払い戻しとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 払い > 払い戻しの意味・解説 

はらい‐もどし〔はらひ‐〕【払(い)戻し】

読み方:はらいもどし

払い戻すこと。「当たり馬券の—を受ける」


払い戻し

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

払い戻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/18 13:44 UTC 版)

パルチケット6」の記事における「払い戻し」の解説

有効期間内で、残枚数がある場合は、貝塚線を除く全ての有人駅で払い戻すことができる(払戻し手数料220円が必要)。 払戻し額は、発売額から「使用した枚数分の割引運賃」及び「払戻し手数料」を引いた金額となる。

※この「払い戻し」の解説は、「パルチケット6」の解説の一部です。
「払い戻し」を含む「パルチケット6」の記事については、「パルチケット6」の概要を参照ください。


払い戻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 14:16 UTC 版)

岡山県共通バスカード」の記事における「払い戻し」の解説

バスカード残額は、発行元バス会社でのみ可能である井笠鉄道発行バスカードの払い戻しは不可のため、処分対応。 2013年9月30日まで両備・岡電・下電JRバス発行バスカード払戻可能。2018年7月31日まで、宇野バス発行バスカード払戻可能。

※この「払い戻し」の解説は、「岡山県共通バスカード」の解説の一部です。
「払い戻し」を含む「岡山県共通バスカード」の記事については、「岡山県共通バスカード」の概要を参照ください。


払い戻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:52 UTC 版)

北海道全線フリーきっぷ」の記事における「払い戻し」の解説

ゆき・かえり券共に未使用の場合、発売額から660の手数料を差し引いた額を返還

※この「払い戻し」の解説は、「北海道全線フリーきっぷ」の解説の一部です。
「払い戻し」を含む「北海道全線フリーきっぷ」の記事については、「北海道全線フリーきっぷ」の概要を参照ください。


払い戻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/21 13:48 UTC 版)

ETカード」の記事における「払い戻し」の解説

2010年4月16日以降は電車で利用終了に伴い残高発売額/初期利用可能額を掛けたものが返金される4月15日以前はカード残額からプレミア分および手数料200円を引いた額が返金された。 ※スイングメイトの5000円8000カードに付属するおまけカードについて返金はなされない。 なお、これらの取り扱い2020年1月31日を以て終了

※この「払い戻し」の解説は、「ETカード」の解説の一部です。
「払い戻し」を含む「ETカード」の記事については、「ETカード」の概要を参照ください。


払い戻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 04:13 UTC 版)

スカイメイト」の記事における「払い戻し」の解説

ANAJALADOでは、航空券有効期間および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内限り、払い戻しをすることができる払戻手数料航空券1枚につき400円+消費税取消手数料かからないAMXでは搭乗予定便のみ有効で欠航便となった場合を除き、払い戻しができない

※この「払い戻し」の解説は、「スカイメイト」の解説の一部です。
「払い戻し」を含む「スカイメイト」の記事については、「スカイメイト」の概要を参照ください。


払い戻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 08:22 UTC 版)

パノラマカード」の記事における「払い戻し」の解説

乗車券類との引換え終了に伴い2007年平成19年10月1日から2010年平成22年3月31日まで無手数料での払い戻しを、磁気カード対応の発券端末設置した有人駅行っていた。2010年4月1日以降は名鉄名古屋駅のみ取り扱っていたが2010年12月1日より他の有人駅弥富駅赤池駅蒲郡駅矢作橋駅を除く)でも払い戻しを再開した。払い戻しは2011年平成23年2月28日終了となり、それ以降は完全に無効となる。 「パノラマカード」は残額全額払い戻されるが、「パノラマプラスカード」は残額からプレミアム相当分が差し引かれる

※この「払い戻し」の解説は、「パノラマカード」の解説の一部です。
「払い戻し」を含む「パノラマカード」の記事については、「パノラマカード」の概要を参照ください。


払い戻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 08:17 UTC 版)

ユリカ」の記事における「払い戻し」の解説

2011年2月10日までユリカ500ユリカ1000以外、払戻し手数料200円を差し引いて払い戻しができる。残額から発売時に付加したプレミアム分(例:ユリカ5600なら600円)を差し引き、さらに手数料差し引いた残額返金される。 なお、manaca導入に伴って2011年2月11日より手数料無しでの払い戻しが開始された。(ユリカ500ユリカ1000含む。但し、プレミアム部分考慮され残額全額返金されるわけではない。)残額×発売金額/購入時利用可能額(10円未満切り上げ。)で返金される直接manacaへの移行不可2012年2月末日までユリカそのまま使うことも出来る。

※この「払い戻し」の解説は、「ユリカ」の解説の一部です。
「払い戻し」を含む「ユリカ」の記事については、「ユリカ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「払い戻し」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「払い戻し」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



払い戻しと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「払い戻し」に関係したコラム

  • マーチンゲール法を用いたバイナリーオプションの売買手法

    マーチンゲール法は、勝率が50%、払い戻しが2倍の勝負に用いられる手法の1つです。1回目のかけ金を1にして、負けた場合には2回目のかけ金を1回目のかけ金の倍の2にします。さらに負けた場合には3回目のか...

  • バイナリーオプションのタッチとは

    バイナリーオプションのタッチとは、通貨ペアの価格が指定した時間内に指定した価格に到達するかどうかを予想するオプション商品の総称です。タッチは、ワンタッチとも呼ばれています。タッチの特徴は、時間内に一度...

  • モンテカルロ法を用いたバイナリーオプションの売買手法

    モンテカルロ法は、勝率が33%、払い戻しが3倍の勝負に用いられる手法の1つです。1回目は「1、2、3」の数列を作り、両端の1と3の和の4をかけ金とします。ここで勝ったら次回も同じように「1、2、3」の...

  • GMOクリック証券の提供するバイナリーオプションのハイローの解説

    GMOクリック証券株式会社の提供するバイナリーオプションは、外為オプション(外為OP)というサービス名で、ハイロー(HIGH&LOW)を提供しています。2012年5月現在、取り扱っている通貨ペアは、U...

  • バイナリーオプションのハイローとは

    バイナリーオプションのハイローとは、ある時点での通貨ペアの価格がその後に上がるか下がるかを予想するオプション商品の総称です。ハイローは、ハイアンドロー、HIGH&LOW、HIGHLOWとも呼ばれていま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

払い戻しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



払い戻しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパルチケット6 (改訂履歴)、岡山県共通バスカード (改訂履歴)、北海道全線フリーきっぷ (改訂履歴)、ETカード (改訂履歴)、スカイメイト (改訂履歴)、パノラマカード (改訂履歴)、ユリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS