書類送検とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 書類送検の意味・解説 

書類送検

読み方:しょるいそうけん

書類送検(しょるいそうけん)とは、刑事事件において被疑者身柄を拘束せず(拘束しない態で警察から検察庁捜査書類を送付する手続きのことである。報道などよく用いられる表現ではあるが、法的に刑事訴訟法などで)定義されているような用語ではない。

書類送検は、主に、被疑者の逮捕が行われない場合や、一度逮捕した被疑者釈放した場合、すでに事件時効成立している被疑者の場合などに実施される

「書類送検」という言葉報道など用いられる場合は、「警察から検察庁捜査書類を送るという意味だけでなく、さらに「警察から検察庁捜査主体変わったという意味含まれている。実際、書類送検が実施され後は刑事などの警察官代わって検察官被疑者取り調べを行うことになる。

英語では「書類送検」は「send(ing) papers  to prosecutors」あるいは「send(ing) the case to prosecutors office」といった表現用いられることが多い。

書類送検は、警察での被疑者取り調べひと通り済んだ後に行われる検察官送致刑事手続のひとつである。刑事事件は、まず警察被疑者取り調べ行い、のちに検察庁捜査引き継ぐ、という流れで進められる。書類送検の際には、被疑者罪状とともに警察側見解検察庁送られる。書類送検の後、送られ捜査書類証拠などをもとに検察庁改め捜査実施し起訴不起訴いずれの処分下す決定する

書類送検の際に検察側送られる警察側見解は、「処分意見」と呼ばれる処分意見は、「厳重処分」、「相当処分」、「寛大処分」、「しかるべき処分」の4種類区分される
・「厳重処分」は、起訴による厳重な処分強く勧める意見
・「相当処分」は、起訴するか否か判断検察側委ねる意見
・「寛大処分」は、起訴猶予などの寛大な処分求め意見
・「しかるべき処分」は、嫌疑定かでない等の理由で不起訴求め意見として知られる
書類送検の後に起訴処分となった場合には、裁判所公訴され、被疑者刑事裁判を受ける流れになる。一方検察官により不起訴処分決定され場合は、公訴実施され裁判なしでそのまま刑事手続き終わるのが一般的といえる

不起訴処分になった被疑者は、後から身柄を拘束されるようなことはなく、取り調べを受ける前とほぼ同様に生活できることが多い。つまり、不起訴処分決定した被疑者は、身柄の拘束が解かれて社会生活戻ることができる。このような処遇は、逮捕拘留されていた被疑者の場合も基本的に変わらない

不起訴処分になる理由としては、「起訴猶予」や「嫌疑なし」、「嫌疑不十分」などが挙げられる。「起訴猶予」は、罪状被疑者状況などを考慮して検察官が「起訴必要がない」と判断したときに下される決定のことである。「嫌疑なし」は、証拠まったくないなど、被疑者明らかに犯人でないと判断できる場合該当するまた、有罪判断できる証拠十分にない場合は、「嫌疑不十分」を理由不起訴処分決定されることがある

新聞などで報じられる書類送検と逮捕違いは、被疑者身柄拘束されるか否か、という点にある。書類送検の場合、警察取り調べを受けるときにも被疑者身柄拘束されない被疑者拘留されることなく自宅などで過ごし必要に応じて警察署などに出向いて聴取を受けるのが書類送検のケース一般的な進め方といえるこのようなケースは「在宅事件」として扱われる逮捕の場合は逮捕と同時に被疑者身柄の拘束が行われる。逮捕され後は警察による取り調べが行われ、48時間以内被疑者身柄と書類、証拠などが検察庁送致される。

書類送検になるか逮捕になるかは、被疑者が「逮捕要件」を満たすか否かによって変わってくることが多い。また、逮捕必要かどうか判断には、被疑者年齢状況考慮される。「逮捕要件」は、たとえば「被疑者逃亡恐れがある」とか「被疑者証拠隠滅をする可能性がある」といった事項該当するこういった要件該当するケースでは、警察検察官請求に基づいて裁判所から逮捕状発行され警察被疑者の逮捕を行う。逮捕実施され後には、警察による取り調べが行われる。なお、「現行犯逮捕」や「緊急逮捕の場合は特例的に逮捕状発行待たず被疑者の逮捕遂行される

逮捕の場合は検察官身柄送られてからも勾留請求により引き続き一定期間拘留が行われる。また、逮捕され被疑者起訴となった後も拘留されるそのため、逮捕され被疑者長時間にわたり自由な行動制限されることになる。書類送検と同様逮捕おいても検察官による取り調べ経て最終的に起訴不起訴決定されるという流れ基本的に同じである起訴され後の裁判判決が(書類送検か逮捕かによって)大きく変わるということもない。

検察庁での捜査結果不起訴となった場合は、書類送検された者も逮捕された者にも、いわゆる前科はつかない。ただし、逮捕され場合は「逮捕歴」が残る。書類送検をされた被疑者にも、取り調べ受けた履歴送検履歴は残る。逮捕歴取り調べ履歴前歴として扱われるが、前科には該当しないしたがって、履歴書などを作成する際に履歴記載する必要はない

「書類送検」という言葉は、マスメディア芸能人不祥事取り沙汰するような場合において、しばしば用いられる。「昨日、書類送検が行われました」とか「明日、書類送検される予定です」といった言い回し事件報じられる場合は、身柄を拘束されないまま検察官送致が行われた「在宅事件であろう推測できる証拠ひと通り揃っているにもかかわらず被疑者の逮捕が行われていない場合さまざまな理由考えられるが、このようなケースは「被疑者逃亡証拠隠滅恐れがない」と警察側判断した可能性が高いまた、事実認めて反省の様子を呈しているなど、本人誠意のある対応をしていることも考えられる

逮捕をするかどうか警察判断するときには被疑者社会的な立場考慮されることが多い。顔や名前が世間広く知られており多大な人気を獲得している有名人の場合は業界へのいわゆる忖度があって警察が書類送検という方法をとったと邪推する余地生じてくる。芸能人不祥事は、報道の内容いかんによってさまざまな憶測風評を生みやすい巷間誹謗中傷巻き起こるような事態を防ぐために、警察逮捕という強い処分避けたということ考えられる報道による社会的な影響大きいと判断される場合は、書類送検という方法をとって警察内密に刑事手続き進めている可能性もある。

書類送検は、被疑者高齢であったり病気であったりする場合行われる場合もある。実際介護必要とする被疑者入院での治療必要な被疑者は、著名人でなくとも在宅事件として書類送検で手続きが行われるケース少なからずある。

なお「誰々が書類送検された」と報道され場合逮捕でないからといって当の被疑者が「無実である」とか「罪が軽い」とは一概に判断できない一般人の場合と同様に、芸能人が書類送検されたケースも、逮捕が行われたか否かは罪の重さにあまり関係がない。「逮捕された」「逮捕されていない」という要素検察官起訴不起訴判断左右することはない

書類送検された被疑者最終的にどのような結果下されるのか、罪科があるか否か、これは早急に安易に判断できないあくまでもその後の経緯見届けることが最終的な判断には必要となる。

しょるい‐そうけん【書類送検】

読み方:しょるいそうけん

[名](スル)犯罪容疑者身柄を拘束することなく事件に関する調書だけを検察庁送ること。「容疑者を―する」


書類送検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/30 07:13 UTC 版)

書類送検(しょるいそうけん)とは、刑事手続において、司法警察員被疑者逮捕せず、または、逮捕後釈放した後に、被疑者の身柄を拘束することなく事件を検察官送致(送検)することを指す、主に報道で用いられる用語である。「書類送付」「捜査書類送付」などと表現されることもある。


  1. ^ 伊藤詩織さんの「書類送検」は単なる手続き。山口敬之さんの投稿を弁護士が解説”. Buzzfeed Japan (2020年10月31日). 2021年6月13日閲覧。
  2. ^ 相当処分としかるべき処分, コトバンク, 2014年11月20日閲覧.


「書類送検」の続きの解説一覧

書類送検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 21:42 UTC 版)

近藤太香巳」の記事における「書類送検」の解説

警視庁原宿署が、2017年10月近藤を元愛人への傷害容疑で書類送検

※この「書類送検」の解説は、「近藤太香巳」の解説の一部です。
「書類送検」を含む「近藤太香巳」の記事については、「近藤太香巳」の概要を参照ください。


書類送検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:59 UTC 版)

京都小学生殺害事件」の記事における「書類送検」の解説

4月22日捜査本部被疑者死亡のまま、Oを殺人罪銃刀法違反など四つ容疑で、京都地検へ書類送検した。4月28日京都地検はOの犯行認定した上で不起訴とし、これで捜査全て終結した容疑は、Oによる「日野小で一九九九十二月二十一日にあった大きな事件は僕がやりました」との文言や、遺留品皮手袋1999年平成11年8月南区オートバイ店で購入した、との記述があったメモ類から立証されたが、動機について供述得られないことから結論付けはせず、高校卒業に関する不満を記したメモを添付するに留めている。また、Oについて「同小A君具体的なかかわり認められない」とした。

※この「書類送検」の解説は、「京都小学生殺害事件」の解説の一部です。
「書類送検」を含む「京都小学生殺害事件」の記事については、「京都小学生殺害事件」の概要を参照ください。


書類送検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 04:25 UTC 版)

ハイスコアガール」の記事における「書類送検」の解説

2014年11月17日大阪府警スクウェア・エニックス編集出版部門役員担当者15人と作者押切を書類送検した。15人は許諾取っているか知らなかった述べ押切は「同社許諾取ってくれている思った」と全員容疑否認した。これに対し大阪府警同社押切ら6人について、起訴求める厳重処分意見付けた

※この「書類送検」の解説は、「ハイスコアガール」の解説の一部です。
「書類送検」を含む「ハイスコアガール」の記事については、「ハイスコアガール」の概要を参照ください。


書類送検

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 15:56 UTC 版)

町山智浩」の記事における「書類送検」の解説

2021年9月8日愛知県大村秀章知事リコール解職請求)を求めた署名運動巡り、「署名者個人情報県広報で公開される」などとTwitter載せて運動妨害したとして、愛知県警地方自治法違反署名運動妨害)の疑いで、ジャーナリスト津田大介精神科医香山リカと共に起訴求めない意見付けた上で書類送付(書類送検)されていたことが判明した香山運動始まった直後2020年8月26日、「すでに署名受任者引き受けた方の住所氏名は、早速、県の公報公開されてるようです署名した人の名前や住所も、提出されたら縦覧できるみたい」とTwitter投稿。町山も同様の投稿をし、津田はその町山の投稿リツイートしていた。香山投稿当日に「住所氏名公報出ているのは(請求代表者の方なのですね」と内容訂正し、町山も投稿削除していた。

※この「書類送検」の解説は、「町山智浩」の解説の一部です。
「書類送検」を含む「町山智浩」の記事については、「町山智浩」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「書類送検」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「書類送検」の関連用語

書類送検のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



書類送検のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの書類送検 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの近藤太香巳 (改訂履歴)、京都小学生殺害事件 (改訂履歴)、ハイスコアガール (改訂履歴)、町山智浩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS