晩白柚とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 晩白柚の意味・解説 

バンペイユ

別名:晩白柚、ばんぺいゆ

非常に大きな実の生るミカン科柑橘類東南アジア原産とされる日本では熊本県八代市特産地として知られている。

バンペイユの実は直径20センチメートル重さは2キログラム近くまで成長する。皮が非常に厚い。味はよく、果肉そのまま食用とする食べ方が主となっている。

ばんぺいゆ (晩白柚)

Citrus grandis

Citrus grandis

マレー半島原産です。わが国へは昭和時代初め渡来しています。「ぶんたん」の一品種で、果実が非常に大きいのが特徴です。直径2025センチ重さは1.5~3キログラムにもなります。果実淡い黄緑色で、独特のよい香り柔らか食味あります。「ぶんたん(白)」より完熟期が遅いことから、「晩白柚(Ban-pei-yu)」と名づけられました。現在では、熊本県特産品になっています。
ミカン科ミカン属常緑低木で、学名Citrus grandis (syn. Citrus maxima)。英名はありません。
ミカンのほかの用語一覧
ミカン:  八朔  夏蜜柑  文旦  晩白柚  柚子  椪柑  

晩白柚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 09:13 UTC 版)

晩白柚(ばんぺいゆ)は、柑橘類の一つで、ザボンの一品種である。名前は、晩生(晩)、果肉が白っぽいこと(白)、中国語で「丸い柑橘」を意味する柚に由来する。




  1. ^ a b c 【仰天ゴハン】晩白柚(熊本県八代地方)世界にアタック 重量級ザボン『読売新聞』朝刊2019年1月27日(別刷り「よみほっと」1面)。
  2. ^ ジャンボ晩白柚ギネス認証! - 八代市公式サイト
  3. ^ 八代農業高校で育った晩白柚がギネス記録に認定 - 八代市公式サイト
  4. ^ 農林水産省特産果樹生産動態等調査2013年7月23日閲覧


「晩白柚」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「晩白柚」の関連用語

晩白柚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



晩白柚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの晩白柚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS