しかるべきとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > しかるべきの意味・解説 

然るべき

読み方:しかるべき

そうあるべきそうするのが相応である。「然る可き」「しかるべき」とも書く。

しかる‐べき【然る可き】

連語連語しかるべし」の連体形

連体詞的に用いて適当な。ふさわしい。「然る可き人に相談しなさい」

(「…てしかるべき」の形で)当然である。当たり前だ。「君は謝罪して然る可きだ」


しかるべき

出典:『Wiktionary』 (2018/12/27 22:36 UTC 版)

語源

しかるべし」の連体形 < 「しかり」(然り)の連体形 + 推量助動詞「べし」

成句

しかるべきるべき】

  1. (「して」「するに」などを受けて)そうするのが当然である。適切である。
  2. した。ふさわしい必要な。
  3. それなりのまっとうな。きちんとした


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しかるべき」の関連用語

しかるべきのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



しかるべきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのしかるべき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS