サクラジマミカンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 日本の果実 > サクラジマミカンの意味・解説 

サクラジマミカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/04 14:05 UTC 版)

サクラジマミカン(桜島蜜柑)は、鹿児島県桜島で栽培されている柑橘類の一種。サクラジマコミカン(桜島小蜜柑)とも呼ばれる。品種としてはキシュウミカンとほぼ同一である。同じ品種が桜島を望む鹿児島湾沿いの霧島市福山でも栽培されており、こちらは単にコミカン(小蜜柑)と呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ 桜島小みかん(鹿児島県ウェブサイト)現在の韓国では済州島で日本から伝わった温州ミカンが栽培されている以外、朝鮮半島では気温が低いためミカンの栽培は行われていないのでこの説は誤りであろう
  2. ^ 紀伊国に肥後八代からコミカンが伝わったのが16世紀なのでこの説は誤りであろう。
  3. ^ 1582年に島津氏は八代に進出し1587年まで占領している


「サクラジマミカン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サクラジマミカン」の関連用語

サクラジマミカンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サクラジマミカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクラジマミカン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS