大将季とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > 大将季の意味・解説 

大将季【ダイマサキ】(果樹)

登録番号 第14415号
登録年月日 2006年 8月 22日
農林水産植物の種類 かんきつ
登録品種の名称及びその読み 大将季
 よみ:ダイマサキ
品種登録の有効期限 30 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 大野孝一
品種登録者の住所 鹿児島県阿久根市脇本3591番地
登録品種の育成をした者の氏名 大野孝一
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「不知火」の枝変わりであり、果形が扁球果実重さが重、果皮色が育成地(鹿児島県阿久根市)では3月上旬成熟するかんきつである。姿は開張大きさは中、樹勢はやや弱である。太さは中、節間長は短、のとげの多少は少である。葉身の形は紡錘形波状程度は弱、葉身大きさは小、葉身長は中、葉身幅は狭、網脈の鮮明度はやや明瞭である。翼葉の形痕跡葉柄長さ及び太さは中である。花序形成は単生、花(花蕾)の重さは軽、花弁の形は紡錘形長さは短、幅は中、色は白、数は5花糸分離程度分離花粉多少はやや少である。果実の形は扁球、果形指数はやや小、果頂部の形は平坦放射条溝及び凹環の有無は無、果梗部の形は低カラー凹、放射条溝の多少は中である。果心の充実度は空、大きさは大、果実重さは重、果皮の色は、油胞の大きさは中、密度は疎、凹凸は凸、果面の粗滑はやや粗、果皮厚さ及び果皮歩合は中、剥皮難易は易である。じょうのう膜の硬さは軟、さじょうの形及び大きさは中、色は濃である。果汁多少は多、甘味は高、酸味及び香気多少は中、種子数は無、胚の数は多胚である。発芽期、開花期及び成熟期は中で育成においては3月上旬である。隔年結果性は中、浮皮果の発生は無、裂果発生及び貯蔵性は中である。「不知火」と比較して、果皮の色がであること等で、「清見」と比較して、果梗部の形が低カラー凹であること、果皮の色がであること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成9年育成者のほ場(鹿児島県阿久根市)において、「不知火」の枝変わり発見以後増殖行いながら特性の調査継続し、16年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。なお、出願時の名称は「紅将季」であった。



大将季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/15 17:53 UTC 版)

大将季(ダイマサキ)とはミカン科ミカン属柑橘類タンゴールのひとつである。






「大将季」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大将季」の関連用語

大将季のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大将季のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大将季 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS