シトロンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 低木 > シトロンの意味・解説 

シトロン【citron】

ミカン科常緑小高木。花は淡紫色。実は長卵形でひだがあり、果肉淡黄色酸味が強い。果実砂糖煮、果汁飲料果皮香料にする。インド原産で、暖地栽培される。丸仏手柑(まるぶしゅかん)。

炭酸水レモン汁を加えて作った清涼飲料水。《 夏》


シトロン


シトロン

名前 Citron

シトロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/26 01:23 UTC 版)

シトロン(学名:Citrus medica)はミカン科ミカン属の常緑低木樹。漢名は枸櫞(くえん)。レモンと類縁関係にある。マルブシュカンとも言う[1]。漢字で書くと丸仏手柑[2]ミカン科常緑小高木レモンと似ているが葉や果実がより大きく,香りもより強い。ブッシュカンの日本在来種で、九州南部の海岸地帯で栽培。寒さに弱く、枝にとげがあり、葉は楕円形。花は薄紫色。果実は長卵形でひだがあり、鮮黄色の広楕円形で冬に熟す。酸味が強く生食できない。果実は砂糖煮、果汁は飲料、果皮や葉は香料にし、またクエン酸をとる。




  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,栄養・生化学辞典,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “シトロンとは” (日本語). コトバンク. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,動植物名よみかた辞典 普及版,精選版. “丸仏手柑(マルブシュカン)とは” (日本語). コトバンク. 2019年10月20日閲覧。


「シトロン」の続きの解説一覧

シトロン

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:20 UTC 版)

名詞

  1. ムクロジ目ミカン科ミカン属属す柑橘類一種学名:Citrus medica。漢名枸櫞

翻訳




シトロンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シトロン」の関連用語

シトロンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シトロンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
イシハライシハラ
Copyright (C) 2021 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシトロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシトロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS