和牛オーナー制度とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 和牛オーナー制度の意味・解説 

和牛オーナー制度

読み方:わぎゅうオーナーせいど
別名:牛のオーナー制度和牛オーナー制和牛預託商法和牛商法

預託法」(特定商品等の預託等取引契約に関する法律に基づき個人子牛オーナーとなって育成支援し、子牛が成牛となって売れ場合に、その配当金オーナー支払うという制度いわゆる和牛預託商法である。

預託法は「現物まがい商法」と呼ばれる悪徳商法利用されることがしばしばある。和牛オーナー制度も、現物まがい商法一種見なされる場合多くある。

1990年代半ばから後半にかけて、和牛オーナー制度は高利回り投資手法として注目集めたが、「配当契約どおりに支払われない」、「預託金返還されない」などのトラブル続出し、急速に勢いを失った。和牛オーナー制度によるオーナー募集していた事業者は、1990年代には17あったとされるが、2000年代には2社のみとなった。

2000年代残った2社のうち、「ふるさと共済牧場」(後に「ふるさと牧場」と改称)は2007年経営破綻している。残ったもう1社「安愚楽牧場」(安愚楽共済牧場)も、2011年8月9日東京地裁民事再生法適用申立てを行った。負債総額2011年7月末の時点で約4330億円に上るとされる

関連サイト
雑誌に和牛オーナー募集の広告が出ていた。信用できるか。 - 東京都生活文化局 東京くらしWEB

和牛預託商法

(和牛オーナー制度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 00:33 UTC 版)

和牛預託商法(わぎゅうよたくしょうほう)は、和牛の飼育・繁殖事業に出資を募った上で、出資金配当に回す自転車操業を行ったり、約束した配当を行わないという詐欺商法の一つで、現物まがい商法の一種である。




「和牛預託商法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和牛オーナー制度」の関連用語

和牛オーナー制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



和牛オーナー制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和牛預託商法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS