風説とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > > 風説の意味・解説 

ふう‐せつ【風説】

読み方:ふうせつ

《「ふうぜつ」とも》世間にひろまっているうわさ。とりざた風評。「―を立てる」「―に惑わされる


(風説 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/13 03:17 UTC 版)

(うわさ)は、その内容が事実であるかどうかを問わず、世間で言い交わされている話のこと。類義語として流言飛語(蜚語)、風説デマゴシップなどがある。語源は「浮沙汰(うわさた)」である[1]。デマの流布行為は名誉毀損・信用毀損罪偽計業務妨害罪に問われる[2]


  1. ^ 川上善郎『うわさが走る』p.1
  2. ^ 不妊、実験用ネズミ全滅、遺伝子組み換え等の“偽情報”出回る… ワクチンで横行するデマ 投稿した人が問われ得る罪(関西テレビ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月11日閲覧。
  3. ^ 落書とは” (日本語). コトバンク. 2021年11月1日閲覧。
  4. ^ 噂の拡がり方” (日本語). 株式会社 化学同人 (2007年7月1日). 2021年11月1日閲覧。
  5. ^ 白川『字通』の「流言」の項目参照。周の武王が死亡した後、後継者の成王を補佐していた大臣の周公旦に対して、謀反を起こした管叔らが「周公旦が王位を奪おうとしている」という流言を行ったというもの。
  6. ^ a b c 木下富雄 日本心理学会(編)「うわさのコントロールは可能か」『心理学ワールド:50号刊行記念出版』 日本心理学会 2011 pp.221-226.
  7. ^ 加藤直樹『九月、東京の路上で―1923年関東大震災ジェノサイドの残響』
  8. ^ 山岸秀『関東大震災と朝鮮人虐殺―80年後の徹底検証』早稲田出版、2002年
  9. ^ 広井脩『流言とデマの社会学』文春新書、2001年
  10. ^ 桑原真瑞『吁人間』霊肉統一団、1924年
  11. ^ 『鮮人襲来流言の真相』帝都復興協会、1923年
  12. ^ a b “佐賀新聞創刊125周年タイムトリップ1973(昭和48)年”. 佐賀新聞. http://www1.saga-s.co.jp/koremade/timetrip/47/01.html 2018年6月18日閲覧。 
  13. ^ 震災後のデマ80件を分類整理して見えてきたパニック時の社会心理 絵文録ことのは2011年4月10日
  14. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年5月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月6日閲覧。
  15. ^ “<外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる”. 河北新報. (2017年1月16日). オリジナルの2018年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180113125837/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170116_13008.html 2017年1月16日閲覧。 
  16. ^ デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から” (日本語). 毎日新聞. 2020年2月2日閲覧。
  17. ^ 「関空入国の肺炎患者逃走」 SNSでデマ拡散:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  18. ^ AERAdot.トイレットペーパーも消えた 安倍首相が「冷静な購買」呼びかけもうデマが止まらない 2020年2月29日20:34更新 同日閲覧。
  19. ^ 「5Gでコロナ拡大」流布 英政府、因果関係否定”. 産経新聞 (2020年4月5日). 2020年4月5日閲覧。
  20. ^ “「通天閣」のニセ画像SNSで拡散 運営会社「緑信号のライトアップを成し遂げたところ、やめて欲しい」”. (2021年11月5日). オリジナルの2021年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211108033039/https://www.fnn.jp/articles/-/265595 
  21. ^ 通天閣の悪質デマ画像広がり、苦情など相次ぐ ワクチン巡り 毎日新聞 2021年11月5日
  22. ^ 通天閣に「射っちゃダメ」 デマ画像拡散に怒り 産経新聞 2021年211月5日
  23. ^ 村上義人「手拭いの旗暁の風に翻る」より、当時の社会状況描写
  24. ^ 汐文社版はだしのゲン1巻より
  25. ^ 茨城新聞 昭和37年4月1日号掲載
  26. ^ 廣井 脩 『うわさと誤報の社会心理』日本放送出版協会〈NHKブックス 562〉、1988年11月20日、2頁。ISBN 4-14-001562-4 
  27. ^ “「創価学会の会員ではありません」愛川欽也がサイトで「宣言」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2009年3月2日). https://www.j-cast.com/2009/03/02036905.html 2009年3月2日閲覧。 
  28. ^ 「新興宗教『有名人信者113人』禁断リスト」(「フラッシュ」07年6月26日号)
  29. ^ 「創価学会『ニッポン洗脳』の不気味 学会系芸能人最新版39人リスト」(「週刊文春」05年3月17日号)他2誌
  30. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【大津中2自殺】いじめ関係者と記載したブログ開設者を提訴へ 間違われた男性が大津地裁に” (日本語). 産経WEST. 2020年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月20日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【衝撃事件の核心】裁判所に「非常に軽率」と指摘されたデヴィ夫人…ブログで「大津いじめ自殺」にモノ申し、アクセス急増も掲載写真は無関係な女性” (日本語). 産経WEST. 2020年2月20日閲覧。
  32. ^ 加害生徒親族と思い込んで抗議、中傷 いじめ事件で事実無根デマが飛びかう”. J-CASTニュース (2012年7月12日). 2020年2月20日閲覧。
  33. ^ 広島被災地 悪質デマに要注意 R25 2014年8月25日
  34. ^ “熊本地震のデマ、ネットで出回る 安易な拡散には注意を”. 朝日新聞. (2016年4月15日). オリジナルの2016年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160415095017/http://www.asahi.com/articles/ASJ4H5F1VJ4HUTIL03S.html 
  35. ^ “地震直後「ライオン逃げた」=ネット投稿の男逮捕-熊本県警”. 時事通信. (2016年7月20日). オリジナルの2016年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160817085933/http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072000888&g=soc 
  36. ^ “フジテレビが「デマ写真」に釣られる 東武東上線事故に「インドネシアの映像」を使ってしまう”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2016年5月20日). https://www.j-cast.com/2016/05/20267388.html?p=all 2017年8月30日閲覧。 
  37. ^ “「紀伊民報 福島山火事で「放射性物質飛散」 コラムで陳謝」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年5月9日). https://mainichi.jp/articles/20170509/k00/00m/040/055000c 2017年5月9日閲覧。 
  38. ^ “SNSに“ミサイル画像”投稿”. 首都圏 NEWS WEB (日本放送協会). (2017年8月29日). オリジナルの2017年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170830002441/http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170829/3438361.html 2017年8月30日閲覧。 
  39. ^ “嘘だった「AED使った男性をセクハラで...」 投稿主「問題提起のつもりだった」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2017年12月22日). https://www.j-cast.com/2017/12/22317403.html?p=all 2018年2月16日閲覧。 
  40. ^ “広がった「AEDセクハラデマ」と、その裏で築かれる偏見”. 琉球新報Style (琉球新報社). (2017年12月31日). https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-639820.html 2018年2月16日閲覧。 
  41. ^ Fukuzaki, Osamu (2019年3月17日). “NZ銃乱射事件 容疑者 法廷で白人至上主義のジェスチャー” (日本語). mashup NY. 2019年4月10日閲覧。
  42. ^ 訴追された男 裁判所に出廷 NZ乱射テロ” (日本語). FNN.jpプライムオンライン. 2019年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月10日閲覧。
  43. ^ Blizzard reportedly tells OWL fans to not use OK gesture due to "association as a white power symbol"” (英語). Dot Esports (2019年4月5日). 2019年4月11日閲覧。
  44. ^ 「あおり運転車同乗の女」とウソ情報拡散 愛知 豊田の市議辞職[リンク切れ] NHKニュース 2019年11月2日
  45. ^ 「実習生に暴行」デマ情報がSNSで拡散、無関係の会社に中傷や批判メール殺到…告訴も検討 読売新聞 2022年1月20日
  46. ^ 『週刊誌の読み方』株式会社話の特集、1985年、pp.257-259
  47. ^ 沢木耕太郎『馬車は走る』
  48. ^ 木村拓哉「マスク2000枚」否定だけじゃない!不仲や娘の病気「3つのデマ」 Wezzy 2020.04.09 07:00(2020年5月22日閲覧)
  49. ^ a b 木島康雄『図解で早わかり 最新 刑法のしくみ』2017年11月、pp.138-141
  50. ^ 「ライオン逃げた」熊本地震のデマ情報を拡散した疑い 20歳男を逮捕 - huffingtonpost 2016年7月21日
  51. ^ “東名あおり事故でデマ=名誉毀損容疑で11人送検-福岡県警”. 時事ドットコム. (2018年6月19日). オリジナルの2018年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180620203738/https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061900856&g=soc 
  52. ^ 四川大地震、関連デマのネット書き込みで17人処分 - AFP BB NEWS 2008年5月16日
  53. ^ 守随憲治監修『故事ことわざ辞典』新文学書房
  54. ^ Jean-Noël Kapferer。HEC経営大学院教授。ブランドマーケティングの研究者。
  55. ^ 山本弘のSF秘密基地BLOG2010年11月13日付記事”. 2012年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。



風説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 16:55 UTC 版)

日本における死刑」の記事における「風説」の解説

前述のように、現在の制度上、無期刑処せられた者も、最短で10年経過すれば仮釈放許可することができる規定になっており、この規定と、過去において10数年仮釈放許可されケース実際に相当数存在していたこと、また、仮釈放運用状況1990年代から次第変化したものの最近になるまであまり公にされてこなかったことから無期刑処された者でも、10年10数年、または20年上服役したのちに仮釈放されることが通常であるといった風説が1990年代から2000年代において広まりを見せていった。しかし、このとき既に仮釈放判断状況許可者の在所期間などの運用変化示しており、そうした風説と現実運用状況との乖離高まったため、法務省は、2008年12月以降無期刑受刑者仮釈放運用状況などについて情報公開するようになったまた、同時に運用審理透明性観点から検察官意見照会義務化執行開始30年経過した時点において.必要的に仮釈放審理刑事施設長の申出によらない国の権限での仮釈放審理)の実施および前述の被害者意見聴取義務化という4つの方針が採られることとなったまた、刑法改正によって有期刑の上限が30年引き上げられといえども仮釈放無期刑有期刑区別にかかわらず存在しているため、現制度における懲役30年絶対的な懲役30年ではなく前述の規則28条の基準適合すれば、30年刑期満了以前に釈放することが可能であり刑法規定上はその3分の1にあたる10年経過すれば仮釈放可能性があることを留意しなければならない。仮に、重い刑の者は軽い刑の者より早く仮釈放になってならないという論法採れば、30年有期刑は、29年有期刑より重い刑であるから29年未満仮釈放になってならないということになり、その場合、仮釈放制度そのもの適用否定されてしまうからである無期懲役懲役30年受刑者において、両者とも仮釈放が相当と認められる状況至らなければ前者本人死亡するまで、後者30年刑事施設収監されることになり、片方矯正教育結果仮釈放相当と判断され、もう片方はその状況至らなければ片方は相当と判断され時点において仮釈放され、もう片方刑期が続く限り収監されることになるし、両者とも顕著な矯正教育成果早期に示せば、理論的にはともに10年仮釈放許可されることもありうるのであり、矯正教育成果経緯において場合によっては刑事施設在所期間が逆転しうることは仮釈放制度本旨に照らしてやむをえない面もある。もっとも、有期刑受刑者については、過去では長期刑の者を中心として、刑期6-8割あるいはそれ未満仮釈放許可され事例相当数存在していたが、近年において多く刑期の8割以上の服役経て仮釈放許可されており、このことからも、当該状況継続前提とすれば将来において無期刑受刑者に対して過去のような仮釈放運用行い難いという間接的影響認められるが、それ以上の影響有期刑引き上げ根拠づけることは理論的に不十分であろう。 そして、2011年2020年の間までに、仮釈放審査仮釈放許され無期刑受刑者は、審査され無期受刑者全体の約26.5%である。特に、仮釈放に対する検察官意見懲罰回数により仮釈放になるかどうか左右されている。前者は、反対の場合仮釈放になる確率が2割満たないに対して反対でない場合3分の2近く仮釈放される。また、前述のマル特無期」(指定対象死刑求刑に対して無期判決確定した場合や、特に悪質判断した事件再犯可能性がある場合など。)に指定された場合は、検察官意見反対となる。後者無しの場合は、約45.1%4が仮釈放となるが、懲罰回数が増えるにつれ低下していき、10を超え場合1割満たなくなる。

※この「風説」の解説は、「日本における死刑」の解説の一部です。
「風説」を含む「日本における死刑」の記事については、「日本における死刑」の概要を参照ください。


風説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 02:15 UTC 版)

無期刑」の記事における「風説」の解説

前述のように、現在の制度上、無期刑処せられた者も、最短で10年経過すれば仮釈放許可することができる規定になっており、この規定と、過去において10数年仮釈放許可されケース前述あるよう実際に相当数存在していたこと(1967年1989年の間で在所期間18年以内仮釈放された無期刑仮釈放者は、全体の約89%を占めていた)、また、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}仮釈放運用状況1990年代から次第変化したものの最近になるまであまり公にされてこなかったことから無期刑処された者でも、10年10数年、または20年程度服役ののちに仮釈放されることが通常であるといった風説が光市母子殺害事件加害者が、7年程度出られる勘違いする程、1990年代から2000年代において広まりを見せていった[要出典]。更に、2015年6月13日の「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」にて弁護士に大渕愛子が「無期懲役でも15年くらいで仮釈放になる」と、後述する法務省による情報公開があったにも関わらず放送当時運用実態異な発言をして、批判されている。しかし、このとき既に仮釈放判断状況許可者の在所期間などの運用変化示しており、法務省は、2008年12月以降無期刑受刑者仮釈放運用状況等について情報公開するようになったまた、同時に運用審理透明性観点から検察官意見照会義務化、刑執行開始30年経過した時点において必要的に仮釈放審理刑事施設長の申出によらない国の権限での仮釈放審理)の実施、および前述の被害者意見聴取義務化という4つの方針が採られることとなった。 しかしその一方で、近年無期刑受刑者における仮釈放について困難性強調しすぎる意見見受けられる。たとえば、「千数百人の無期刑受刑者存在するにもかかわらず近年における仮釈放年間数人であるから仮釈放率は0%台であり、ほとんどの受刑者にとって仮釈放絶望的である」「2005年刑法改正で、有期刑の上限が20年から30年となったため、無期刑受刑者仮釈放になるとしても30年以上の服役必定である」といったものがそれである。 たしかに2020年時点において、1744人の無期刑受刑者刑事施設在所しており同年における新たに仮釈放された者は8人であったため、これらの数字使えば仮釈放率が0%台は真実ではあるが、これらの数字を使うことに問題があるとの指摘もある。法務省の「無期刑受刑者仮釈放運用状況等」によれば無期刑受刑者の内、約15.4%は仮釈放可能となる10年経過していない。また、仮釈放対象になりにくい20年経過していない者を加えると全体の約65にあたるそのため、これらの者を対象に加えるのは計算手法的に問題があるとの指摘である。また、ある受刑者その年仮釈放とならなくても、その受刑者生存する限りにおいて連続的に仮釈放となる可能性は存し続けるため、単純な計算手法によって算定できる性質のものではないことを留意しなければならないまた、参考までに2011年2020年の間までに、仮釈放審査仮釈放許され無期刑受刑者は、審査され無期受刑者全体の約26.5%である。前述の「2.6.3 許可基準」より、仮釈放に対する検察官意見懲罰回数により仮釈放になるかどうか左右されている。 更に、刑法改正によって有期刑の上限が30年引き上げられといえども前述のように現制度における懲役30年絶対的な懲役30年ではなく許可基準適合すれば、30年刑期満了以前に釈放することが可能であり刑法規定上はその3分の1にあたる10年経過すれば仮釈放の「可能性がある」ことを留意しなければならない。仮に、重い刑の者は軽い刑の者より早く仮釈放になってならないという論法採れば、30年有期刑は、29年有期刑より重い刑であるから29年未満仮釈放になってならないということになり、その場合、仮釈放制度そのもの適用否定されてしまうからである無期懲役懲役30年受刑者において、両者とも仮釈放が相当と認められる状況至らなければ前者本人死亡するまで、後者30年刑事施設収監されることになり、片方矯正教育結果仮釈放相当と判断され、もう片方はその状況至らなければ片方は相当と判断され時点において仮釈放され、もう片方刑期が続く限り収監されることになるし、両者とも顕著な矯正教育成果早期に示せば、理論的にはともに10年仮釈放許可されることもありうるのであり、矯正教育成果経緯において場合によっては刑事施設在所期間が逆転しうることは仮釈放制度本旨に照らしてやむをえない面もある。もっとも、有期刑受刑者については、過去では長期刑の者を中心として、刑期6-8割あるいはそれ未満仮釈放許可され事例相当数存在していたが、近年において多く刑期の8割以上の服役経て仮釈放許可されており、このことからも、当該状況継続前提とすれば将来において無期刑受刑者に対して過去のような仮釈放運用行い難いという間接的影響認められるが、それ以上の影響有期刑引き上げ根拠づけることは理論的に不十分といえる。

※この「風説」の解説は、「無期刑」の解説の一部です。
「風説」を含む「無期刑」の記事については、「無期刑」の概要を参照ください。


風説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 16:43 UTC 版)

唐橋 (大奥女中)」の記事における「風説」の解説

1921年大正10年三田村鳶魚は『大名生活の内秘』で、大奥権勢振るった姉小路の妹・花野井と、唐橋同一人物である、という説を流布した。 しかし『高松家譜』に唐橋高松公祐の娘と記載され、『橋本家譜』に花野井橋本実誠の娘と記載されている

※この「風説」の解説は、「唐橋 (大奥女中)」の解説の一部です。
「風説」を含む「唐橋 (大奥女中)」の記事については、「唐橋 (大奥女中)」の概要を参照ください。


風説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 02:14 UTC 版)

元禄地震」の記事における「風説」の解説

元禄地震社会不安引き起こし、翌元禄17年宝永元年)には種々の虚説流言飛語)への取締命じ町触出されており、同3月には「宝永」への改元行われた寶永申年三月 申渡覚 一 旧冬地震ニ付、虚説申あるき候もの之儀ニ付、最前町中為相触候処今以不相止、頃日は揺狂哥等も作之、申触もの有之由相聞不届ニ候、向後名主家主心掛左様之もの於有之は、早速捕之、月番番所え可申出、若隠置、外より相聞候ハゝ、名主家主五人組迄可為越度候間、此旨急度可申聞置候以上 なお、伊豆諸島新島では津波で島が分断され現在の式根島ができたという風説が流布されているが、これは明治期式根島帰属巡り新島島民言い出した創作であり、新島村村史でも創作であると断定している。 詳細は「式根島を参照

※この「風説」の解説は、「元禄地震」の解説の一部です。
「風説」を含む「元禄地震」の記事については、「元禄地震」の概要を参照ください。


風説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 04:07 UTC 版)

道鏡」の記事における「風説」の解説

孝謙天皇寵愛されたことから天皇姦通していたとする説や巨根説などが唱えられた。『日本霊異記』や『古事談』など、説話集材料にされることも多い。しかし、これらは平安時代以降になって唱えられるようになったもので、信頼の置ける一次史料はない。 江戸時代には「道鏡は すわるとひざが 三つでき」「道鏡崩御崩御と 詔(みことのり)」「道鏡に 根まで入れろと 詔」という川柳詠まれた。また、大阪奈良山中生息するオサムシ一種は、体長比して非常に大きな交接器を持つことから道鏡巨根にちなんで「ドウキョウオサムシ」と呼ばれるこうした巨根説について、樋口清之は「道饗」と「道鏡」が混同され道祖神結びつけられたために成立したとしていた。 熊本市にある弓削神社には「道鏡失脚したこの地訪れて、そこで藤子姫という妖艶華麗な女性見初め夫婦となり、藤子姫の献身的なもてなし交合よろしきをもって、あの大淫蕩をもって知られる道鏡法師がよき夫として安穏な日々過ごした」という民話がある。

※この「風説」の解説は、「道鏡」の解説の一部です。
「風説」を含む「道鏡」の記事については、「道鏡」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「風説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

風説

出典:『Wiktionary』 (2021/07/16 13:15 UTC 版)

名詞

ふうせつ

  1. 世間流れる情報

関連語

類義語

翻訳


「風説」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



風説と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風説」の関連用語

風説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの噂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本における死刑 (改訂履歴)、無期刑 (改訂履歴)、唐橋 (大奥女中) (改訂履歴)、元禄地震 (改訂履歴)、道鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの風説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS