柑橘とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 柑橘の意味・解説 

かん‐きつ【××橘】

読み方:かんきつ

柑橘類」の略。


柑橘

読み方:カンキツ(kankitsu)

ミカン別称
ミカン科常緑有刺低木またはその果実総称


柑橘類

(柑橘 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/18 02:55 UTC 版)

柑橘類(かんきつるい)は、ミカン科ミカン亜科ミカン連(カンキツ連)の、ミカン属など数属の総称である。漢籍由来の言葉でミカン(蜜)やタチバナ)に代表される。


  1. ^ 広辞苑』「柑橘類」
  2. ^ デジタル大辞泉』「柑橘類」
  3. ^ a b c d 山岡彬雄 (2009), “柑橘類”, 世界大百科事典, 2009年改定新版, 平凡社 
  4. ^ 農林水産省/柑橘類(かんきつるい)というのは、なぜそう呼ばれるのですか。また、柑橘類の色はなぜ黄色いのですか。
  5. ^ 仁藤伸昌, 松川哲也, 伊東卓爾, 我藤雄「近畿大学カンキツ類系統保存品種花粉の発芽」『Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University』第22号、近畿大学生物理工学部、2008年、19-24頁、ISSN 13427202 
  6. ^ a b c d 「みかん」とは?静岡県産業部農林業局みかん園芸室)
  7. ^ 飯塚宗夫 (1987), “柑橘類”, 日本大百科全書, 初版, 小学館 
  8. ^ 小野幹雄 (1993), “ミカン(科)”, ブリタニカ国際大百科事典, 第2版改訂版, ティービーエス・ブリタニカ 
  9. ^ a b “柑橘類”, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典, 第2版改訂版, ティービーエス・ブリタニカ, (1993) 
  10. ^ 統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103
  11. ^ Online Etymology Dictionary
  12. ^ a b Swingle, W.T.; Reece, P.C. (1967), “The botany of Citrus and its wild relatives”, in Reuther W, Webber HJ, Batchelor LD, The Citrus Industry, 1, University of California, pp. 190–430, http://websites.lib.ucr.edu/agnic/webber/Vol1/Chapter3.html 
  13. ^ Lewis & Short Latin Dictionary
  14. ^ 金田初代『大きな写真でよくわかる!花と木の名前事典』2014年、306頁
  15. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年1月11日閲覧。
  16. ^ a b c d [成果情報名]新たに登録される中晩生カンキツ「はるひ」の果実特性”. 長崎県. 2022年3月29日閲覧。
  17. ^ a b 品種、用語の説明(果実調査)”. 和歌山県. 2022年3月29日閲覧。
  18. ^ a b 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 190.
  19. ^ Lorenzo, Y.; Azqueta, A.; Luna, L.; Bonilla, F.; Dominguez, G.; Collins, A. R. (2008). “The carotenoid -cryptoxanthin stimulates the repair of DNA oxidation damage in addition to acting as an antioxidant in human cells”. Carcinogenesis 30: 308. doi:10.1093/carcin/bgn270. 
  20. ^ 矢野友啓、「食品成分による癌予防」 『日本未病システム学会雑誌』 2006年 12巻 1号 p.56-58, doi:10.11288/mibyou1998.12.56
  21. ^ a b 大澤俊彦、「がん予防と食品」『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 p.11-16, doi:10.2740/jisdh.20.11
  22. ^ 片頭痛の病態と誘発因子予防から治療まで見つかる、Eisai、2011-12-19閲覧
  23. ^ a b c d e f g h i j Penjor, Tshering; Yamamoto, Masashi; Uehara, Miki; Ide, Manami; Matsumoto, Natsumi; Matsumoto, Ryoji; Nagano, Yukio (2013), “Phylogenetic Relationships of Citrus and Its Relatives Based on matK Gene Sequences”, PLoS One 8 (4), doi:10.1371/journal.pone.0062574, http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0062574 
  24. ^ Lu, Zhen-hua; Zhou, Zhi-qin; Xie, Rang-jin (2011), “Molecular Phylogeny of the “True Citrus Fruit Trees” Group (Aurantioideae, Rutaceae) as Inferred from Chloroplast DNA Sequence”, Agricultural Sciences in China 10 (1): 49–57 
  25. ^ a b c d e f g 柑橘系の種類は?~わかりやすい分類と一覧~”. 味覚ステーション. 日本味覚協会 (2020年8月8日). 2023年1月21日閲覧。
  26. ^ a b c d e 柑橘系のフルーツの種類とは?分類ごとの特徴をご紹介”. DELISH KITCHEN. every (2022年2月18日). 2023年1月21日閲覧。
  27. ^ JA全農 広報部【公式】 (2021年3月12日). “冬から春にかけては柑橘パラダイス 多種多様の柑橘を追いかけよ!”. note. note. 2023年1月21日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g h i j k 柑橘類とは?柑橘類の種類や構造を解説!”. 三ヶ日みかん(JAみっかび公式ECサイト). 三ヶ日町農業協同組合 (2022年12月10日). 2023年1月21日閲覧。}
  29. ^ ミカン類”. みんなの趣味の園芸. NHK出版. 2023年1月21日閲覧。


「柑橘類」の続きの解説一覧

柑橘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 06:03 UTC 版)

因島」の記事における「柑橘」の解説

ハッサク顕彰碑 安政柑記念碑 因島柑橘栽培明治30年代様々な種が植えられ大正初期には産業として発展した特筆すべき事として、ハッサク安政柑原木はこの島の田熊生まれたことである。一説にはこれに村上水軍関係しているという。彼らは海外含め広い範囲交流があり、島には様々な果物持ち込まれ、その種が実生自然交配繰り返したことによりこれらの雑柑が生まれたという説がある。 柑橘の栽培販路広がった理由に他の要因に絡むものがある。例えば、第一次世界大戦終了とともに殺虫剤輸入再開したため因島除虫菊需要暴落したことが原因でみかん代を渋る問屋出てきたことから、出荷組合創設進められた。船員日立造船などの工員が島の珍しい果物としておみやげ買っていったことが、ハッサク販路拡大繋がったという。

※この「柑橘」の解説は、「因島」の解説の一部です。
「柑橘」を含む「因島」の記事については、「因島」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「柑橘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

柑橘

出典:『Wiktionary』 (2021/08/18 13:02 UTC 版)

名詞

かんきつ

  1. 柑橘類」の略。

発音(?)

か↗んきつ

「柑橘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



柑橘と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柑橘」の関連用語

柑橘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



柑橘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柑橘類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの因島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの柑橘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS