取り付け騒ぎとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 取り付け騒ぎの意味・解説 

取り付け騒ぎ

読み方:とりつけさわぎ
別表記:とりつけ騒ぎ

特定の金融機関対す不信・不安が煽られた結果預金者が払い戻し求めて金融機関殺到し、大混乱を招くこと。不安の種は根拠希薄な風評であることが多いとされる

取り付け騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 02:53 UTC 版)

取り付け騒ぎ(とりつけさわぎ、英語:bank run)とは、特定の金融機関や金融制度に対する信用不安などから、預金者が預金貯金・掛け金等を取り戻そうとして(=取り付け)、急激に金融機関の店頭に殺到し、混乱をきたす現象のこと。


  1. ^ Kelvin Wong (2008年9月25日). “香港の東亜銀行で取り付け騒ぎ-銀行側はうわさに反論、当局も擁護” (日本語). Broomberg. 2016年4月20日閲覧。
  2. ^ 2007年9月15日現在の為替レート


「取り付け騒ぎ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取り付け騒ぎ」の関連用語

取り付け騒ぎのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取り付け騒ぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの取り付け騒ぎ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS