都鄙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 田舎 > 都鄙の意味・解説 

と‐ひ【都×鄙】

都会田舎


と‐ひ【都鄙】

〔名〕

都会田舎また、それぞれに住む人やその風俗。または、国中。国。

続日本紀天平勝宝元年(749)二月丁酉「読瑜伽唯識論即了其意。既而周遊都衆生

平家13C前)四「都鄙の老少みな蓬戸瑕瑾ををしみ」〔周礼天官大宰

② 特に京都鎌倉をさしていう。

海道記(1223頃)鈴鹿より市腋「たたあはれむ遙都鄙の中路に出て前後の念に労する事を」


みやこ‐ひな【都鄙・朝野・華夷】

〔名〕 朝廷民間。すなわち、その国全部また、そこに住む人含めていう。

書紀720顕宗二年八月図書寮本訓)「天下に臨み照したまひ、華夷(ミヤコヒナ)欣(よろこ)び仰ぎしは天皇の身(みみ)也」


都鄙

読み方:トヒ(tohi)

都といなか。




都鄙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「都鄙」の関連用語

都鄙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



都鄙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS