清岡橙とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > 清岡橙の意味・解説 

清岡橙【キヨオカダイダイ】(果樹)

※登録写真はありません 登録番号 172
登録年月日 1981年 10月 8日
農林水産植物の種類 かんきつ
登録品種の名称及びその読み 清岡橙
 よみ:キヨオカダイダイ
品種登録の有効期限 18 年
育成者権の消滅 1996年 10月 9日
品種登録者の名称 清岡愼一
品種登録者の住所 高知県安芸郡安田町大字正弘61番地
登録品種の育成をした者の氏名 清岡慎一
登録品種の植物体の特性の概要
 
登録品種の育成経過概要
 



清岡橙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/16 05:46 UTC 版)

清岡橙(きよおかだいだい)はミカン科ミカン属常緑小高木。香酸柑橘類の一つでユズの近縁種である。1968年に育成者により偶然発見され、その姓をとって命名された。




[ヘルプ]


「清岡橙」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「清岡橙」の関連用語

清岡橙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



清岡橙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清岡橙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS