カーブチーとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 沖縄大百科 > カーブチーの意味・解説 

カーブチー

読み方かーぶちー

沖縄在来固有柑橘一つ大きさ温州みかんほどで皮が厚く、種が多い。汁は少ないが、酸味少なく味わい特徴。「カーブチー」とは、「皮がぶ厚い」という意味。面の皮が厚い人のことを「カーブチージラー」と比喩することもある。また、秋の運動会時期に穫れるので「運動会みかん」とも呼ばれている。

カーブチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/13 08:10 UTC 版)

カーブチー(学名:Citrus keraji var.kabuchii hort.ex Tanaka)は、沖縄県原産で、ミカン科ミカン属柑橘。名称は「皮(が)分厚い」の意。






「カーブチー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カーブチー」の関連用語

カーブチーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カーブチーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウルマックスウルマックス
©2020 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカーブチー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS