橘とは?

読み方:たちばな
別表記:ヤマトタチバナニッポンタチバナ

橘(たちばな)とは、ミカン科ミカン属常緑小高木柑橘類一種。別名はヤマトタチバナニッポンタチバナという。橘は日本固有の柑橘で、四国九州・沖縄などの海岸に近い山地に自生している。

橘は、木の高さが2メートルから4メートルあり、は横に広がり繁茂しやすい。楕円形の厚みのがあり、棘があるのが特徴的である。5〜6月先に直径2cm白い花を咲かせ、果実は秋から冬に黄色熟し大きさ直径3cmほどで小さい。果皮黄色薄くきやすいが、果肉は非常に酸っぱく、種が大きいためそのまま食べるのは向かないと言われている。そのため、ジャム果実酒調味料として加工されることが多い。果実先端窪む。花やには他のミカン類と同じように良い芳香がある。

橘は、昔から実より花や常緑注目されている1937年制定された文化勲章橘をデザインされている。章の表面に橘の五弁の花があり、章の上ボタン部分には橘のと実がデザインされている。

たちばな【橘】


たちばな【×橘】

ミカン科常緑小高木にとげをもち、小さい。6月ごろ、白い5弁花を開く。実は小さく黄熟しても酸味強く苦みもあり食用にはしない。日本たちばな。《 実=秋 花=夏》「青きの添ふ—の実の割かれ/城」

カラタチバナの別名。

生食された柑橘(かんきつ)類の総称

紋所の名。タチバナと実とを組み合わせて描いたもの

橘の画像
橘の画像
橘の紋所
橘の画像
橘の紋所一つ敷き橘」
橘の画像
橘の紋所一つ「橘
橘の画像
橘の紋所一つ利休橘」

きつ【×橘】

人名用漢字] [音]キツ(漢) [訓]たちばな

木の名。タチバナ。「橘中柑橘類

橘(たちばな)氏のこと。「源平藤橘

難読枸橘(からたち)


たちばな【橘】

1⃣

生食されたミカン古名キシュウミカンコウジ類する京都御所紫宸殿(ししんでん)の南階下の西側にある「右近(うこん)の橘(たちばな)」はこれという。《季・新年

古事記(712)中「其の登岐士玖能(ときじくの)迦玖能(かくの)木の実は、是れ今の橘(たちはな)ぞ」

源氏100114頃)胡蝶「たちはなの薫りし袖によそふれば」

ミカン科常緑低木日本唯一の野生ミカン近畿地方以西山地生え観賞用に栽植される。高さ三〜四メートル密生小さなとげがある長さ三〜六センチメートル楕円披針形先はとがらず縁に鋸歯(きょし)がある。葉柄の翼は狭い。初夏先に白い五弁花を開く。果実は径二〜三センチメートルの偏球形一一月下旬〜一二月に黄熟する。肉は苦く酸味が強いので生食できないが、台湾は調味料に用いる。やまとたちばなにほんたちばな。《季・秋

随筆胆大小心録(1808)四二「この橘は今も東国にあるが、蜜柑のかたちで、苦味がつようて、うまい物ではなし」

植物からたちばな唐橘)」の異名

④ =はなたちばな花橘

有明の別(12C後)三「みすのうちこぼれいでたる袖ぐちども、をりに合ひたるなでしこのはな、たちはな、しゃうぶ、つつじ、かきつばたなどやうのいろを」

(5) 紋所の名。橘のと実とを組み合わせ図案化したもの橘姓橘諸兄)の紋にはじまるといい、久世井伊黒田家日蓮宗日蓮出自井伊家分家貫名家という)の紋となる。橘、向い橘、杏葉(ぎょうよう)橘、橘など種々ある。

橘@杏葉橘@向い橘@枝橘の画像

浮世草子好色一代男(1682)七「天目水飜も橘(タチバナ)の紋付

(6) 香木の名。分類真那賀(まなか)。香味は苦酸。六十一種名香一つ

建部隆勝香之筆記香道秘伝所収)(1573)「一 橘(タチバナ)、聞上真那賀

(7) 薫物の名。

仮名草子竹斎(1635)上「玉簾の隙間漏り来る薫物は、〈略〉卯の花、たち花、

2⃣ 奈良県高市郡明日香村地名飛鳥川の上左岸橘寺菩提寺)がある。

万葉(8C後)二・一七九「橘(たちばな)の嶋宮(しまのみや)には飽かねかも佐田岡辺に侍宿(とのゐ)しに行く」

[語誌](1)書紀垂仁九〇年二月」によると、田道間守(たじまもり)を常世の国に遣わして「非時香菓(ときじくのかくのこのみ)」を求めさせたが、これが「橘」であるという。
(2)花について、歌では、ホトトギス取り合わせ、その芳香愛で、蘰(かづら)にするなど詠み、「五月待つ花たちばなの香をかげば昔の人袖の香ぞする」〔古今‐夏〕により、懐旧の念を起こさせるものとする。実は、平安時代物語などでは、酒肴にしたり〔伊勢物語‐六〇〕、病人食宇津保‐藤原の君〕や妊婦食〔篁物語〕にしている。


たちばな【橘・立花】

姓氏一つ


たちばな 【橘】

柑橘類総称タチバナタチ(立ち)は神霊顕現を意味するとの説がある。記紀にある常世国非時香菓は橘だったという。古代には招魂長寿の呪福物ともされた。文化勲章この花をかたどっている。中国では漢の蘇仙公が死に臨んで母に遺言し、疫病流行のさい庭の井戸水軒端の橘の用いれば治る告げそのとおりになったので、医者のことを「橘井」ともいう。また昔、巴の人が橘の実を割ってみると中で碁を楽しんでいる二人の老人がいたとの伝説から、碁を打つ楽しみを「橘中の楽しみ」という。→ 田道間守

たちばな (橘)

Citrus tachibana

Citrus tachibana

Citrus tachibana

わが国本州静岡県以西太平洋側から四国九州それに台湾済州島分布しています。暖地海岸沿いに生えわが国自生する唯一の柑橘類です。5月から6月ごろ、先に芳香のある白い花を咲かせます。果実は冬に黄色熟しますが、酸味強く食用には適さないそうです。
ミカン科ミカン属常緑低木で、学名Citrus tachibana。英名はありません。
ミカンのほかの用語一覧
ミカン:  晩白柚  柚子  椪柑  橘    清見タンゴール  獅子柚

読み方:タチバナtachibana

太古以来わが国野生する柑橘類果実扁球形で秋熟する黄色となり、果面はなめらかだがしわがある

季節 秋、新年

分類 植物


タチバナ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 13:46 UTC 版)

タチバナ(橘、学名:Citrus tachibana)は、ミカン科ミカン属常緑小高木柑橘類の一種である。別名はヤマトタチバナニッポンタチバナ




注釈

  1. ^ この橘は、紀州蜜柑に近いものとする説もある。

出典

  1. ^ 鳥羽市/鳥羽市の概要 (日本語) - 鳥羽市2016年12月26日閲覧。
  2. ^ 千鹿野茂監修 高澤等著『家紋の事典』東京堂出版 2008年
  3. ^ 新人物往来社編 加藤秀幸 楡井範正執筆『索引で自由に探せる 日本家紋大図鑑』新人物往来社 1999年


「タチバナ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/09/01 15:56 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「橘」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||


検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



橘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタチバナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS