ジャバラとは?

Weblio 辞書 > 生活 > キッチン用語 > ジャバラの意味・解説 

じゃばら


じゃ‐ばら【蛇腹】

の腹のような形状模様の意》

組み立てカメラ引き伸ばし機で、レンズ本体とをつなぐ、遮光性折りたたみ式伸縮自在部分

建物の軒や壁の最上部などに帯状に巡らした、刳形(くりかた)のある突出部分。胴蛇腹や軒蛇腹などがある。

衣服帽子装飾としてつける波状テープ

アコーディオン提灯(ちょうちん)などの胴体の、伸縮する部分

蛇腹糸」の略。

蛇腹伏せ」の略。


ジャバラ

排気排水などに使用するホース、または管のこと。漢字で書くと蛇腹となる。の腹のような形状からこのように呼ばれる

ジャバラ

ジャバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 14:45 UTC 版)

ジャバラは、ミカン属柑橘類の1種で、ユズ九年母(くねんぼ)などの自然交雑種である。原産地は和歌山県東牟婁郡北山村。強烈な酸味と苦味を生かして、北山村が村おこしに活用している[1]




  1. ^ a b 登録品種データベースでは消滅日が1991/11/02とあるが、それでは登録年月日1979/11/01+有効期限18年の計算と合わないので、箸本 2010, p. 50 (n11) の1997年を正解とする。[独自研究?]
  2. ^ 田中 1980, pp. 116-, 「日本柑橘図譜(続篇)」に記載があるが、初出記載文献か分からない
  3. ^ Citrus jabara hort. ex Y. Tanaka も著者 (Y.Tanaka) も、米農務省 GRINIPNI 等のデータベースに登録がない
  4. ^ #中央果実協会サイト ジャバラ「2.分類と品種」では、ジャバラは「スウィングルの分類によるカンキツ属の16種及び田中長三郎の分類による162種の中には含まれていない」。よって文献の中に ex Tanaka と誤記するものがあるが、"Tanaka"は父親の田中長三郎のことであり、誤りである。
  1. ^ 柑橘「じゃばら」年商2億円、和歌山・北山村 40年かけ特産化 「朝日新聞」朝刊2017年4月25日<列島をあるく■地方自治70年>
  2. ^ a b c d e f 箸本 2010, p. 46
  3. ^ 第486289号の2・1780689・1718687・2308951・2377058・4704901:独立行政法人「工業所有権情報・研修館」より
  4. ^ a b c d e #中央果実協会サイト ジャバラ「2.分類と品種」
  5. ^ 農林水産省 (MAFF). “特産果樹生産出荷実績調査”. Feb-2012閲覧。 都道府県別(平成22年産)Excel
  6. ^ 箸本 2010, p. 44
  7. ^ 箸本 2010, pp. 48-50, n11
  8. ^ 柑橘「じゃばら」年商2億円、和歌山・北山村 40年かけ特産化 「朝日新聞」朝刊2017年4月25日<列島をあるく■地方自治70年>
  9. ^ 産経新聞日曜版2016年4月24日「ジャバラ物語・上」
  10. ^ a b 農林水産省 (n.d.). “登録品種データベース”. 登録品種データベース. 2012年10月25日閲覧。 じゃばら(登録番号 10)
  11. ^ 箸本 2010, p. 50 n11 (文末注 p.58)
  12. ^ a b #中央果実協会サイト ジャバラ「5.消費」
  13. ^ a b c 箸本 2010, p. 48
  14. ^ 柑橘「じゃばら」年商2億円、和歌山・北山村 40年かけ特産化 「朝日新聞」朝刊2017年4月25日<列島をあるく■地方自治70年>
  15. ^ 箸本 2010, pp. 48, 51


「ジャバラ」の続きの解説一覧

ジャバラ

出典:『Wiktionary』 (2017/02/23 15:42 UTC 版)

名詞

ジャバラ【邪払、蛇腹、邪祓】

  1. ムクロジ目ミカン科ミカン属属す柑橘類一種学名:Citrus jabara


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャバラ」の関連用語

ジャバラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャバラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2021 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャバラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのジャバラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS