味わいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 具合 > 味わいの意味・解説 

あじ‐わい〔あぢはひ〕【味わい】

飲食物が舌に与え感じ風味。「新茶には独特の香りと深い味わいがある」

おもむき妙味。「味わいのある言葉


あじ‐わい あぢはひ 【味━】

〔名〕

① 味わうこと。また、味。良い味についていう。

書紀720皇極三年三月図書寮本訓)「是に、押坂直と童子と、煮て食(くら)ふ。大(はなは)た気(かうは)しき味(あちハヒ)有り

古本説話集(1130頃か)五三「鍋に入れて煮食ひつ。そのあぢはひのむまきこと」

物事趣味物事好ましおもむき妙味

源氏100114頃)須磨この世のあぢはひをだに、知る事難(かた)うこそあなれ」

申楽談儀(1430)序「能のあちはひ」

食物

書紀720推古一二四月岩崎本訓)「餮(アチハヒのむさぼり)を絶ち」

浜松中納言(11C中)三「今は(こけ)の衣にやつれて、松の葉をあぢはひにて過ぐす

飲食の欲。食欲

徒然草1331頃)二四二「楽欲(げうよく)する所〈略〉二つには色欲三つには味(あじはひ)なり」

(5) 祝儀または心づけ文政天保一八一八四四)頃の、上方での流行語

当世花詞仙人(1832)「心づけあじわい


味わい

読み方:あじわい

ワ行五段活用動詞「味わう」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

味わい

マーケティング・コンセプトのなかに、時として日常的言葉がキーワードとして登場することがある。「味わい」もその一つであり、量的充足求め昭和40年代機能中心の「質的充実」の昭和50年代を受けて、その先展望する市場切り口として考えられている。味わい市場では、従来の「もっている/もっていない」「よい商品/悪い商品」といった評価ではなく、「好き/嫌い」といった、感覚的なものが商品選択要因になってきている。



味わいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「味わい」の関連用語

味わいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



味わいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS