ひとは?

平仮名「ひ」は「比」の草体片仮名「ヒ」は「比」の旁(つくり)。 〔 (1) 「ひ」の頭子音は,古く両唇摩擦音無声子音であり,さらに奈良時代以前には両唇破裂音あったかといわれる中世末期まで両唇摩擦音であったが,近世以降現代語と同じ音になった。 (2) 「ひ」は,平安時代半ば以降語中語尾では,一般に「ゐ」「い」と同じ音になった。これらは,歴史的仮名遣いでは「ひ」と書くが,現代仮名遣いではすべて「い」と書く。 (3) 奈良時代までは,上代特殊仮名遣い甲乙二類の別があり,発音区別あったとされる〕

[1] 【一

いち。ひとつ。物を数えるときに用いる。 「 -,ふ,み」

[0] 【日】

太陽おひさま。 「 -が出る」 「 -が昇る」 「 -が落ちる」
太陽の出ている間。朝から夕方まで。ひるま。 「 -が長くなる」 「 -が暮れる」
太陽の光や熱。日光。 「冬になって-が弱くなる」 「 -がさす」 〔は「陽」とも書く〕
[1] 地球太陽に対して一回自転する間。一日一昼夜。 「 -に五時間しか眠らない」 「 -に三度食事
日かず。日数(につすう)。 「 -が経つ」
定め日時日限にちげん。 「出発の-がせまる」 「約束の-までに必ず返す
毎日毎日日日(ひび)。 「悲しみの-を送る」
天気具合。日より。 「うららかな,よい-にめぐまれる」
(「…した日には」の形で)…した場合には。…した折は。多くよくない事柄についていう。 「手順間違えた-には大変なことになる」
(「…ときた日には」の形で)…の場合には。 「うちのおやじときた-には日曜日にはゴルフばかりしている」
時代。ころ。 「ありし-をしのぶ」 「若かりし-のおもかげを残す」
吉日凶日などという,日がら。 「 -が悪い」
家紋の一。日輪をかたどったもの。
日の神天照大神あまてらすおおみかみの子孫である意から,皇室に関することに付けていう語。 「 -のみこ」 〔「…の日」などの場合アクセント[1]

[1] 【火】

物質燃えるときに出す炎や熱。また,燃えたり熱せられて赤熱したもの。 「紙に-をつける」 「 -に当たる」 「食物に-を通す」 「鍋を-にかける」
炭火。 「火鉢に-をつぐ」 「 -をおこす」
火打ちの火。きりび。 「 -を打つ」
火事。 「 -の用心」 「 -を出す」
火のよう光るもの。 「-」 「鬼-」
激し感情燃えさかる情熱。 「胸の-が燃える」
月経。 → (ひ)

【氷・冰

こおり。 「我が衣手に置くも-にさえ渡り万葉集 3281
(ひよう)。 「つぶてのやうなる-降り宇津吹上・下

【〈目翳〉】

ひとみに翳(くもり)ができて,物が見えなくなる病気。そこひ。 〔和名抄

[1] 【灯】

〔「ひ(火)」と同源
ものを照らす光。ともしび。あかり。 「町の-が見える」 「 -をともす」
[句]

[1] 【杼・梭

織機部品の一。緯(よこ)糸を通す用具。かい。シャトル

[1] 【乾・干】

動詞「ふ(干)」,または「ひる(干)」の連用形から〕
かわいていること。名詞の上に付いて複合語として用いられることが多い。 「 -のよい海苔(のり)」 「 -物」 「 -ざかな」

[1] 【樋

導き送る,木や竹の長い管。とい。
物の表面につけた細長いみぞ。 「 -定規
日本刀側面につけた細長いみぞ。血流し
せきとめ水の出口設けた戸。開閉して出したりとめたりする。水門

嚔、干

読み方:ひ

ハ行上二段活用動詞「嚔」「干」の連用形である「嚔」「干」、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

樋(ひ)

刀身重量軽減し、しかも刃筋方向に加わる力を吸収して曲がり難くするという実用即した目的鎬地彫り通された溝のことをいう。その形状位置により棒樋・二筋樋連れ樋・添樋腰樋等と呼ばれるが、樋の深さや幅等に刀工の癖が現われたものもあり見どころの一つともなっている。また棒樋や二筋樋不動明王化身である素剣や護摩箸を表わしており、刀身彫刻と共に所持者の宗教観を示す装飾的意味あいをも持っている

  1. 火。月経隠語。赤の縁語。「只でさへ手をおく妾火がとまり」。

読み方:ひ

  1. 電灯をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/15 08:51 UTC 版)

は、日本語音節の一つであり、仮名の一つである。1モーラを形成する。五十音図において第6行第2段(は行い段)に位置する。清音の他、濁音(び、ビ)と半濁音(ぴ、ピ)を持つ。




「ひ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/17 02:18 UTC 版)

発音

漢字

Wiktionary:漢字索引 音訓 ひ参照

関連項目

「ひ、ヒ」で始まる日本語

名詞: 日

語義1:

  1. 太陽。またその光。陽光
    ひが昇る。ひに焼ける。
  2. 地球自転を1周するのにかかる時間。おもに平均太陽日暦日
    ひが経つ。今日は何の日ですか。
  3. 接尾辞曜日
    月曜日日曜日には学校休みです。

関連語: 日

複合語
  1. ひなた、ひかげひあたり
  2. ひにち、曜日
同義語
  1. 太陽

名詞: 火

語義2:

  1. 物が燃えるときに出る
  2. 多く照明のために用いる人工的光源明かりともし火。(そもそも1を用いたことから)

複合語: 火

翻訳: 火

〜に火がつく
英語: … catch fire
バスク語: …(e)k su hartu
フランス語: feu prendre à …
〜に火をつける
英語: set fire to … / seton fire
バスク語: …(r)i su eman
フランス語: mettre feu à …
火が消える
英語: fire go out
バスク語: su itzali
フランス語: feu s'éteindre
火を消す
英語: put out fire / extinguish fire
バスク語: su itzali
フランス語: éteindre feu

文字コード


  • 画数:6
  • 音読み:カ
  • 訓読み:ひ、 ほ-
  • ピンイン:huo3
  • 対応する英語:companion, colleague, utensils












※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





ひと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ひ」に関係したコラム

  • FXのくりっく365とは

    FX(外国為替証拠金取引)のくりっく365とは、株式会社東京金融取引所(金融取)の運営するFX(外国為替証拠金取引)の名称です。くりっく365は、2005年7月から取引が開始されました。くりっく365...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ひ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

ひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パフスリーブ

依田有司

小原和紙

ジャパンカンナ

お伽犬

マーキース

ルリハツタケ

佐々木直





ひのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS