橙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 高木 > の意味・解説 

読み方:だいだい

橙(だいだい)とは、インド・ヒマラヤ地方原産ミカン科ミカン属果物ビターオレンジ、サワーオレンジとも呼ばれる

橙は香り高いが酸味苦味が非常に強くそのまま食すのには適さない。そのためポン酢マーマレード加工されたりお正月のときに飾る鏡餅しめ縄中央の飾りとして利用されたりする。

橙と同じ柑橘類一つに「オレンジ」が挙げられる。オレンジバレンシアオレンジネーブルオレンジなど複数種類分けられるが、いずれも酸味甘味バランスがとれており生食されることも多い点が橙と異なる。

橙の種類は、大きく分けて回青橙かいせいとう)」と「かぶす」の2種類がある。回青橙は「座代々(ざだいだい)」とも呼ばれ、サイズはやや小ぶりで150g前後、かぶすは200g前後のものが多い。

橙の名前の由来は「代々」にある。通常果実完熟すると木から落ちるが、橙の場合完熟したあとも数年木の上に残る。こうして何代もの果実同時に木になることから「代々」と呼ばれるようになり、「先祖代々栄える」とかけ縁起良い果物だと考えられるようになった

赤と黄色中間色である橙色は、橙の果皮の色から転じたとされる橙の花言葉は「相思相愛」。 

だい だい [3]臭橙

ミカン科常緑小高木日本への渡来は非常に古い。初夏葉腋白色小花をつけ、球形液果を結ぶ。果実は冬に黄熟するが、そのまま木に置くと翌春再び緑色を帯びるので「回青橙」の名もある。冬を経ても実が落ちないため「代代だいだい)」に通じさせ、正月飾りに用いる。また、健胃薬料理に用いる。 [季] 秋。


ダイダイ

ダイダイ
科名 ミカン科
別名: -
生薬名: トウヒ橙皮
漢字表記
原産 インド
用途 暖地栽培される常緑低木果皮乾燥したものが橙皮で、芳香性健胃に、また香料調味にも用います。冬になると果実橙黄色になり、夏を過ぎた頃から緑色になって、果実が2~3年落ちない。次の年も代々果実ついているのでダイダイの名がついた。縁起担ぎとして新年に飾られるようになった
学名: Citrus aurantium L.
   

だいだい (橙)

Citrus aurantium

Citrus aurantium

Citrus aurantium

Citrus aurantium

Citrus aurantium cv. Shimadaidai

Citrus aurantium cv. Shimadaidai

インドからヒマラヤ原産です。わが国へは、中国経て奈良時代渡来しました。和名は、越年しても前年果実落ちず、新旧代々果実同時になることによります。このことから子孫繁栄通じるとされ、お正月飾りなどに使われます。果実12月になると鮮やかな橙色となりますが、春にはふたたび緑色を帯びて目立たなくなります。果実酸味苦味強くマーマレードなど加工されたり漢方薬として利用されます。写真中4・下は、園芸品種の「しまだいだい(cv. Shimadaidai)」。
ミカン科ミカン属常緑小高木で、学名Citrus aurantium。英名は Bitter orange
ミカンのほかの用語一覧
ミカン:  柚子  椪柑    橙  清見タンゴール  獅子柚  甘夏蜜柑

読み方:ダイダイ(daidai)

ミカン科常緑小高木薬用植物

学名 Citrus aurantium


読み方:ダイダイ(daidai)

ミカン科常緑小高木で、実は晩秋熟して濃いだいだい色となる。酸みが強く生食できない正月飾りに用いるほか、マーマレード原料としたり、果汁料理使用する

季節 秋、冬、新年

分類 植物


読み方:ダイダイ(daidai)

作者 田中冬二

初出 昭和15年

ジャンル


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 09:50 UTC 版)

(だいだい)




「橙」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:01 UTC 版)

発音

名詞

  1. だいだいミカン科常緑樹オレンジ変種一つ
  2. だいだいいろ一つだいだい果実のような色。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



橙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「橙」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
100% |||||




8
100% |||||

9
90% |||||

10
柑子色 国語辞典
90% |||||

橙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



橙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの橙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS