたが、ドナルド・スポトとロイス・バナーは、彼女は必要に迫られた訳ではなく(バナーによれば、彼女は当初、女優への復帰願望があったため躊躇はした)、ヌード写真撮影も単なる仕事のひとつと見做していたと述べている[69]
  9. ^ 彼女は二挺拳銃』『アスファルト・ジャングル』『イヴの総て』『The Fireball』『Right Cross
  10. ^ ただし、FOX側には1年ごとに契約を見直す権利があった[73]
  11. ^ モンローとグリーンは1949年に出会い、短期間だが関係を持っており、1953年に雑誌『ルック』に掲載する写真撮影で再会した。その際、モンローからFOXへの不満を聞いたグリーンがMMP設立を持ちかけた[146]
  12. ^ モンローは1955年から亡くなるまで定期的に精神分析を受けていた。彼女の精神分析を担当した精神科医は順に、マーガレット・ホーエンベルク (1955–1957)、アンナ・フロイト (1957)、マリアンヌ・クリス (1957–1961) そしてラルフ・グリーンソン英語版 (1960–1962) である[155]
  13. ^ モンローはユダヤ人を「被差別民族」と認識しており、改宗してミラーの家族の一員になりたいと考えていた[171] 。彼女はラビ・ロバート・ゴールドバーグの指導で1956年7月1日に改宗した[172] 。 ただし、モンローの宗教としてのユダヤ教への関心は薄く、自らを「ユダヤ的無神論者」と称し、ミラーとの離婚後は、宗教的な品を所持する以外、信仰を実践することはなかったという[172]
  14. ^ 1961年にモンローとミラーが離婚すると解除した[172]
  15. ^ この子宮内膜症が原因で、モンローは生涯にわたってひどい月経痛に悩まされており、契約書にも生理期間中の欠勤を認める条項があった。また何度も子宮内膜症の手術を受けている[185]
  16. ^ モンローが過去に何度か中絶手術を受けており、この際に未熟な医師の施術を受けたことが、流産を繰り返す一因となったとも言われている[186]。ただし、モンローの中絶歴についてはミルトン・グリーンの妻の証言があるものの、具体的な証拠はない[187] 。またモンローの検死報告書にも中絶の形跡があったという記録はない[187]
  17. ^ 当時、アメリカの多くの州では長い裁判の手続きを経なければ離婚できなかったが、メキシコでは届けを出すだけで離婚が成立した。そのため手っ取り早く離婚するためにメキシコを訪れる夫婦が多かった。詳細はen:Mexican divorceを参照。
  18. ^ モンローは、初め精神科医マリアンヌ・クリスの勧めで、ニューヨークの「ペイン・ホイットニー精神病院」に入院した[223]。クリスは後に、「この病院を選んだのは間違いだった」と述べている。モンローは重症の精神病患者用病棟で独房のような病室に閉じ込められ、より適した病室に移ることも自分の意志で退院することも許されなかった[223]。結局、入院から3日後にジョー・ディマジオの助力でコロンビア大学医療センター英語版に転院し、さらに23日間入院している[223]
  19. ^ モンローとケネディには共通の友人があり、親交があった。肉体関係にあったとの証言もあるが、定かでない[230]
  20. ^ 溶液100 mLあたりのミリグラム。詳細はen:Milligram per centを参照。
  21. ^ 墓所の選定はジョー・ディマジオが行った。ディマジオがここを選んだ理由は、モンローの母親代わりだったグレース・ゴダードとアナ・ローワーの墓があったからである[251]
  22. ^ ポーラ・ストラスバーグは1966年に死去。リー・ストラスバーグは翌年にアンナと再婚している。
  23. ^ 邦訳版は1981年に『マリリン - 性と愛の神話』と改題
  24. ^ 映画の中ではインストルメント・バージョンが使われていて歌はない。これは同映画公開時にPR用に歌ったもの。[要出典]
  25. ^ ハスケルによれば、モンローは男性よりも女性からの人気が低かった[309]
  26. ^ 「ポピュリズム(大衆主義)」と「ラグジュアリー(豪華さ)」をあわせた造語で、チープ感とゴージャス感が同居する1950年代のアメリカ大衆文化を形容する用語[316]

出典

  1. ^ “Monroe divorce papers for auctio”. BBC NEWS. (2005年4月21日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4468031.stm 2022年9月14日閲覧。 
  2. ^ Hertel, Howard; Heff, Don (1962年8月6日). “Marilyn Monroe Dies; Pills Blamed”. Los Angeles Times. オリジナルの2015年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150925094726/http://www.latimes.com/local/obituaries/archives/la-me-marilyn-monroe-19620806-story.html 2015年9月23日閲覧。 
  3. ^ Chapman 2001, pp. 542–543; Hall 2006, p. 468.
  4. ^ a b c Charles Casillo, Marilyn Monroe : The Private Life of a Public Icon (New York : St. Martin's Press, 2018)
  5. ^ a b Chapman 2001, pp. 542–543.
  6. ^ a b c マリリン・モンロー、今も残る死の謎 新婚旅行で原爆資料館にも…”. withnews. 朝日新聞社 (2017年8月5日). 2017年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Michelle Vogel, Marilyn Monroe : Her Films, Her Life (Carolina : McFarland & Company, 2014)
  8. ^ Spoto 2001, pp. 3, 13–14.
  9. ^ Churchwell 2004, p. 150, citing Spoto, Summers and Guiles.
  10. ^ アンソニー・サマーズ『マリリン・モンローの真実(上)』、28頁、中田耕治訳、扶桑社<扶桑社ミステリー>、1988年7月
  11. ^ Churchwell 2004, pp. 149–152; Banner 2012, p. 26; Spoto 2001, p. 13.
  12. ^ Churchwell 2004, p. 152; Banner 2012, p. 26; Spoto 2001, p. 13.
  13. ^ Keslassy, Elsa (2022年4月4日). “Marilyn Monroe's Biological Father Revealed in Documentary 'Marilyn, Her Final Secret'” (英語). Variety. 2022年8月23日閲覧。
  14. ^ Miracle 1994, p. see family tree.
  15. ^ Spoto 2001, p. 88, for first meeting in 1944.
  16. ^ L.A.County Hall of Records Case No. D-53720, 05MAR1927.
  17. ^ AP (1981年2月13日). “Mortensen's Death and documents”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9D02E1DC1639F930A25751C0A967948260 2010年3月2日閲覧。 
  18. ^ a b Spoto 2001, pp. 17–26.
  19. ^ Spoto 2001, pp. 16–26.
  20. ^ a b Spoto 2001, pp. 26–28.
  21. ^ a b Churchwell 2004, pp. 155–156.
  22. ^ Spoto 2001, pp. 100–101, 106–107, 215–216.
  23. ^ Spoto 2001, pp. 40–49.
  24. ^ Spoto 2001, pp. 33–40.
  25. ^ Banner 2012, pp. 48–49.
  26. ^ Banner 2012, pp. 7, 40–59.
  27. ^ Churchwell 2004, pp. 166–173.
  28. ^ Banner 2012, pp. 27, 54–73.
  29. ^ Banner 2012, pp. 47–48.
  30. ^ Spoto 2001, pp. 44–45.
  31. ^ Banner 2012, pp. 60–63.
  32. ^ a b Spoto 2001, pp. 49–50.
  33. ^ Banner 2012, pp. 62–64.
  34. ^ Meryman, Richard (2007年9月14日). “Great interviews of the 20th century: "When you're famous you run into human nature in a raw kind of way"”. The Guardian. オリジナルの2015年11月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151104070748/http://www.theguardian.com/theguardian/2007/sep/14/greatinterviews 2015年10月21日閲覧。 
  35. ^ Spoto 2001, pp. 51–67.
  36. ^ Spoto 2001, pp. 68–69.
  37. ^ Banner 2012, pp. 73–76.
  38. ^ a b Spoto 2001, pp. 67–69.
  39. ^ a b Spoto 2001, pp. 70–75.
  40. ^ Banner 2012, pp. 86–90.
  41. ^ Spoto 2001, p. 70–78.
  42. ^ a b c Spoto 2001, pp. 83–86.
  43. ^ Spoto 2001, pp. 90–91.
  44. ^ Yank USA 1945”. Wartime Press. 2017年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月13日閲覧。
  45. ^ Spoto 2001, pp. 90–93.
  46. ^ Banner 2012, pp. 103–104.
  47. ^ Spoto 2001, pp. 95–107.
  48. ^ a b Spoto 2001, pp. 93–95.
  49. ^ Spoto 2001, p. 95, for statement & covers.
  50. ^ Spoto 2001, pp. 110–111.
  51. ^ Spoto 2001, pp. 110–112.
  52. ^ Banner 2012, p. 119.
  53. ^ Spoto 2001, pp. 112–114.
  54. ^ Spoto 2001, p. 114.
  55. ^ Spoto 2001, p. 109.
  56. ^ Spoto 2001, pp. 118–120.
  57. ^ Spoto 2001, pp. 120–121.
  58. ^ a b Churchwell 2004, p. 59.
  59. ^ Spoto 2001, pp. 122–126.
  60. ^ a b Spoto 2001, pp. 120–121, 126.
  61. ^ Spoto 2001, pp. 122–129.
  62. ^ Spoto 2001, pp. 130–133.
  63. ^ Churchwell 2004, pp. 204–216, citing Summers, Spoto and Guiles for Schenck; Banner 2012, pp. 141–144; Spoto 2001, pp. 133–134.
  64. ^ Banner 2012, p. 139.
  65. ^ Spoto 2001, pp. 133–134.
  66. ^ Summers 1985, p. 43.
  67. ^ Ortner, Jon. “Sex Goddesses & Pin-Up Queens”. issue magazine. オリジナルの2022年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/mf4U2 2022年7月19日閲覧。 
  68. ^ a b Spoto 2001, pp. 151–153.
  69. ^ Spoto 2001, pp. 151–153; Banner 2012, pp. 140–149.
  70. ^ Spoto 2001, pp. 145–146.
  71. ^ Churchwell 2004, pp. 59–60.
  72. ^ Spoto 2001, pp. 159–162.
  73. ^ Spoto 2001, p. 182.
  74. ^ Riese 1988, p. 228.
  75. ^ Spoto 2001, pp. 175–177.
  76. ^ Churchwell 2004, p. 60.
  77. ^ Spoto 2001, pp. 179–187.
  78. ^ Spoto 2001, p. 192.
  79. ^ Kahana (2014年1月30日). “Marilyn: The Globes' Golden Girl”. Hollywood Foreign Press Association (HFPA). 2015年9月11日閲覧。
  80. ^ Spoto 2001, pp. 180–181.
  81. ^ Spoto 2001, p. 201.
  82. ^ Summers 1985, p. 58.
  83. ^ a b Spoto 2001, pp. 210–213.
  84. ^ Hopper, Hedda (1952年5月4日). “They Call Her The Blowtorch Blonde”. Chicago Tribune. オリジナルの2015年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151121135919/http://archives.chicagotribune.com/1952/05/04/page/103/article/they-call-her-the-blowtorch-blonde 2015年10月18日閲覧。 
  85. ^ Spoto 2001, pp. 188–189.
  86. ^ Churchwell 2004, p. 61 for being commercially successful.
  87. ^ a b Spoto 2001, pp. 194–195.
  88. ^ Clash By Night”. American Film Institute. 2015年8月8日閲覧。
  89. ^ Spoto 2001, pp. 196–197.
  90. ^ Crowther, Bosley (1952年7月19日). “Don't Bother to Knock”. The New York Times. オリジナルの2015年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150904002218/https://www.nytimes.com/movie/review?res=9400E7DA153AE23BBC4152DFB1668389649EDE 2015年8月8日閲覧。 
  91. ^ a b Churchwell 2004, p. 61.
  92. ^ “Review: Don't Bother to Knock”. Variety. (1951年12月31日). https://variety.com/1951/film/reviews/don-t-bother-to-knock-1200417267/ 2015年8月8日閲覧。 
  93. ^ Spoto 2001, p. 200.
  94. ^ a b c d e Churchwell 2004, p. 62.
  95. ^ Spoto 2001, pp. 224–225.
  96. ^ Muir, Florabel (1952年10月19日). “Marilyn Monroe Tells: How to Deal With Wolves”. Chicago Tribune. オリジナルの2015年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151121143131/http://archives.chicagotribune.com/1952/10/19/page/103/article/marilyn-monroe-tells 2015年10月18日閲覧。 
  97. ^ Marilyn Monroe as told to Florabel Muir (1953年1月). “Wolves I Have Known”. Motion Picture: p. 41. オリジナルの2021年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210310220531/http://es-blog-images.everlasting-star.net.s3-website-eu-west-1.amazonaws.com/wp-content/uploads/2017/10/Motion_Picture__january_1953__b.jpg 2022年1月31日閲覧。 
  98. ^ Churchwell 2004, p. 238.
  99. ^ Spoto 2001, pp. 139, 195, 233–234, 241, 244, 372.
  100. ^ a b c Spoto 2001, pp. 328–329.
  101. ^ a b Filmmaker interview – Gail Levin”. Public Broadcasting Service (2006年7月19日). 2016年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月11日閲覧。
  102. ^ Churchwell 2004, pp. 257–264.
  103. ^ Banner 2012, pp. 189–190, 210–211.
  104. ^ a b Spoto 2001, p. 221.
  105. ^ a b The 2006 Motion Picture Almanac, Top Ten Money Making Stars”. Quigley Publishing Company. 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月25日閲覧。
  106. ^ Churchwell 2004, p. 233.
  107. ^ Churchwell 2004, pp. 25, 62.
  108. ^ “Niagara Falls Vies With Marilyn Monroe”. The New York Times. (1953年1月22日). オリジナルの2015年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151105231428/http://www.nytimes.com/movie/review?res=940DE0DF163FE53ABC4A51DFB7668388649EDE 2015年10月18日閲覧。 
  109. ^ “Review: 'Niagara'”. Variety. (1952年12月31日). オリジナルの2015年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151121060822/http://variety.com/1952/film/reviews/niagara-1200417447/ 2015年10月18日閲覧。 
  110. ^ a b Spoto 2001, pp. 236–238.
  111. ^ Truhler, Kimberly. “Style Essentials--Stardom Strikes Marilyn Monroe as GENTLEMEN PREFER BLONDES”. 2022年9月5日閲覧。
  112. ^ Spoto 2001, p. 231.
  113. ^ Spoto 2001, pp. 219–220.
  114. ^ Spoto 2001, p. 242.
  115. ^ a b c Solomon 1988, p. 89.
  116. ^ Brogdon, William (1953年7月1日). “Gentlemen Prefer Blondes”. Variety. オリジナルの2015年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151121062432/http://variety.com/1953/film/reviews/gentlemen-prefer-blondes-2-1200417560/ 2015年10月18日閲覧。 
  117. ^ Spoto 2001, p. 250.
  118. ^ a b Churchwell 2004, p. 217.
  119. ^ Churchwell 2004, p. 68.
  120. ^ Churchwell 2004, pp. 68, 208–209.
  121. ^ Banner 2012, p. 217.
  122. ^ Summers 1985, p. 92.
  123. ^ Spoto 2001, p. 260.
  124. ^ Spoto 2001, pp. 262–263.
  125. ^ a b c d e マリリン・モンロー、闇から浮上したSEXシンボル”. エスクァイア (2016年6月12日). 2021年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月26日閲覧。
  126. ^ a b c #佐山171-190頁
  127. ^ きょうはDONな日 1962年8月5日 マリリン・モンローが亡くなった日”. おもいッきりDON!. 日本テレビ (2009年8月5日). 2009年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月15日閲覧。
  128. ^ a b 生誕90年!マリリン・モンローに何があったのか? ~運命の24日間!日本でのハネムーンの真相~”. BS朝日ザ・ドキュメンタリー. BS朝日 (2016年9月8日). 2022年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月26日閲覧。
  129. ^ a b モンロー来日時のエピソード”. ヒューマンストリート. エフエム福岡 (2008年2月11日). 2022年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月26日閲覧。
  130. ^ a b “カープ50周年特集 カープ年表(1954年)”. 中国新聞 (中国新聞社). (1999年4月22日). オリジナルの2000年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20000509123800/http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/50y/nen/990422.html 2022年3日10日閲覧。 “元カープ社長の孫 50年代の写真発見 スター来訪 復興に光”. 中国新聞 (ヒロシマ平和メディアセンター). (2017年12月5日). オリジナルの2020年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201204033226/https://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=79919 2022年3日10日閲覧。 
  131. ^ “ボクの思い出STADIUM:広島総合&広島市民球場”. 中日スポーツ. (2016年7月12日). オリジナルの2016年8月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160801025853/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/omoidestadium/CK2016072102100020.html 2016年11月21日閲覧。 思い出のスタジアム広島市民球場…2千人暴徒乱入事件
  132. ^ 比嘉太一・山崎毅朗・比嘉展玖・副島英樹 (2021年8月6日). “核といのちを考える 怒るゲバラ、モンローはため息 広島・長崎に刻んだ思い”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月26日閲覧。
  133. ^ 玉木研二 (2016年5月27日). “オバマ大統領に伝えたい 広島、71年の営み”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナルの2016年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160528110215/https://mainichi.jp/articles/20160527/dde/012/040/005000c 2022年3月10日閲覧。 
  134. ^ a b 西本恵「絶世の美女マリリン・モンロー、広島総合球場に現る。『スロー』『スロー』『ブーン』のアメリカ流指導に耳を傾ける。」『広島カープ昔話・裏話 じゃけえカ−プが好きなんよ』トーク出版、2008年、222-227頁。ISBN 9784904014073 
  135. ^ 広島県営グランドを歩くモンロー(サンデー毎日、1980年8月17日 巻頭グラビア)。カープ写真パネル展みんなで語ろう民放史. 泣き笑いスポーツアナ奮戦記 -カープを追い続けた地方局- 山中 善和 (RCC)
  136. ^ Churchwell 2004, p. 241.
  137. ^ Spoto 2001, p. 267.
  138. ^ a b Spoto 2001, p. 271.
  139. ^ Churchwell 2004, pp. 66–67.
  140. ^ Riese 1988, pp. 338–440.
  141. ^ a b Spoto 2001, pp. 283–284.
  142. ^ Spoto 2001, p. 331.
  143. ^ Spoto 2001, pp. 284–285.
  144. ^ Spoto 2001, pp. 208, 222–223, 262–267, 292.
  145. ^ Summers 1985, pp. 103–105.
  146. ^ Spoto 2001, pp. 158–159, 252–254.
  147. ^ Spoto 2001, pp. 295–298.
  148. ^ a b Spoto 2001, pp. 301–302.
  149. ^ Spoto 2001, pp. 302–303.
  150. ^ Spoto 2001, p. 338.
  151. ^ Spoto 2001, p. 302.
  152. ^ Spoto 2001, p. 327.
  153. ^ Spoto 2001, p. 350.
  154. ^ Spoto 2001, pp. 310–313.
  155. ^ Spoto 2001, pp. 312–313, 375, 384–385, 421, 459 on years and names.
  156. ^ a b Spoto 2001.
  157. ^ Spoto 2001, p. 337.
  158. ^ Summers 1985, p. 157.
  159. ^ Spoto 2001, p. 337; Meyers 2010, p. 98.
  160. ^ a b Spoto 2001, pp. 339–340.
  161. ^ a b Banner 2012, pp. 296–297.
  162. ^ a b Spoto 2001, p. 341.
  163. ^ Spoto 2001, pp. 343–345.
  164. ^ Spoto 2001, p. 345.
  165. ^ Spoto 2001, pp. 352–357.
  166. ^ Spoto 2001, pp. 352–354.
  167. ^ Spoto 2001, pp. 354–358, for location and time.
  168. ^ Banner 2012, p. 254.
  169. ^ Spoto 2001, pp. 364–365.
  170. ^ Schreck (2014年11月). “Marilyn Monroe's Westchester Wedding; Plus, More County Questions And Answers”. Westchester Magazine. 2019年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。
  171. ^ Banner 2012, p. 256.
  172. ^ a b c d Meyers 2010, pp. 156–157.
  173. ^ Churchwell 2004, pp. 253–257.
  174. ^ Spoto 2001, pp. 358–359.
  175. ^ Spoto 2001, p. 358.
  176. ^ Kahana (2014年1月30日). “Marilyn: The Globes' Golden Girl”. Hollywood Foreign Press Association (HFPA). 2015年9月11日閲覧。
  177. ^ Spoto 2001, p. 372.
  178. ^ a b Churchwell 2004, pp. 258–261.
  179. ^ a b Spoto 2001, pp. 370–379.
  180. ^ Churchwell 2004, p. 69; Banner 2012, p. 314, for being on time.
  181. ^ a b Banner 2012, p. 346.
  182. ^ a b Spoto 2001, pp. 368–376; Banner 2012, pp. 310–314.
  183. ^ Spoto 2001, pp. 381–382.
  184. ^ Spoto 2001, pp. 392–393, 406–407.
  185. ^ a b Churchwell 2004, pp. 274–277.
  186. ^ Churchwell 2004, pp. 271–274; Banner 2012, pp. 222, 226, 329–30, 335, 362.
  187. ^ a b Churchwell 2004, pp. 271–274.
  188. ^ Banner 2012, p. 321.
  189. ^ Spoto 2001, pp. 389–391.
  190. ^ Banner 2012, p. 325 on it being a comedy on gender.
  191. ^ Banner 2012, p. 325.
  192. ^ Churchwell 2004, p. 626.
  193. ^ Spoto 2001, pp. 399–407.
  194. ^ Banner 2012, p. 327 on "sinking ship" and "phallic symbol".
  195. ^ a b Churchwell 2004, pp. 262–266.
  196. ^ Spoto 2001, p. 406.
  197. ^ Spoto 2001, p. 406; Banner 2012, p. 346.
  198. ^ “Review: 'Some Like It Hot'”. Variety. (1959年2月24日). オリジナルの2015年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151031205405/http://variety.com/1959/film/reviews/some-like-it-hot-2-1200419454/ 2015年10月21日閲覧。 
  199. ^ The 100 greatest comedies of all time”. BBC (2017年8月22日). 2018年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月21日閲覧。
  200. ^ Some Like It Hot”. American Film Institute. 2019年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月5日閲覧。
  201. ^ Christie (2012年9月). “The top 50 Greatest Films of All Time”. British Film Institute. 2015年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月5日閲覧。
  202. ^ a b Churchwell 2004, p. 71.
  203. ^ Spoto 2001, pp. 410–415.
  204. ^ Churchwell 2004, p. 72.
  205. ^ Riese 1988, p. 270.
  206. ^ Crowther, Bosley (1960年9月9日). “Movie Review: Let's Make Love (1960)”. The New York Times. オリジナルの2015年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151011184254/http://www.nytimes.com/movie/review?res=9A01E1DA1F3EEF3ABC4153DFBF66838B679EDE 2015年10月18日閲覧。 
  207. ^ Hopper, Hedda (1960年8月25日). “Hedda Finds Marilyn's Film 'Most Vulgar'”. Chicago Tribune. オリジナルの2016年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160422020025/http://archives.chicagotribune.com/1960/08/25/page/138/article/hedda-finds-marilyns-new-film-most-vulgar/ 2015年10月18日閲覧。 
  208. ^ Banner 2012, p. 335.
  209. ^ a b Churchwell 2004, p. 266.
  210. ^ Spoto 2001, pp. 429–430.
  211. ^ Spoto 2001, pp. 431–435.
  212. ^ a b Spoto 2001, pp. 435–445.
  213. ^ Tracy 2010, p. 109.
  214. ^ Spoto 2001, pp. 450–455.
  215. ^ a b Spoto 2001, p. 456.
  216. ^ The Misfits”. Variety (1960年12月31日). 2016年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月16日閲覧。
  217. ^ Crowther, Bosley (1961年2月2日). “Movie Review: The Misfits (1961)”. The New York Times. オリジナルの2015年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151101042756/http://www.nytimes.com/movie/review?res=9C06E0D71739EE32A25751C0A9649C946091D6CF 2015年10月18日閲覧。 
  218. ^ Andrew (2015年6月17日). “A Film That Fate Helped Make a Classic: The Misfits”. British Film Institute. 2015年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月10日閲覧。
  219. ^ Tracy 2010, p. 96.
  220. ^ McNab, Geoffrey (2015年6月12日). “The Misfits, film review: Marilyn Monroe gives an extraordinary performance”. The Independent. オリジナルの2016年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161117212257/http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/reviews/the-misfits-film-review-marilyn-monroe-gives-an-extraordinary-performance-10314475.html 2016年11月16日閲覧。 
  221. ^ Spoto 2001, pp. 453–454.
  222. ^ Spoto 2001, pp. 453, for a new role, 466–467 for operations, 456–464 for psychiatric hospital stays.
  223. ^ a b c d Spoto 2001, pp. 456–459.
  224. ^ a b Spoto 2001, pp. 464–470, 483–485, 594–596; Churchwell 2004, p. 291.
  225. ^ Spoto 2001, pp. 465–470, 484–485.
  226. ^ Spoto 2001, pp. 495–496.
  227. ^ Churchwell 2004, p. 258, for the involvement of MMP.
  228. ^ a b Spoto 2001, pp. 524–525.
  229. ^ a b Spoto 2001, pp. 520–521.
  230. ^ Churchwell 2004, pp. 291–294; Rollyson 2014, p. 17; Spoto 2001, pp. 488–493.
  231. ^ a b c d Fredrik Logevall, JFK : Coming of Age in the American Century, 1917-1956 (New York : Random House, 2020)
  232. ^ マリリン・モンローとケネディ兄弟の貴重な写真が公に(下)”. CNN (2010年6月2日). 2010年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月5日閲覧。
  233. ^ Banner 2012, p. 398.
  234. ^ Spoto 2001, p. 523.
  235. ^ Churchwell 2004, p. 74.
  236. ^ Spoto 2001, p. 535.
  237. ^ a b Churchwell 2004, p. 75.
  238. ^ Spoto 2001, pp. 535–536.
  239. ^ Rollyson 2014, p. 273–274, 279.
  240. ^ Summers 1985, p. 301.
  241. ^ Spoto 2001, pp. 538–543.
  242. ^ Banner 2012, p. 401.
  243. ^ Marilyn Monroe en Méxicolanguage=es. Canal22. 5 June 2016. t6Oq8Y0Hv9o. 2022年7月27日閲覧
  244. ^ a b c d Spoto 2001, pp. 574–577.
  245. ^ Banner 2012, p. 411.
  246. ^ a b c d Spoto 2001, pp. 580–583.
  247. ^ a b Kormam (1962年8月18日). “Marilyn Monroe Ruled 'Probable Suicide' Victim”. Chicago Tribune. 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月21日閲覧。
  248. ^ a b Banner 2012, p. 427.
  249. ^ Hopper (1962年8月6日). “Pill Death Secret Goes With Marilyn”. Chicago Tribune. 2016年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月23日閲覧。
  250. ^ “Brilliant Stardom and Personal Tragedy Punctuated the Life of Marilyn Monroe”. The New York Times. (1962年8月6日). オリジナルの2016年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160310145114/https://www.nytimes.com/books/98/11/22/specials/monroe-obit2.html 2015年9月23日閲覧。 
  251. ^ The Studio for Southern California History”. Retrieved February. 2022年8月16日閲覧。
  252. ^ a b c Spoto 2001, pp. 594–597.
  253. ^ “Top 10 Celebrity Grave Sites: Marilyn Monroe”. Time. (September 3, 2009). オリジナルのNovember 19, 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151119201501/http://content.time.com/time/specials/packages/article/0%2C28804%2C1919236_1919237_1919221%2C00.html 2015年10月15日閲覧。. 
  254. ^ a b Spoto 2001, p. 454.
  255. ^ Churchwell 2004, pp. 247–248.
  256. ^ Charchwell 2004, pp. 247–248.
  257. ^ a b c Kirsta, Alix (2012年2月3日). “[The Daily Telegraph Selling the dead]”. The Daily Telegraph. 2022年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月28日閲覧。
  258. ^ Koppel, Nathan (2006年4月10日). “A Battle Erupts Over the Right To Market Marilyn”. he Wall Street Journal. 2022年8月28日閲覧。
  259. ^ マリリン・モンローの肖像権消滅”. 日刊スポーツ (2008年4月1日). 2022年8月21日閲覧。
  260. ^ 『マフィアとケネディ一族』P.268 ジョン・H・デイヴィス著、市雄貴訳 朝日新聞社1994年
  261. ^ ロバート・スレイツァー 『マリリン・モンロー他殺の証明』 仙名紀訳 朝日新聞社 1993年、314頁。ISBN 978-4022565730
  262. ^ Churchwell 2004, pp. 297–318, for different theories proposed by Spoto, Summers, Brown & Barham, and Donald Wolfe.
  263. ^ Spoto 2001, pp. 600–603; Churchwell 2004, pp. 89–90, 309–310.
  264. ^ Spoto 2001, pp. 600–603; Charchwell 2004, pp. 89–90, 309–310.
  265. ^ Churchwell 2004, pp. 89–90.
  266. ^ Churchwell 2004, pp. 92–94.
  267. ^ a b Churchwell 2004, pp. 301–302.
  268. ^ Spoto 2001, pp. 605–606.
  269. ^ Spoto 2001, p. 606.
  270. ^ 1985年9月25日付け「サンケイスポーツ」閲覧 "死因はやはり自殺"
  271. ^ a b Churchwell 2004, pp. 97–98.
  272. ^ Spoto 2001, pp. 606–608.
  273. ^ Churchwell 2004, pp. 97–98, 311.
  274. ^ Spoto 2001, p. 472; Banner 2012, p. 9.
  275. ^ Spoto 2001, pp. 583–592.
  276. ^ a b Churchwell 2004, pp. 109–110, 332–334.
  277. ^ New Chapter in the Mystery of Marilyn: Her Own Words?”. Los Angeles Times (2005年8月5日). 2022年8月29日閲覧。
  278. ^ a b c Banner 2012, pp. 419–420.
  279. ^ a b Charles Casillo, Marilyn Monroe : The Private Life of a Public Icon (New York : St. Martin's Press, 2018)
  280. ^ Michelle Vogel, Marilyn Monroe : Her Films, Her Life (Carolina : McFarland & Company, 2014)
  281. ^ Banner 2012, pp. 124, 177.
  282. ^ a b c Dyer 1991, pp. 19, 20.
  283. ^ Banner 2012, pp. 172–174.
  284. ^ Stacey (2008年5月). “Model Arrangement”. Smithsonian Institution. 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月11日閲覧。
  285. ^ Spoto 2001, pp. 172–174, 210–215, 566.
  286. ^ Banner 2012, p. 238.
  287. ^ Banner 2012, pp. 38, 175, 343.
  288. ^ Churchwell 2004, pp. 21–26, 181–185.
  289. ^ Dyer 1991, pp. 33–34.
  290. ^ Banner 2012, p. 194.
  291. ^ a b Dyer 1991, pp. 19–20.
  292. ^ Churchwell 2004, p. 25.
  293. ^ a b Spoto 2001, pp. 224–225, 342–343.
  294. ^ Dyer 1991, p. 45.
  295. ^ Banner 2012, pp. 44–45.
  296. ^ Harris 1991, pp. 40–44.
  297. ^ Banner 2012, pp. 273–276.
  298. ^ Dotinga, Randy (2012年8月3日). “Marilyn Monroe: Anything but a dumb blonde”. The Christian Science Monitor. 2016年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月16日閲覧。
  299. ^ a b Spoto 2001, p. 396.
  300. ^ Solomon 2010, p. 110.
  301. ^ “From the archives: Sex Symbol Diana Dors Dies at 52”. The Guardian. (1964年5月5日). オリジナルの2015年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150925131302/http://www.theguardian.com/film/2009/may/05/from-the-archives-diana-dors-obituary 2015年9月11日閲覧。 
  302. ^ Banner 2012, p. 244.
  303. ^ Banner. “The Meaning of Marilyn”. Women's Review of Books. 2018年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  304. ^ Churchwell 2004, p. 63 for West.
  305. ^ Banner 2012, pp. 170–171.
  306. ^ Banner 2012, p. 201.
  307. ^ Dyer 1991, p. 21.
  308. ^ Dyer 1991, pp. 29–39.
  309. ^ Dyer 1991, p. 57, quoting Haskell.
  310. ^ Haskell 1991, p. 256.
  311. ^ Dyer 1991, p. 39.
  312. ^ Dyer 1991, p. 40.
  313. ^ Banner 2012, pp. 254–256.
  314. ^ Banner 2012, p. 184.
  315. ^ Banner 2012, p. 8.
  316. ^ ポピュラックス文化 現代美術用語辞典ver2.0”. artscape~新聞. 2022年8月17日閲覧。
  317. ^ Banner 2012, pp. 239–240.
  318. ^ Handyside 2010, pp. 1–16.
  319. ^ Handyside 2010, p. 2, quoting Mulvey.
  320. ^ 『ピーター・ローフォード―ケネディ兄弟とモンローの秘密を握っていた男』 348頁、ジェイムズ スパダ、広瀬順弘訳、読売新聞社1992年
  321. ^ 『JFKの寝室 ケネディとジャクリーンの封印された性』370頁、クリストファー・アンダーソン著、戸根田由紀恵訳、徳間書店、1997年
  322. ^ 『マフィアとケネディ一族』 266頁、ジョン・H・デイヴィス著、市雄貴訳、朝日新聞社1994年
  323. ^ a b 1999年3月8日「ジョー・ディマジオ選手が亡くなった日」”. DON!特集. 2013年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月24日閲覧。
  324. ^ a b Joe Directs Marilyn’s Funeral”. PBS.org. 2013年12月24日閲覧。
  325. ^ マリリン・モンローとジョー・ディマジオ”. 福岡県立図書館ホームページ. 2013年12月24日閲覧。
  326. ^ 伊東一雄. メジャーリーグこそ我が人生:パンチョ伊東の全仕事. サンケイスポーツ. p. 418 
  327. ^ Report: DiMaggio's Final Words”. ABC News.go.com. 2013年12月24日閲覧。
  328. ^ フウス・ライテルス編、『モンロー・トーク』、46頁、関美冬訳、河出書房新社・アップリンク発行、初版1992年4月10日
  329. ^ #佐山101頁
  330. ^ 詩人・白石かずこの作家・寺内大吉とのインタビュー記事「鞠利院不滅美色悶浪大姉はアメリカ民主主義の匂いがした」、小学館の雑誌『サライ』、4巻10号/通巻65号(1992年5月)、30-31頁より。
  331. ^ 1990年7月3日付け「日刊スポーツ」1面閲覧 "英紙報道 元恋人が暴露 モンローに娘がいた"
  332. ^ アンソニー・サマーズ『マリリン・モンローの真実(上)』 、456頁、中田耕治訳、扶桑社<扶桑社ミステリー>、1988年7月
  333. ^ 『追憶マリリン・モンロー』、36頁、井上篤夫集英社文庫、初版2001年8月
  334. ^ a b マリリン・モンローの肖像権消滅”. 日刊スポーツ (2008年4月1日). 2022年8月21日閲覧。
  335. ^ cinematoday. “モンローに肖像権なし”. 2012年9月5日閲覧。
  336. ^ 故M・モンローの「上」隣の墓が競売に、2億円超の入札も”. ロイター (200-08-11). 2022年8月21日閲覧。
  337. ^ M・モンローの真上の墓、競売の落札価格は4億円超”. ロイター (2009年8月25日). 2022年8月21日閲覧。
  338. ^ M・モンローの真上の墓、日本からの落札者が購入辞退”. ロイター (2009年8月27日). 2022年8月21日閲覧。
  339. ^ M・モンローの真上の墓、2度目の競売でも売れず”. 朝日新聞 (2009年11月3日). 2022年8月21日閲覧。
  340. ^ a b c マリリン・モンローの納骨室の真上、4億3000万円で落札”. AFPBB News. 2022年8月21日閲覧。
  341. ^ モンローのX線写真やジミヘンのギターが競売に”. AFPBB News. AFP. 2022年8月21日閲覧。
  342. ^ モンローさんのレントゲン写真、高値で落札”. 日テレNEWS. 日本テレビ (2010年6月29日). 2022年8月21日閲覧。
  343. ^ Marilyn Monroe's chest x-ray from 1954 sells for $45,000 at Las Vegas auction”. DAILY NEWS (2010年6月28日). 2010年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月21日閲覧。
  344. ^ Milligan, Lauren (2011年6月10日). “マリリン・モンローの伝説のドレスがオークションに”. Vogue Japan. 2022年8月21日閲覧。
  345. ^ a b c モンローの「地下鉄ドレス」が3.7億円で落札、予想を大幅に超える”. ロイター. 2022年8月21日閲覧。
  346. ^ 米の巨大マリリン・モンロー像 7年ぶりにお目見え”. テレ朝news. テレビ朝日 (2021年6月10日). 2022年8月21日閲覧。
  347. ^ としまえん、7月1日プール開き ポスターはマリリン・モンロー起用”. 練馬経済新聞 (2017年6月26日). 2020年9月23日閲覧。
  348. ^ としまえん、回転木馬110周年で記念ロゴ&ポスター 「マリリン・モンローから祝福」も”. 練馬経済新聞 (2017年4月4日). 2020年9月23日閲覧。
  349. ^ としまえん運営部長「世界の宝」回転木馬の稼働願う”. 日刊スポーツ (2020年8月31日). 2020年9月23日閲覧。
  350. ^ a b Fuller 1983, p. 309.
  351. ^ Churchwell 2004, p. 8.
  352. ^ Stromberg (2011年8月5日). “Remembering Marilyn Monroe”. Smithsonian Institution. 2015年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月10日閲覧。
  353. ^ Wild (2015年5月29日). “Marilyn: The Icon”. British Film Institute. 2015年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月10日閲覧。
  354. ^ Rudnick, Paul (June 14, 1999). “The Blond Marilyn Monroe”. Time. オリジナルのJanuary 6, 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160106091538/http://content.time.com/time/magazine/article/0%2C9171%2C991257%2C00.html 2015年8月30日閲覧。. 
  355. ^ Churchwell 2004, pp. 33, 40.
  356. ^ a b c Churchwell, Sarah (2015年1月9日). “Max Factor Can't Claim Credit for Marilyn Monroe”. The Guardian. オリジナルの2015年8月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150825013827/http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/jan/09/max-factor-cant-claim-marilyn-monroe 2015年8月30日閲覧。 
  357. ^ Churchwell 2004, pp. 12–15; Hamscha 2013, pp. 119–129.
  358. ^ Schneider, Michel (2011年11月16日). “Michel Schneider's Top 10 Books About Marilyn Monroe”. The Guardian. オリジナルの2015年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150928145942/http://www.theguardian.com/books/2011/nov/16/michel-schneider-top-10-marilyn-monroe-books 2015年8月30日閲覧。 
  359. ^ a b Rose 2014, pp. 100–137.
  360. ^ Haskell 1991, pp. 254–265.
  361. ^ Banner, Lois (2012年7月21日). “Marilyn Monroe: Proto-feminist?”. The Guardian. オリジナルの2015年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151121051705/http://www.theguardian.com/film/2012/jul/21/marilyn-monroe-feminist-psychoanalysis-lois-banner 2015年11月7日閲覧。 
  362. ^ a b Happy Birthday, Marilyn”. The Guardian (2001年5月29日). 2015年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月30日閲覧。
  363. ^ Steinem 1987, pp. 15–23.
  364. ^ Haskell, Molly (1998年11月22日). “Engineering an Icon”. The New York Times. オリジナルの2016年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160307052723/https://www.nytimes.com/books/98/11/22/reviews/981122.22haskelt.html 2015年8月30日閲覧。 
  365. ^ a b Hamscha 2013, pp. 119–129.
  366. ^ Banner, Lois (2012年8月5日). “Marilyn Monroe, the Eternal Shape Shifter”. Los Angeles Times. オリジナルの2019年5月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190517063539/https://www.latimes.com/opinion/la-xpm-2012-aug-05-la-oe-0805-banner-marilyn-monroe-icon-biography-20120805-story.html 2015年8月30日閲覧。 
  367. ^ Frail (2014年11月17日). “Meet the 100 Most Significant Americans of All Time”. Smithsonian Institution. 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月10日閲覧。
  368. ^ “Beatles Named 'Icons of Century'”. BBC. (2005年10月16日). オリジナルの2016年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160306201152/http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4344910.stm 2015年9月10日閲覧。 
  369. ^ "The 200 Greatest Pop Culture Icons Complete Ranked List" (Press release). VH1. 2016年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月10日閲覧
  370. ^ Thomson, David (August 6, 2012). “The Inscrutable Life and Death of Marilyn Monroe”. New Republic. オリジナルのDecember 10, 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151210190429/https://newrepublic.com/article/105847/the-inscrutable-life-and-death-marilyn-monroe 2015年8月30日閲覧。. 
  371. ^ Kael, Pauline (1973年7月22日). “Marilyn: A Rip-Off With Genius”. The New York Times. オリジナルの2016年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160325182658/https://www.nytimes.com/books/97/05/04/reviews/mailer-marilyn.html 2015年8月30日閲覧。 
  372. ^ Bradshaw, Peter (2012年5月9日). “Cannes and the Magic of Marilyn Monroe”. The Guardian. オリジナルの2015年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150923131249/http://www.theguardian.com/film/2012/may/09/cannes-marilyn-monroe 2015年8月30日閲覧。 
  373. ^ Ebert (2000年1月9日). “Some Like It Hot”. Roger Ebert.com. 2016年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月11日閲覧。
  374. ^ Rosenbaum (2005年12月1日). “Marilyn Monroe's Brains”. Chicago Reader. 2015年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月30日閲覧。


「マリリン・モンロー」の続きの解説一覧

マリリン・モンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 00:27 UTC 版)

児童性的虐待」の記事における「マリリン・モンロー」の解説

里子出され先の家で性的虐待受けたとも伝えられる

※この「マリリン・モンロー」の解説は、「児童性的虐待」の解説の一部です。
「マリリン・モンロー」を含む「児童性的虐待」の記事については、「児童性的虐待」の概要を参照ください。


マリリン・モンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 12:42 UTC 版)

NOBELU -演-」の記事における「マリリン・モンロー」の解説

マモリの「最初の子」たる副人格だが、既に自然消滅している。母・トモエのような巨乳なりたいという思いから具現化した。

※この「マリリン・モンロー」の解説は、「NOBELU -演-」の解説の一部です。
「マリリン・モンロー」を含む「NOBELU -演-」の記事については、「NOBELU -演-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マリリン・モンロー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マリリン・モンロー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マリリン・モンロー」の関連用語

マリリン・モンローのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マリリン・モンローのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマリリン・モンロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの児童性的虐待 (改訂履歴)、NOBELU -演- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS